人気ブログランキング |
[試乗インプレッション]クロスポロ 6AT
a0009562_17124427.jpg
a0009562_17125034.jpg
a0009562_20594220.jpg

a0009562_171257100.jpg

a0009562_21185022.jpg
a0009562_1713887.jpg
a0009562_17131577.jpg
今日はVW東京へ行ってなにかと話題の「クロスポロ」を試乗してきた。お店もクロスポロのプロモーションのため、オレンジ色で飾られていた。オレンジ色のテーブルクロスにドリンクのコースターも専用。おまけにセールス氏のネクタイもクロスポロのロゴが入ったオレンジで統一されていた。(あのネクタイ売って欲しいな...)なかなか気合いが入っているが、肝心のマグマオレンジは納期がかかるというお粗末さはなんとも....。今回試乗したのは写真の通り、ラヴェンナブルーメタリック。まぁこの色もなかなか似合っていた。オレンジやライムがチト派手過ぎるという方には悪くない選択肢になりそう。早速室内に乗り込み、キーを捻り、エンジンを始動させる。とても静かなエンジンだ。このエンジンは乱暴に言ってしまえば、ゴルフEの1.6FSIを直噴ではなく、通常のインジェクションに改めたもの。ゴルフの圧縮比12.0 116ps/6,000rpm 15.8kg-m/4,000rpmに比べ、クロスポロは圧縮比 10.5 105ps/5,600rpm 15.1kg-m/4,500rpmと変化しているが、76.5 x 86.9(mm)のボア・ストロークは当然ながら同じ。ニュービートルに搭載されている1.6L(ボア・ストローク 81.0 x 77.4mm)とは根本的に違う。そこにアイシン製の6ATを組み合わせるのだから、走らないわけがない。1,180kgのボディに大人2名を乗せた状態で混雑した市街地もスルスルと走り抜ける。これは今までの1.4Lポロでは考えられなかったことだ。しかも、静粛性が高い。下手をすると私のパサートの方が五月蠅いのではないかと思った。ステアリングの重さも軽すぎず、私にはベスト。アシスト量も緻密でチグハグ感が無く好印象。電動油圧パワーステアリングも完成の域に。高速道路に入り、普段の自分ではしないような加速を試してみるが、さすが1.6LのDOHCエンジン!!と思わせてくれた。アクセルを床まで踏み続けていると、レッドゾーンの6300rpm位までキッチリ綺麗に回り、シフトアップしていく。物理的な速度上昇度はポロGTIに敵うものではないが、この新エンジンはなかなかサウンドも乾いていて抜けが良く、気持ちよい。この辺りFSI系のユニットはまだまだ進化の余地があると言わざるをえない。贅沢を言えば、VWユニットらしい実用域の中低速トルクが僅かに薄いように感じられたが、そこは賢い6ATがキッチリとカバーしているからヨシ。その分、VWでは珍しく回して楽しいユニット。色々な意味で新鮮な新エンジンだ(MTで乗ったら凄く楽しいと思うね)。カタログ燃費は10.15モード値で14.6km/L。ゴルフEが12.8km/LとFSIを外してもかなり数値は上回っている。ゴルフEの車重が1,320kgであるからクロスポロは140kgも軽い。ある意味当然か。経験上、VWの10.15モード値はラフなアクセルワークさえ気を遣えば簡単に超える事が出来る。(ちなみに私のパサート2.0は10.2km/Lだが、大抵はこの数値を超えている。国産車の10.15モード値はなかなか超えられませんよ)私が一番危惧していたのは僅か20mmといえども、最低地上高を上げた事によるフラつき感やピッチング、そして215/40 R17というファットなシューズをどう履きこなしているのかと言う事。確かにフロントシートに収まれば(標準ポロ比で)視界が高くなった事はすぐ判るものだったが、不要なロールやピッチングもなく、むしろ215/40 R17という"デカイ"タイヤを履いている事さえ忘れてしまうような履きこなし振りに腰を抜かした。もちろん、堅めの乗り味には違いないが、ガチガチというよりはピンと張り詰めたような足で私は気に入った。(以前、ニュービートルに215/45 R17をインチアップで履かせていたが、明らかに足がバタついていた事に比べると隔世の感アリ。)まぁ、このクルマに17インチのタイヤはオーバースペックな事に違いないが、写真の通りこのスタイリングのためならば、これ位のタイヤサイズが必要と納得出来た。またこのBBS製アルミが非常に品質感も高く、カッコイイ!!写真を撮りながらホイルに惚れた(笑)。タイヤは贅沢にもダンロップのSP SPORT MAXX を履いていた。239万円(税込)というプライスはバーゲンだろう。下手をすると見た目だけのなんちゃってモデルと思われそうだが、そこはさすがVW。私はこの1時間に渡る試乗の中でクリティカルな欠点を見つける事は出来なかった。私が一番気になったのは「燃費計」等が表示されるインフォメーションディスプレイが無い事。(純正OPのHDDカーナビをつければ一緒に付くのだが。+25.2万円)些細な話だが、あれって結構助かるんですよ。従来型のポロに抱えていたモヤモヤとした思いがクロスポロの登場でスカッと晴れたような気分です。AWD(4Motion)が無いから偽者だと言う人も居るようだが、このクルマのスタイリングと走り(そしてプライス)を体験した今となっては意味の無い議論だ。(雪国で大切なのは駆動方式よりも最低地上高ですし。)それにしても、ポロ1.6 Sportline(6AT)の219万円に始まり、ニュービートルの1.6EZ(4AT)が229.9万円で、クロスポロ(6AT)が239万円。ゴルフE(6AT)が240.4万円と僅かな価格差で1.6Lが色々選べる現行VWラインナップ。面白くなってきましたね。正直、クロスポロ欲しいと思いました。なので、写真も頑張って見ました。長くなったのでこの辺で。
Photo:RICOH CaplioR4
by newbeetle-cab | 2006-09-09 17:13 | VW
<< [毎月恒例?]今月もやってきました。 [憶えてますか]カルタス・クレ... >>



クルマとカメラが好きなヤツのプログ。旧(VW Car Life from north country 彩の国支店)
by newbeetle-cab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Link
ご来訪2,370,000人突破!!!有り難う御座いました。
m(_ _)m

◎移転先はこちらです◎
みんカラ

このブログは2008.07.17をもって閉鎖させていただきました。
フォロー中のブログ
今夜もeat it
それいけ!めんたいこちゃ...
さつえいだ!チャーリー!
検索
カテゴリ
全体
R2
ツイン
NewBeetle
PASSAT
LUPO
VW
輸入車全般
軽自動車
ミニカー/チョロQ等
日本車(マツダ)
日本車(スバル)
日本車(ホンダ)
日本車(ニッサン)
日本車(トヨタ)
日本車(ミツビシ)
日本車(スズキ)
日本車(光岡)
日本車(ダイハツ)
その他クルマ関連
Camera
旅行/たべもの
我が街札幌の事
布袋寅泰
音楽の話題
キリ番の記録
その他戯言
GT4関連
未分類
以前の記事
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
記事ランキング