[試乗インプレッション]BMW 320i クーペ(6AT)
a0009562_20111176.jpg
a0009562_20111780.jpg
a0009562_20112258.jpg
a0009562_20112764.jpg
a0009562_20113420.jpg
a0009562_20113927.jpg
先日、BMWの320iクーペを1泊2日の日程でジックリとテストドライブを実施した。現行の3シリーズにクーペが追加された(06年9月)当初は335i(直6 3.0Lパラレル・ツイン・ターボ)のみの設定だったが、翌07年5月に320iが追加された。価格は441万円(6AT・右)/430万円(6MT・左)。エンジンはお馴染みバルブトロニックのN46B20B型・直列4気筒DOHCエンジン。NA2.0Lで最高出力156ps/6,400rpm最大トルク20.4kg-m/3,600rpmを発揮する。車両重量は1,490kg(AT)/1,450kg(MT)である。今回、320i クーペをテスト車両として「M-Sport パッケージ」を装備していない素のモデルをリクエストした。雑誌誌面などでも大抵「M-Sport パッケージ」(メーカーOP +42万円)が装着された車両が用意されることが多いのと、個人的な経験と嗜好から言えば、「M-Sport パッケージ」で装着されるM スポーツ・サスペンションの堅い味付けがイマイチなので出来るならば、ベーシックなモデルをテストしてみたかった。さて、320i クーペだが実はよく考えると日本で現在新車で購入できる4気筒+FRクーペとして結構貴重な存在。スカイラインだっていまや3.7Lである。(少しジャンルは違うがホンダS2000やマツダロードスターもあるか..。私は昔から思うがS2000はどうしてクーペが無いんだろう。)価格はスカイラインクーペの価格帯(369万円~447万円)と近いこともあって、直4の2.0LとV6の3.7Lが同じ価格帯ならスカイラインクーペの方がお買い得と排気量信仰者なら躊躇無く答えそうだが、私は必ずしもそうだとは思わない。4気筒エンジンには軽快で鋭い吹け上がりを楽しむ魅力があるし、大排気量エンジンには太いトルクを味わう楽しみがある。そこにミッションや車重などのファクターがからんでくるのだから...。まぁそこがスポーティなクルマを選ぶ醍醐味でもあるわけだ。320i クーペのサイズは全長4590mm全幅1780mm全高1395mmホイルベース2760mm。(ちなみにスカイラインクーペは全長4655mm全幅1820mm全高1390mmホイールベース2850mmで車重は1650kg。320i クーペと比べて+65mmロングで+40mmワイド。ホイールベースも90mm長い。車重は+160kg)やはり、3シリーズと言えどももはやコンパクトとは言い難いサイズである。私は最近のBMWに共通したクリス・バングルデザインと呼ばれる一連のテーマはどちらかと言えば苦手。しかし、320i クーペについて言えば直線的でどことなく懐かしい、ある意味クーペの王道とも言えるデザイン。ロングノーズとコンパクトなキャビンの組み合わせはやはりカッコイイ。日産レパード(F31型)を思い出しました。まぁ正直に言えば、ことルックスの面では、「M-Sport パッケージ」装着車の方が魅力的だと思う。キーを受け取り、車内に収まるとまず、ウッドのトリムが気になった。セダンはともかく、320i クーペにウッドは似合わないんじゃないかな。まぁメーカーOPでカスタマイズできる範疇である。セダンと共通のインテリアの質感は残念ながら価格相応とは言えない。特にVWやアウディの品質を見慣れているだけに、全般的にもう一踏ん張りして欲しいところ。スターターボタンを押すと静かにエンジンが始動。電動アームでシートベルトがせり出してくる。なかなか憎い演出。少し太めのステアリングを握り、走り出すと期待以上のトルクと滑らかな6ATのお陰で滑るように走る。エンジンを3,000rpm以下で回している限りはまるで高級セダンのような振る舞いを見せる。タイヤサイズも欲張らない225/45R17であることと、Mスポーツ・サスペンションではない標準サスであることで、サスのストロークを生かした比較的穏やかな味付け。1シリーズでは閉口したパワステの重さもこちらは自然で好ましい。BMWと言うよりはメルセデス?と疑いたくなるような平穏な世界だ。ステージを高速道路に移すといよいよ4気筒エンジンのお楽しみと言うわけで、クォーンと乾いたサウンドを聴かせつつ加速していく。ステップトロニックを操作して意図的に一段低めのギアを選びたくなる。BMW=ストレート6と良く言われるが、私はこの4気筒エンジンもなかなかの出来だと思う。少し強引にレーンチェンジを試してもスーッと不快な揺り返しもない。欧州車の大半がそうであるように、このクルマも100km/hを超えた辺りからが一番クルマが安定している様なフィーリングだ。こういうクルマなら高速道路で長時間走るのも楽だろう。高速を下りて、今度は峠道へ向かう。少し時間が早かったこともあってスピードレンジは低めだったが、まさに水を得た魚。鼻先が軽い4気筒エンジンのお陰で、コーナリングも切れ味抜群。ステップトロニックを駆使してエンジンを高回転に保ちつつ山道を駆け上がっていくのはやはり楽しい。個人的にはもっとエンジンサウンドが聴きたい。静粛性が良すぎるのでは...と思ったほどだ。少し残念なのは素の320iに装着されるシートは山道を楽しく走るにはサポートが低め。「M-Sport パッケージ」にはスポーツシートも含まれる。年々出来が良くなってくるランフラットタイヤだが、いよいよ妙にショルダーが堅いというネガティブな印象が無くなってきた。完全になくなったわけではないが、これなら常用できる。今回のテストでは約250kmを走行し、燃費は12km/L程度(車両の平均燃費計より)。パフォーマンスを考えれば文句なしか。私がドライブした限りではパワー不足は感じなかった。むしろ、高回転域を多用出来ることのメリットの方が強い。実は、この後比較のために320iクーペ(6AT)の「M-Sport パッケージ」装着車(更にOPの19インチタイヤ装着)と320iクーペ(6MT・左ハンドル)の「M-Sport パッケージ」装着車(18インチ)もそれぞれ20分程度ずつ試乗した。結論から言えば、320iクーペ(6MT・左ハンドル)が一番面白かった。そして懸念していた「M-Sport パッケージ」装着車のネガティブ要素(サスの堅さ、ステアリングの重さ、薄いタイヤ...による乗り心地の悪さ)はこのクルマではあまり感じられなかった。もちろん素のモデルに比べれば20mmローダウンされる事もあって明確に堅めの乗り味だが、不快と言える程のものではない。単純に締め上げたのではなく、上質なダンパーが効いているようだと言えば伝わるだろうか。また、収穫だったのは6MTの出来の良さ。スコッと自分から吸い込まれるように入るMTミッションはこれだけでもこのクルマを買わせる魅力があると思った。左ハンドル環境のネガを乗り越えられるのならば6MTオススメです。a0009562_0591331.jpgさて、すっかり陽も暮れて最後に用意されていたサプライズは「M3」の試乗。S65B40A型・V型8気筒DOHCで4.0L。最高出力420ps/8,300rpm 最大トルク40.8kg-m/3,900rpmのモンスターマシン。おまけに車重も従来に比べ重いとはいえ1,630kgに抑えられているのだから凄い。価格は1003万円。予想に反して快適なシートに身を沈め、320i クーペとさほど変わらないインパネのエンジンスタートボタンを押すと拍子抜けするぐらい静かなアイドリング。ただ、シフトレバーに伝わるかすかな振動がV8を感じさせる。先代までの「M3」と言えばスパルタンでストイックなクルマというイメージだったが、現行の「M3」には当てはまらない。320i クーペの6MTとほぼ変わらない重さやフィーリングのクラッチを繋ぐと図太いトルクのお陰でもの凄く扱いやすい。うっかりすると自分がモンスターマシンに乗っていることすら忘れそう。街中を巡航している限りでは低回転でも粘り強いエンジンによって至って普通に走る。しかし、ひとたびアクセルを深く踏み込めばまさにシートに自分がめり込むかのような加速が味わえる。また、その時のエンジンサウンドはとても魅力的だった。このクルマのスペックを発揮するには日本の道路も法律も狭すぎる。しかし、1003万円という価格を忘れることが出来るのならば、日常使いも出来る超高性能車としてもの凄く魅力的なクルマ。ベースモデルのボディサイズが大きくなってしまったことで、これまでのM3イメージとは乖離が大きくなってきたのも事実だと思うが、久し振りに"目の覚める思い"を体験しました(笑)。ちなみに、興奮気味で写真撮るのに失敗しました。無念...
[PR]
by newbeetle-cab | 2008-05-10 20:20 | 輸入車全般
<< [日本でも発売開始]プジョー308 [フォトデビュー]マツダ・ビアンテ  >>



クルマとカメラが好きなヤツのプログ。旧(VW Car Life from north country 彩の国支店)
by newbeetle-cab
Link
ご来訪1,950,000人突破!!!有り難う御座いました。
m(_ _)m

◎移転先はこちらです◎
みんカラ

このブログは2008.07.17をもって閉鎖させていただきました。
フォロー中のブログ
今夜もeat it
奥神楽坂日誌
いつまで続くか?ナナ日記。
ガレージ197X
それいけ!めんたいこちゃ...
さつえいだ!チャーリー!
angle from t...
Standard Plus+
札幌日常日記
ロケンロールその他
North Blue☆
検索
カテゴリ
全体
R2
ツイン
NewBeetle
PASSAT
LUPO
VW
輸入車全般
軽自動車
ミニカー/チョロQ等
日本車(マツダ)
日本車(スバル)
日本車(ホンダ)
日本車(ニッサン)
日本車(トヨタ)
日本車(ミツビシ)
日本車(スズキ)
日本車(光岡)
日本車(ダイハツ)
その他クルマ関連
Camera
旅行/たべもの
我が街札幌の事
布袋寅泰
音楽の話題
キリ番の記録
その他戯言
GT4関連
未分類
以前の記事
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
記事ランキング