<   2007年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧
[マイナーチェンジ]日産・フェアレディZ
a0009562_21445951.jpg
a0009562_2145624.jpg
a0009562_21451145.jpg
日産は「フェアレディZ」をマイナーチェンジした。先日発売されたばかりのスカイラインに新搭載された新開発VQ35HRエンジン(313PS/6800rpm 36.5kg-m/4800rpm)を搭載し、加速性能を向上させるとともに、走る楽しさを実感できるパフォーマンス性能を実現。エクステリアでは、初代フェアレディZ(S30型)を彷彿とさせるエンジンフードデザイン(早い話、VQ35HRエンジンを積むためにはエンジンフードを直す必要があったというわけだ。)と、同車のボディカラーであったグランプリオレンジを蘇らせたプレミアムパッショネイトオレンジを採用し、「フェアレディZ」のヘリテイジを継承。また、ロードスターの幌にグレーを新設定。インテリアにもグレーの内装色を追加した。さらに、頭部をサポートするためのヘッドレスト大型化やロードノイズ低減のためのタイヤ銘柄変更(ポテンザRE040→RE050A)を行うなど各部にリファインが施されている。価格はほぼ据置のクーペ ベースグレードの6MT 337万円~ロードスター Version ST 5M-ATxの456.7万円までとなっている。現行フェアレディZは毎年着実に改良を受けながら進化している。Z32が野ざらしだったのとは対照的。それだけ日産のマインドにも変化があったのだと好意的に受け止めたい。また、新型スカイラインから採用した新型エンジンをいち早くZにも投入し、バージョンアップを果たしたことは拍手を送りたい。(先代は最後までVGでしたからね。)個人的にはついでに2.5Lも設定してくれれば...と思わなくもないが、それは無理な願いか。数少ない和製スポーツカーとして今後も進化と熟成に期待をしたい。

また、今回同時にニスモと、オーテックジャパンは、今回一部改良を行ったフェアレディZをベースにした共同開発商品、「フェアレディZ Version NISMO」を新たに設定した「フェアレディZ Version NISMO」は、日産自動車のワークスチームとしてSUPER GT等に参戦するニスモのノウハウと、多くのコンプリートカスタムカー製造実績をもつオーテックジャパンのノウハウの融合により生まれたモデル。フェアレディZのポテンシャルをベースに、さらなるスポーツドライビングの楽しさを提案する商品として全国の日産販売会社で通常のフェアレディZと同様に購入できる。走りの面では、ボディの溶接面積増、補強バーや補強パネルの追加等によるボディ剛性の見直しを実施し、ハイグリップタイヤ「ブリヂストン製ポテンザRE-01R」の装着。あわせてサスペンションの全面リセッティングを行い、コーナリングパフォーマンスを高めた。さらに、車体への入力を効果的に減衰させるパフォーマンスダンパーの採用により、ハンドリングと快適性を高次元で両立させたとか。エクステリアは、SUPER GT参戦車両から得られた空力データをベースに、開発されたモノ。インテリアにおいても、専用のメタリック調の本革素材を採用した。またシートのセンター素材にはパンチング加工のアルカンターラを採用している。気になる価格は6MTが439.9万円/5M-ATx 449.4万円である。この手のチューニングカーとしてはお手頃な価格に収まっているという意味では評価したいが、少しデザインが玩具過ぎないか。この車を買う人って実は結構なシニア層になるのだと思うが、もう少しアダルトな仕上げがされても良かったのかと。少なくとも私には気恥ずかしい。やはり日産に期待するのは早く6速ATを導入して欲しいネ。今年はスカイラインクーペもフルモデルチェンジをするようだし、色々楽しみですね。
a0009562_21452060.jpg
a0009562_21453069.jpg

[PR]
by newbeetle-cab | 2007-01-11 21:45 | 日本車(ニッサン)
[祝!!納車1ヶ月]あまり乗れてませんが...
a0009562_21215514.jpg
ニュービートルカブリオレが我が家に再びやって来て早くも1ヶ月。繁忙期な上に出張と風邪で寝込んでいたことが重なって思うように乗れていないのだが、今のところ何のトラブルもなく順調なスタートを切った。納車以来の走行距離は1200kmと低迷している。本当はもう少し走りたいのだが...。まぁニュービートルの性格と同じく焦らずのんびりです。写真は昨日、札幌のドンキホーテで発見したニュービートルカブリオレのミニカー。3色揃ってました。価格は198円/台。いわゆるトミカサイズです。さすがにハーベストムーンベージュは無かったが、低価格の割にはよく出来ていると思う。どこか温泉にでも出掛けたいですね。スタッドレスタイヤがないので雪のない場所に限定ですが。
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-01-11 21:27 | NewBeetle
[新年早々]氷点下の札幌へ
a0009562_2021768.jpg
a0009562_2016425.jpg
a0009562_23441490.jpg
この年末年始は不覚にも風邪で寝込んでしまい、どこに出かけるわけでもなく文字通りの寝正月。なんか正月気分も味わう暇も無く仕事スタート。そして既に私は札幌へ赴いている。さすがにこの時期は関東とは景色も一変。いくら暖冬とはいえ、氷点下4~6度の世界ですからねぇ。油断すると風邪もぶり返しそうなんで気をつけて...。写真は飛行機の中で撮影したもの。最近ようやく、R5にも慣れてきたかな。新しいイメージングエンジンを採用したということで、発色やノイズの出方が代わり映えのしない見た目とは裏腹に大きく変わった。当初はチト戸惑い気味だったが....。少し画像がモヤッとしてますが原因は窓の汚れです。念のため。本当はデトロイトモーターショウの記事も書きたいところだか、戻ってからにしよう。アクセス解析を見てみると、非常にトヨタ・ブレイド関連で検索エンジンから誘導されている人がものすごく多いみたい。せっかく来ていただいたのに酷評ですいませんねぇ。でもコメント数も多いし、みんな注目してるって事なのかな。本当はトヨタからゴルフに匹敵するクルマが出てくることを私も期待してるんですよ。日本人だしネ。(本音では日産から出してほしいところだが)
*2枚目/3枚目を追加。2枚目は帰りの飛行機から撮ったモノです。帰りの飛行機の方が窓が綺麗だったのでクッキリ写ってますね。いかにもリコー機らしい青空の発色です。3枚目は行きの飛行機で撮った富士山。かなり遠景なのでモヤってますが...何故か富士山が見えると嬉しくなりますね。空気が綺麗になるともっとよく見えるのでしょうね。
Photo:RICOH CaplioR5
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-01-10 23:17 | 旅行/たべもの
[日産ギャラリー]Potential for Your Driving MOTORSPORTS
a0009562_2154539.jpg
a0009562_10485796.jpg
a0009562_21164854.jpg
移動時の読み物にカタログを頂こうと札幌の日産ギャラリーへ立ち寄ったところ、Potential for Your Driving NISSAN MOTORSPORTSというテーマで歴代の日産レーシングカーを展示していた。時間が無かったので数枚撮って立ち去ったが、興味のある方はぜひ。ちなみに、二枚目の懐かしいS12シルビアですが、当初何の疑いも無くセリカだと思ってました。日産ギャラリーにセリカなんてあるわけ無いのに。でも似てるなぁ....。不覚。
Photo:RICOH CaplioR5
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-01-09 23:47 | 日本車(ニッサン)
[マイナーチェンジ]ダイハツ・ブーン(トヨタ・パッソ)
a0009562_17311569.jpg
a0009562_17312315.jpg
a0009562_17312967.jpg
ダイハツは小型乗用車「ブーン」をマイナーチェンジした。(12/25発表)「ブーン」は2004年6月に「マイ・パートナー・コンパクト」をコンセプトに発売。トヨタのパッソとは兄弟車種(兄弟というか同じクルマ)生産は全てダイハツで行っている。今回の「ブーン」マイナーチェンジの主な特長として、まず内外装のリファイン。新意匠フロントバンパー&リヤコンビランプの採用(CL、CL Limited、CX)、最近流行のドアミラーターンランプを採用(CL Limited、CX、カスタム)、新ボディ色のマルーンブラウンマイカを含む全10色を設定。CL Limited、CXにフロントベンチシートを、カスタム、X4には、スポーティさを演出する大型のスポーティシートを採用。新シート表皮を採用すると共に、ドアトリム色も変更した。その他、新意匠のインパネセンタークラスターの採用やメッキインナードアハンドルやメッキセンターレジスターノブ、メッキボタン(シフトノブ)を採用した。オーディオにフラッシュメモリを内蔵し、CDからの録音が可能(最大約660分)なミュージックサーバー(CD・AM/FMステレオ+メモリー機能付)を採用(CL Limited、CX)、フロントセンターアームレスト(ボックス付)や、助手席シートアンダートレイ、ティッシュポケット付のシートバックポケットの採用により収納力を強化。その他、ドアミラースイッチ照明、パワーウインドゥスイッチ照明(全ドア)を採用した。パワートレイン関係では、新シリンダーヘッドの採用などにより、1300ccエンジン〔K3-VE型〕の出力を向上の他、ダッシュサイレンサーの変更により、静粛性を改善したという。月販目標販売台数は1,000台。価格は1.0CL(FF/4AT)102.9万円~1.3カスタム(FF/4AT)140.7万円である。トヨタ・パッソも概ね同内容なのでココでの説明は割愛する。パッソの月販目標台数はなんと6,000台。販売力の違いとはいえ凄い数字である。しかし、個人的にはこのクルマ安いだけが取り柄で中身は(価格以上に)お手軽でヒドイクルマだ。スズキ・スイフトが売れ筋グレード1.3XGでも108.6万円(5MT)/117.6万円(4AT)で買える(ブーンの1.3CXは4ATが124.9万円もする)のだからわざわざショボいクルマを買うこともあるまい。私にはブーン/パッソあわせて7000名の犠牲者が出ているようにも見える。まぁ気に入って買っている人は構わないんですけどね。トヨタが売っているからと言って盲目的に買うのは危険。どうしてもトヨタが欲しいならヴィッツの1300(2SZ-FE型)ならSuper CVT-iで、F(2WD)が121.8万円。パッソ/ブーンのK3-VE型は10・15モード18.0km/Lだが、ヴィッツの2SZ-FE型なら21.5km/L。これはパッソ/ブーンの売れ筋となる1.0Lでも同じ。パッソ/ブーン・ヴィッツ共に同じダイハツ製の1KR-FE型水冷直列3気筒エンジンを搭載するがヴィッツにはSuper CVT-iが奢られる。スタイリングが好みだというのでなければパッソ/ブーンを買う理由が私には理解できない。これで80万円位なら存在価値もありそうなモノだが。
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-01-08 17:31 | 日本車(トヨタ)
[王者決定戦]ビジネスバン対決
a0009562_21132476.jpg

a0009562_23172244.jpg
a0009562_21531311.jpg
軽自動車も好きだが、商用車も好きな私。こういうクルマ系サイトでは滅多に取り上げられることもない商用車にもスポットを当てるのも役目(笑)と言うことで、先日フルモデルチェンジをした日産ADバンを含め、新世代ビジネスバンが出揃った。(正確には三菱のランサーカーゴも入れるべきだろうが、まぁ割愛。)チトおさらいをすれば一番古いのはプロボックス/サクシードで2002年の7月に発売開始。それまでのカローラバン/コロナバンの後継者。プラットホームはヴィッツ系で贅沢にもバン専用ボディ。普通ならば乗用グレードがあって引き算(装備を剥がす)でビジネスバンを作るのが当たり前だったが、トヨタの体力とセールスボリュームは専用車種の開発を可能にした。逆にプロボックス/サクシード共に5ナンバーの乗用ワゴンを派生している。次にホンダのパートナー。2006年3月に登場。見て判るとおり、エアウェイブのビジネスバン仕様。ちなみにエアウエィブは2005年の4月に登場している。ホンダ得意の低床プラットホームとセンタータンクレイアウトで荷室容量1,147Lを確保。最後は日産のADバン。2006年12月20日に登場したばかりだ。こちらも見ての通り、ウイングロードのバン仕様車。ベースのウイングロードは2005年11月発売だ。最後発の利を生かし、クラストップレベルの荷室床面長1,952mmとホイールハウス間寸法1,150mmを実現した。従来あったアベニール系のエキスパートは無くなり、AD/ADエキスパートへ統合された。ちなみに、4WD車については、2008年夏からの販売予定。また4WD車、MT車及びCNG車は先代モデルを継続して販売中。まずはサイズ関係から見ていこう。
◎プロボックスは荷室床面長1,810mmとホイールハウス間寸法1,145mm。荷室高は935mm。ボディサイズは 全長4,195mm×全幅1,690mm×全高1,525mm
◎パートナーは荷室床面長1,830mmとホイールハウス間寸法1,020mm。荷室高は930mmちなみにリアシートをチップアップすれば高さ1,250mmの空間が出来る。ボディサイズは 全長4,350mm×全幅1,695mm×全高1,515mmである。
◎ADバンは荷室床面長1,952mmとホイールハウス間寸法1,150mm。荷室高は940mm。ボディサイズは 全長4,395mm×全幅1,695mm×全高1,500mmである。
さすが、切磋琢磨された日本の3大メーカーが作るビジネスバンと言うべきか、どのクルマも基本的に大差のない荷室を確保している。強いて言えば、最後発の日産ADバンが僅かながら数値的には大きくなるが、致命的な差とは言い難い。むしろ、トヨタプロボックスの4,195mmという短い全長から他社と大差ない荷室を確保していることが凄いと言うべきか。やはり専用設計の強みだろう。一方、パワーユニットに目を向けるとまた面白い。プロボックスはガソリンの1.3L/1.5Lとディーゼルターボの1.4L。そして1.5LのCNGもラインナップする。やはり、1.4Lのコモンレールディーゼルターボが目を引く。残念ながらの「自動車NOx・PM法」に基づく車種規制の対象であり、東京・神奈川・千葉・埼玉・愛知・三重・大阪・兵庫の8都県の主要都市276市区町村では登録が出来ない。しかし、新世代ディーゼル特有のパワーは魅力。72ps/4,000rpm 17.3kg-m/2,000~2,800rpmを僅か1.4Lで発揮するのだ。しかも、10・15モードは23.0km/Lを誇る。パートナーはシンプルにも1.5Lガソリン+5ATのみ。L15A型エンジンは90ps/5,500rpm 13.4kg-m/2,700rpmを発揮。10・15モードは16.4km/L。贅沢にも5ATを採用したのはさすが。燃料タンク容量が42Lと少し小さいか。最後にADバンはマーチ譲りのガソリン1.2Lとティーダ系で採用されている1.5L。ちなみに、ADエキスパートには1.8Lもある。1.5Lは109ps/6000rpm 15.1kg-m/4400rpmに4ATを組み合わせ、10・15モード16.2 km/L。面白い事に、1.2Lの10・15モード値は15.8km/Lと逆に悪化する。余程の事がなければ1.2Lは買うべきではない。(1.2Lは最大積載量が1.5の450kgに対し300kgに制約される。プロボックスの1.3Lは400kgを確保している。)対決と題しておいて、結論が出ないというのも締まらない話だがまさに3車3様。お好きなものを買って頂いても取り立てて失敗ということにはならないのだろうが、あえて順番をつけるとすればやはりトヨタのプロボックスが1位。コンパクトな専用ボディが魅力的。立ったAピラーを見れば乗用ワゴンとは発想の出発点が違うことが判る。更に低価格な1.3L+5MTが選べるのもプロボックスだけ。トップグレードの1.3L GLでも116.3万円で足りるのは魅力。タコメーターを着けられないのが数少ない不満。2位は新しさと一番広いラゲッジを買って日産ADバン。トップグレードの1.5VEが135.7万円。また、上級モデルADエキスパートの1.5GXが139.6万円と価格差が少ないので検討の余地アリ。3位のパートナーは全長4,350mmの割りに荷室床面長1,830mmしか取れなかったことで減点としたが微差である。これはベースモデルに依存する問題であり、どうみても貧乏臭いエアウェイブにしか見えないスタイリングの方が問題か。装備レベルは高く、唯一タコメーターも装着される。1.5L GLが145.9万円と他社よりも高い。
私は今のところプロボックスに試乗した経験はあるが、そのほかの車種に関しては未経験であり、走りで3車種を語る事は出来ないが何かの比較資料になれば幸いである。
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-01-07 21:49 | 日本車(トヨタ)
[特別仕様車]初売り限定車「サンクス エディション」
a0009562_23343094.jpg
a0009562_23343724.jpg
a0009562_2334435.jpg
フォルクスワーゲンは、Polo、Golf、Golf Plusに2007年の初売り限定車「サンクス エディション」を設定し1月6日(土)よりPolo及びGolfを、1月13日(土)よりGolf Plusを発売する。価格は「ポロ サンクス エディション」が217万円、「ゴルフ サンクス エディション」が249万円、「ゴルフ プラス サンクス エディション」が295万円(全て税込)。VWも結構特別仕様車が好きな気がするが、とうとう初売り限定とは恐れ入ります。
「ポロ サンクス エディション」はPoloの最量販グレードPolo 1.4 Comfortline (4-doorモデル)をベースにマルチメディアステーション(MMS)やフロント シートヒーター、アルミホイールを装備した。ベースモデル+22万円である。「ゴルフ サンクス エディション」は現行Golfとしては初の限定モデル。エントリーグレードであるGolf E をベースに、新デザインのアルミホイール、フロント フォグランプを採用。内装にはレザーステアリングやシートヒーター、パークディスタンス コントロールを装備した。ベースモデル+7万円である。「ゴルフ プラス サンクス エディション」もGolf Plus初となる限定車。Golf Plus GLiベースで、HDDナビゲーションを標準装着。ベースモデル+8万円である。販売台数は各モデルそれぞれ、「ポロ サンクス エディション」が500台、「ゴルフ サンクス エディション」が1,027台、「ゴルフ プラス サンクス エディション」が250台の計1,777台限定。ゴルフの台数が1027台と半端なのが気になるが(詳細に書けばキャンディホワイト308台、ブラックマジックパールエフェクト411台、リフレックスシルバーメタリック308台)各モデルとも総じてお買い得な内容になっているのではないか。カーナビはそれぞれ好みがあるので何とも言えないが...。特にゴルフは+7万円なら悪くない。Golf Eにレザーステアリングが欲しかった人も多いだろう。昨年設定された「ニュービートル・クレム」はとても良い特別仕様車だった。また再販しないかな。
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-01-06 23:34 | VW
[マイナーチェンジ]ホンダ・エディックス 忘れてた....
a0009562_2323559.jpg
a0009562_2324696.jpg
a0009562_235340.jpg
ホンダは3席×2列の6座独立シート「エディックス」をマイナーチェンジした。(昨年の11/30に。忘れてましたワ)エンジン排気量を2.0Lと2.4Lとし1.7Lを廃止。新デザインのエアロパーツ採用など外装デザインを変更するとともに、室内・荷室の使い勝手を向上させた。新設定の「24S」は2.4L DOHC i-VTECエンジンを搭載し、DBW(ドライブ・バイ・ワイヤ)や10mmのローダウンサスペンションを採用。新デザインのフロントグリル、エアロバンパー(フロント/リア)、サイドシルガーニッシュ、テールゲートスポイラーを採用するとともに、ブルー色照明の自発光メーターやダークスモーク調のリアコンビネーションランプに変更するなどスポーティ感を強調した。(24Sに標準装備、20XにもSパッケージとしてメーカーオプション設定)フロントセンターシートを倒すことで出現する大型アームレストに、前後2個ずつ(計4個)の収納式カップホルダーを装備したラウンジテーブルを採用するとともに、リアセンターアームレストを装備するなど使い勝手を向上させた。また、水濡れや土汚れなどが簡単に拭き取れるワイパブルマットを採用。 気になる価格は20X(2.0L/5AT/FF)199.5万円~24S(2.4L/5AT/FF)235.2万円。2004年の7月に登場以来早いもので2.5年が経過したエディックスがマイナーチェンジ。発売当初は4,000台/月を販売目標に掲げていたが残念ながら3席×2列の6座シート車は浸透しているとは言い難い。今回のマイナーチェンジで販売計画は1,200台/月に修正されている。ムルティプラや日産ティーノ(アルメーラ ティーノはまだ欧州で現役)といった先駆者もイマイチ、メジャーになれずに苦戦を強いられていることからもこのジャンルの難しさが判る。しかし、エディックスというクルマは面白味のないその場しのぎ的な車種が多いホンダの中で興味をもっている数少ないクルマ。今回非力な1.7Lを廃止し、2.4Lに換装したことは賢明と言うべきか。しかし、このクルマのコンセプトは高く買いたいが醜悪なスタイリングはほとんど修正されなかった。エアロで厚化粧しただけ。私はこのクルマがもう少しまともなスタイリングさえ与えられていれば簡単に2~3倍は売れるクルマに化けたのではないかといつも思う。(私が思うに3列シートミニバンの2列目にチャイルドシート2つ着けたら3列目のシートは事実上使えないですよね。そうすると両親+子供2名で3列シートは不要。両親+子供1名ならエディックスは前席1列だけなのでリヤは広大なラゲッジ。)でもホンダはこれに懲りてエディックスの次期モデルは出ないだろうな。コンセプトではなく、デザインが悪いだけなのに。惜しい...。まぁ「せっかくだから」「どうせ買うなら」って貧乏くさいクルマ選びしか出来ない日本人には無理か。ちなみに、初期モデルの中古は100万円位~が相場の様子。どんなに古くても2004年式なのだからリーズナブル。今年2007年が初めての車検シーズンだ。程度の良い中古を狙うのも悪くないかもしれない。セレナとかステップワゴンとかノアの中古って結構高いですからね。不人気車の旨味です。
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-01-05 23:02 | 日本車(ホンダ)
[マイナーチェンジ]日産・キューブとキューブキュービック
a0009562_12542647.jpg
a0009562_12543399.jpg
a0009562_12544342.jpg
日産はキューブとキューブ キュービックをマイナーチェンジした。目玉は燃費向上で2WDのHR15DEエンジン+CVT搭載車(15E、15M、15RX)が10・15モード キューブ 19.4km/L(従来型18.0km/L) キューブ キュービック 19.2km/L(従来型17.8km/L)を達成した。1.5Lでもうまもなく20.0km/Lに届きそうな数字はさすが。こういう数の出る車種で燃費向上策が講じられることは大きい。ちなみにノート・ティーダ・ティーダ ラティオ・ウイングロードのHR15DEエンジン+CVT搭載車にも同時に改良が施された。普通なら順次改良となるところだが一斉にというのは面白い。話をキューブに戻して...。インテリジェントエアコンシステム(ワンタッチクリーンスイッチ付)の採用やタッチパネルナビ(DVD方式)を採用した特別仕様車Plus navi next (プラス ナビ ネクスト)の設定。見た目では最も大きな変化であるヘッドランプ、フロントグリル(RS/RXを除く)の意匠変更やLED式リヤコンビランプの採用。シート、ドアトリムの意匠変更、新規シート地 チリレッド、カーボンブラック(RS/RX)の採用、シートベルトリマインダーブザーの採用、リモコンキーの意匠変更など各部に手が入った。気になる価格はキューブ14S (CR14DE/FF/E-ATx)の136.5万円~キューブキュービックの15E(HR15DE/FF/CVT)181.4万円(アクシスやライダーなどのドレスアップ車除く)。正直、キューブって高いクルマですね。デザインはこれだけ売れて見慣れた今でも新鮮さを保っている優れたモノだと思うが、質感は価格ナリ。本当は1.3L+CVTで130万円位で売れれば文句なしなのだが。ちなみに、同じ日産のノートは燃費に優れたHR15DEエンジン+CVT搭載車の15S(FF)が133.7万円で買える(ミドルグレードの15Mでも僅か136.5万円)のだから安い。キューブはもう私には若すぎるので乗ることはないと思うが、初期型の丸目フェイスの方が似合ってた様な気がする。今回のフェイスリフトは蛇足のような気もするがいかがだろうか。なんかウルトラマンみたいなフロントフェイスだね。
私は前述したように、ノートの15Mの方が気になりますね。装備もほぼ満足だし、136.5万円という価格が凄い。これで19.4km/L(10・15モード)を発揮するのだから恐れ入る。最近の日産コンパクトカーはどれも電動パワステがイマイチで点を下げていたが、そろそろ熟成されてきた頃か。機会が有れば乗ってみたいと思う。ちなみにノートは2005年の1月発売だから丁度2年が経過したモデル。中古は70万円くらいから探せる。リセールはそんなに強くないようだ。
a0009562_13532277.jpg
a0009562_14305984.jpg

[PR]
by newbeetle-cab | 2007-01-04 23:53 | 日本車(ニッサン)
[謹賀新年]あけましておめでとう御座います
a0009562_21515057.jpg
あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。新年早々(正確には大晦日から)風邪をひいてしまい寝込んでいます。これぞ本当の寝正月....。ここ数年風邪もひかず健康優良児だったんですがね.....。まぁゆっくり静養をして今年一年の体力を回復せよと言うことか。ふぅ。Optio A20の初サンプルがクスリとは...トホホ。やはり、ペンタックスらしくて以前使っていたOptio750Zを思い出す発色ですね。さすが1000万画素と言うべきか、解像度はかなりのもの。多少癖のあるカメラのようですが、リコー機に比べれば...(笑)
Photo:PENTAX Optio A20 
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-01-03 07:42 | その他戯言



クルマとカメラが好きなヤツのプログ。旧(VW Car Life from north country 彩の国支店)
by newbeetle-cab
Link
ご来訪1,950,000人突破!!!有り難う御座いました。
m(_ _)m

◎移転先はこちらです◎
みんカラ

このブログは2008.07.17をもって閉鎖させていただきました。
フォロー中のブログ
今夜もeat it
奥神楽坂日誌
いつまで続くか?ナナ日記。
ガレージ197X
それいけ!めんたいこちゃ...
さつえいだ!チャーリー!
angle from t...
Standard Plus+
札幌日常日記
ロケンロールその他
North Blue☆
検索
カテゴリ
全体
R2
ツイン
NewBeetle
PASSAT
LUPO
VW
輸入車全般
軽自動車
ミニカー/チョロQ等
日本車(マツダ)
日本車(スバル)
日本車(ホンダ)
日本車(ニッサン)
日本車(トヨタ)
日本車(ミツビシ)
日本車(スズキ)
日本車(光岡)
日本車(ダイハツ)
その他クルマ関連
Camera
旅行/たべもの
我が街札幌の事
布袋寅泰
音楽の話題
キリ番の記録
その他戯言
GT4関連
未分類
以前の記事
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
記事ランキング