人気ブログランキング |
2006年 04月 15日 ( 2 )
[試乗インプレッション]新型パサートにいよいよ試乗
a0009562_2303669.jpg
a0009562_2304178.jpg
a0009562_2304697.jpg
a0009562_2305181.jpg
a0009562_231215.jpg
先週は内覧会と言うことで、いち早く新型パサートを見てきたのだがカメラのトラブル(正確にはメモリーカード不良)で写真を撮る事が出来なかった。(私のパサート君がやきもちを焼いたのかと...)今週は我がパサートの1ヶ月点検とタイヤ交換を兼ねて改めてVW新札幌さんへ。発表会だから混むだろうな....と思い、他のお客さんの邪魔にならない午前中早めに行ったのだが既に結構混んでました(笑)。確か、2001年秋にB5.5型と呼ばれる先代パサート後期型(要するに私のパサート)の発表会へ当時お世話になっていたVW東京へ行ったが人手もまばら。まぁマイナーなクルマですからネェ...セールス氏とそんな話をした記憶がある。この5年間でパサートの知名度も確実に向上した証拠だろう。新型も先代以上に売れるクルマになるだろう。先代ユーザーとしては色々と注文をつけたくなるような箇所もあるのだが、コストパフォーマンスを考えれば些細な事でしかない。ショウルームには4ドアセダン(V6-4Motion)とワゴン(2.0T)が展示されている。4785×1820×1490mm(セダン)と先代に比べ(4700×1745×1460mm)全長で+85mm全幅で+75mmのサイズアップをしているのだが、ショウルームで見る限り気にならなかった。室内に乗り込んでみると先代よりも明らかに広くなっている事が判る。ワゴンのラゲッジスペースも同様だ。インパネ部も木目パネルの加飾が目を引くが、レイアウト自体はゴルフ5にも通じる常識的なもの(良く見ればゴルフと共通の部品も結構ある)で、何も迷う事は無い。ボタンで操作するエレクトロニックパーキングブレーキが慣れるまで時間がかかりそうだが。いよいよ、試乗開始である。グレードはセダンのV6-4Motion。新開発の3.2V6 FSIエンジンはバンク角10.6度の狭角V型。ゴルフR32のエンジンとは違う(バンク角15度で直噴ではない)。250PS/6,250rpm、33.1kgm/2,750rpmを実現している。先代のV6-4Motion(2.8L/V6)に比べ (193ps/6000rpm 28.6kg・m/3200rpm)+57ps +4.5kg-m。重量はサイズアップしているのに対し1640kg→1660kgと僅か+20kgしか増えていない。そっくりパワーアップに充てられているのだから恐れ入る。アイドリング時は(VW車としては)静寂に包まれる。外音の遮断も申し分ない。6DSGをDレンジに入れ、ソロリとスタートするが、なんらギクシャクする事もなくスルスルと走り出した。私が知っているどのDSGよりも滑らかに発進が出来ている。正直、パサートのキャラクターにDSGと言うミッションは性格不一致なのでは...と不安を抱いていたが要らぬ心配だった。もちろん、3.2Lのパワーに不満があるはずもなく、更にパワーロスの少ないDSGによって先代よりも確実にパワーアップしている事が体験できた。ただ、せっかくの3.2Lエンジンのトルク感を味わいたいところであるがDSGが適切に(?)シフトチェンジを繰り返すので少々煩わしい。ちょっとアクセルを踏み込むと間髪入れずにシフトダウンをしてくれるのだがもう少しルーズでもよさそう。燃費のためにはDSGの設定で正解だろうか。これは感覚的なものだから慣れでカバーできるものだとは思う。また、一番驚いた事にステアリングが軽い!!先代もVW車の中では軽めの部類かなと思っていたが....。電動パワーステアリングの設定なのだろうが、VW車に乗り慣れているユーザーは驚くに違いない。(国産のセダンから乗り換えるような方は気にならないと思うが)決して不安になるような軽さではないので問題は無いのだが、最後まで違和感が消えなかった。せっかくの電動パワーステアリングなのだから好みに合わせて重みを変えられるように出来ないものか。雑誌等試乗インプレッションでも新型の足が堅いと書かれているが、確かに先代のV6-4Motionに比べ堅くスポーティな味付けになっている。まぁスタイリングもエンジンもミッションも先代に比べ相当スポーティ路線を志向しているので相応のセッティングだとは思う。タイヤをコンフォート系に換装する事である程度は調整が効きそうだ。ボディ剛性は確実にアップしている。先代も相当凄いと思っていたが、新型は熱間加工スチール、レーザー溶接、接着併用スポット溶接などのテクノロジーが適切に効いているようだ。これだけでパサートを選んでも後悔は無いはず。エンジンが縦置きから横置きへ変更された事をネガティブ要素として捉えている記事も多数目にするが(記号性の問題は置くとして)実際にはなんら気になる挙動はなかった。先代と変わらない最小回転半径5.3m(新型セダン)と言う数値を実現している事からも横置き化によるネガは無い。(このサイズから考えたら相当小回り効きますよ)そろそろファーストインプレッションを結論にもって行きたいと思うのだが、(先代パサートユーザーとしては新型を複雑な思いで見ている。)まずは先代の最大の美点であった(と私が思っている)ゆったりとした乗り味や各部から感じられる(地味ながらも)作りのよさ(コストがかかっている)は後退し、所謂最新のVW車(とりわけゴルフ/ジェッタ)に共通する表現方法に統一されている。ジェッタよりもホイルベースが(2,575→2,710mm)135mm延長されている事で提供される落ち着ついた乗り心地と3.2V6 FSI+6DSG(+4Motion)のもたらす走りは文句なしにコストパフォーマンスが高く、VWの(日本における)フラッグシップに相応しい商品に仕上がっていると太鼓判を押せる。表現が難しいが、新型はデジタル機器を髣髴とさせる最新のモデルとして大変魅力的であるが、先代はいかにも地味だが職人(彼の地ではマイスターか..)の技とでも言うべきアナログ的な味を持っていた事が魅力だった。私が先代ユーザーだから贔屓目に見ている訳(全く無いとは言えないが...)ではなく、先代は10年間というロングライフ(と10年かけて作られて来た完成度)を全うした故に、新型との間に大きなギャップ(10年分の進化幅)を感じているのだろう。保守的な考え方で恐縮だが、もし3.2V6 FSI+6AT(アイシン製)にコンベンショナルな油圧パワステが組み合わされていたら私はすぐにも買い替え(実際に買い替えが出来る訳無いが、脳内で...)を検討し始めたかもしれない。それぐらい、ユーザーとのインタフェースが変わっているということだ。まぁ何も焦る事は無い。今回のパサートも長いモデルライフがあるのだから、私が徐々に新型のインタフェースに合わせられれば良い訳だ。その頃には各部が熟成し、より素晴らしいクルマに仕上がっているだろう。(試乗を終え、タイヤ交換の終わった愛車に乗り込み走り出すと今まで感じた事のなかったボディ剛性の劣勢や内装の古さを感じたのだが、逆に穏やかな走りやねっとりと信頼性のある情報豊かなステアリングにホッとしてみたり。)クルマ選びってホント難しいけど面白い。是非、皆様も新型パサート試乗してみてくださいませ。
by newbeetle-cab | 2006-04-15 23:01 | PASSAT
[衣替えですね。]ようやく純正夏タイヤへ交換
a0009562_22543675.jpg
a0009562_22544156.jpg
当初の予定より1週間遅れで夏タイヤへの履き替えをVW新札幌さんで実施した。これでようやく私にも春が来た...(笑)早速、タイヤの皮むきを兼ねて札幌市内→支笏湖→大滝村→ルスツ→洞爺湖(折り返し)→中山峠→札幌と約250km程度走って来た。ここのところ、バタバタ気味でなかなかパサートに乗れてなかった(ブログも更新頻度が落ちていた)ので遅れを取り返しました。納車1ヶ月点検も兼ねてVW新札幌さんへ入庫したのだが、全く何のトラブルも無く修理をお願いする事は無かった。(大抵は細かい箇所の修理があったりするんですが....さすが熟成の最終型と言う事でしょうか。)それにしても今日は新型パサートの(正式な)発表会だった事もあってお店は大盛況。パサートも随分と市民権を得たんだなぁ...と感慨しきり。(新型パサートについては次の記事にてたっぷりと。)純正の夏タイヤ(205/55R16)に履き替えて見ると、当たり前だが乗り心地は気持ち堅めになった。しかしこれは予想の範囲内で安心(タイヤの差による変化量が少ないと言うことはサス等がしっかり仕事をしている証拠か)。直進安定性はスタッドレスタイヤ時でも全く不満が無かったが、更にビシッと手応えが増し文句なしの直進性を見せる。(ステアリングも少し重めに変化。)出来る事なら1年中夏タイヤで走りたいものだ。今日のコースは峠道を中心とした山道がメインのルートで(私の中では定番の長距離版クルマ評価コースだったりする。)あるのだが、我が2.0パサートはパワーが有り余る事は無いが、さりとて不満を覚えるほど非力でもない。もちろん、ルポGTIの方が俄然元気良く駆け回っていけたのだろうが、なるべくトルクバンドを外さないように軽く右足で調節しながらゆったりと山道を越えていくのも決して退屈な作業ではない。燃費計も今回のコースでは概ね平均11km/L台を指している。 帰路の中山峠(展望台に至る途中)付近で累計走行距離2000kmを突破した。
写真は1枚目が滝野霊園。2枚目は支笏湖畔です。新型パサートを見てきた帰りだった事もありますが、自己主張の強い新型に比べ、控えめな先代は目立たず地味ですが上品で見ていてほっとするなぁ...と親馬鹿気分でファインダーを覗いていた。この純正アルミも結構似合っていると思います。インチアップも考えているけれど、暫くこれで走ろうかな...
by newbeetle-cab | 2006-04-15 22:54 | PASSAT



クルマとカメラが好きなヤツのプログ。旧(VW Car Life from north country 彩の国支店)
by newbeetle-cab
Link
ご来訪2,370,000人突破!!!有り難う御座いました。
m(_ _)m

◎移転先はこちらです◎
みんカラ

このブログは2008.07.17をもって閉鎖させていただきました。
フォロー中のブログ
今夜もeat it
それいけ!めんたいこちゃ...
さつえいだ!チャーリー!
検索
カテゴリ
全体
R2
ツイン
NewBeetle
PASSAT
LUPO
VW
輸入車全般
軽自動車
ミニカー/チョロQ等
日本車(マツダ)
日本車(スバル)
日本車(ホンダ)
日本車(ニッサン)
日本車(トヨタ)
日本車(ミツビシ)
日本車(スズキ)
日本車(光岡)
日本車(ダイハツ)
その他クルマ関連
Camera
旅行/たべもの
我が街札幌の事
布袋寅泰
音楽の話題
キリ番の記録
その他戯言
GT4関連
未分類
以前の記事
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
記事ランキング