モノクロフィルムで撮って見ると。
a0009562_225558.jpgデジタル全盛の時代に、カメラにモノクロフイルムを詰めて撮る。ある意味極めてアナログで贅沢な行為だと思う。カラーの情報が氾濫し、いつの間にか新聞紙上でさえカラーが珍しく無い世の中。色情報を取り除いたモノクロの世界にここ1年ばかり興味があり1~2本/月の割合でフイルムを消費しているが、いまだモノクロの魅力を引き出す事に成功しているとは言い難く歯痒い思いをしている。しかし、色情報が無くなったモノクロな写真は様々な事を教えてくれる。写真の構図や光の加減、被写体と自分の距離(間合い)...。写す者と写される者の微妙なコントラストがそこにあるような気がする。目を閉じると聴力が増すと言われるように、カラーを失うと秘めた情報が湧き出ているようだ。まだ暫くモノクロフイルムとの格闘は続きそうです。

写真は「スカイライン2000GT 1964年S54A」を撮ったものです。
[PR]
# by newbeetle-cab | 2004-03-23 22:00 | Camera
なんかシクシクと物欲がそそられる一台。
a0009562_01758.jpg「CONTAX(コンタックス) SL300R T*」は何のことはない、薄型のカード型デジカメである。300万画素といたって普通のスペック。価格は4万円程度~ と相場よりも高め。CONTAXのT*(Tスター)レンズを搭載しているのが最大の売り文句。しかし、派手な彩りが当たり前になりつつあるデジカメ界でここまで渋いブラックのボディは物欲を十分に刺激する。残念なのは京セラブランドでも「Finecam SL300R」という姉妹機が有り、高級機バージョンという位置付け。やはり専用のボディが欲しかった。レンズは光学3倍ズームレンズ「Carl Zeiss Vario-Tessar T*5.8-17.4mm F2.8-4.7(35mm換算約38~115mm)」。レンズ部に専用のフードを装備。またフィルタアダプタが付属し、市販の28mmフィルタが使用できる。ボディはマグネシウムダイカスト。マクロ撮影は最短距離20CMが弱い!デジカメの世界では3~5CMを誇る機種が多いだけに残念。やはりT*レンズは屋外/風景用途なのか。結局、なんだかんだ言ってもデザインが気に入ってるのでしょう。なぜか欲しい.....
[PR]
# by newbeetle-cab | 2004-03-23 00:19 | Camera
2代目メルセデスベンツ『SLK』
a0009562_225430.jpgジュネーブモーターショー'04でメルセデスのオープンカー『SLK』が発表になった。現在のバリオルーフ(クーペ・カブリオレ CC)の先駆者としてヒットしたモデルだが、初代のプレーンな雰囲気はなくなり、「SLRマクラーレン」を髣髴とさせる抑揚の激しいデザインに昇華した。しかし、メルセデスのクーペに毎回感じる事だが「中途半端」だな。なんとなくトヨタの作るクーペのように「スポーツ」と「ラグジュアリー」の中庸を狙っているのかどうもピンと来ない。SLクラスのように筋が通ったモデルであれば良いが、CLKだのCLだのSLKだのCクラスSPORTS COUPEと判りづらい車が多いのではないか。(BMWの6シリーズほど酷いとは言わないが。)メルセデスのセダンは憧れを感じさせる部分もあると思うが、クーペ系にはあまり感じない。やはり餅は餅屋なのか。今度の『SLK』は幾らで売るつもりなのだろう。現在の2.3L-SCは480万円~ だがかなり高くなると思われる。やはり贅沢なクーペはジャガーやアストンマーチンなどの英国車に一日の長がありそうである。
[PR]
# by newbeetle-cab | 2004-03-22 21:06 | 輸入車全般
DMC-LC1-K
a0009562_15128.jpgいま東京では「フォトエキスポ2004」が開催中である。カメラ界の東京モーターシヨウのような存在かな。その開催に合わせたのか、いま新型のカメラ誕生ラッシュである。特にデジタル一眼レフと400~800万画素級のレンズ一体式デジカメが盛況だ。パナソニックからは「ライカ」と共同開発した「DMC-LC1-K」が出た。ヨドバシカメラの実売価格は15万円前後である。ニコンのD70のレンズキットが買える価格であり、決して安いとはいえない。しかし、展示機をいじっているとズームリング・ピントリング・絞りリングが独立していてかなり銀塩MFカメラチックな操作体系。MF時にはファインダーの倍率がアップしMFをサポートするなど心憎い機能も有り。日本ではレンズ交換が出来るデジ一眼が主力だが、米国/欧州ではレンズ一体のハイエンド機が人気とか。まぁそのあたりは国民性かな....。しかし、光学3.2倍ズームのレンズ名は「LEICA DC Vario-Summicron」ですって。なんだかなぁ....Panasonicのボディにデカデカとズミクロンって刻印されてもピンと来ませんね。しかし、このカメラも気になります。1世代くらい古くなれば安く買えるかナァ....。
[PR]
# by newbeetle-cab | 2004-03-21 01:25 | Camera
なごやか亭
a0009562_232348.jpg今日は回転寿司で晩御飯。「回る寿司?」と馬鹿にしてはいけないよ!!はっきり言って、銀座で1人1万円の寿司を食べるよりも絶対に美味しいから。笑 食材王国の北海道の中心都市札幌。回転寿司の品質と価格競争は全国一と聞いている。ちなみに、寿司=マグロという発想の人は北海道で寿司を食べても感動は出来ない。北海道はマグロの産地では無いから。シャケはかなり美味いよ。イクラやウニも美味い。タコも地味に北海道が産地だって知ってる?今日食べた「なごやか亭」と言う店は本店が釧路。そう霧の街釧路です。あそこで取れる魚介類は最高。4ヶ月住んだことのある私が言うのだから......。その釧路の海産物を札幌に直送して出しているんだから美味い。今日はたらふく食べて2500円/人でした。
[PR]
# by newbeetle-cab | 2004-03-21 00:47 | 旅行/たべもの
次期愛車候補?(1)ルノーメガーヌII 1.6L 試乗記
a0009562_151315.jpg最近、欧州Cセグメントの車種は1.6Lブームに沸いている。以前ならば間違いなく2.0のトップグレードしか入らなかったのだが、各社の日本法人も商品のラインナップ拡充の為には低価格でよく走る1.6Lを入れざるを得なくなったのであろう。まぁどうせ買うなら高いやつを...と2.0以上を有り難がる日本人の田舎センスもそろそろいい加減改める時期だろう。前置きはこれくらいで。
本日、ルノー・メガーヌIIの試乗をしてきました。場所はルノー札幌。札幌市では唯一の正規販売店。経営母体は「北海道日産」なのだが、とても楽しい時間を過ごす事が出来た。狭くて駐車場も不足している狭小ディーラーだが、ルノーを気長に根気よく売っていこうとする姿勢に驚いた。頑張って欲しいね。試乗に用意されたのは希望通り1.6Lの濃いブルーの車体。ドイツ車に比べソフトではあるが、従来のようにフカフカとしたシートではない。コシがあってナカナカ好印象。4速のティプトロ付きATをドライブに入れて走り出すと、予想に反してかなり重量感のある走りにまず驚く。剛性の高いボディは少なくともゴルフ4を凌駕している。(ゴルフ5では巻き返すだろう...)内装は写真で見るよりも質感も高く、ボリューム感がある。気になる電動パワステも中立域の手ごたえの薄さをのぞけば概ね満足できる。室内で聞こえるエンジン音は小さくて音質は重厚。ここでも1.6Lを感じさせない。道路の窪みや段差を越えたときのショックのまろやかさは特筆できる。ドイツ車の頑丈さとは違う「いなし」を味わう事が出来た。間違っても日本車(トヨタ車)のようなフワフワとは違う。しなやかな足裁きに舌を巻いた。総じて言えば攻めて走る車では無い。ロングツーリングで一番真価を発揮する類のクルマであろう。1時間/40km程度走らせて貰ったが、あっという間に自分の車のように馴染んでしまうのが面白かった。この1.6Lは220万円ナリ。十分お買い得である。1.6Lでハッチバックというと活発なホットハッチを連想する人も多いだろうが、のんびりロングツーリングを楽しむ大人向きの実用車といえそうだ。
[PR]
# by newbeetle-cab | 2004-03-19 21:45 | 輸入車全般
Epson Rangefinder Digital Camera R-D1
a0009562_151053.jpg私の愛するコシナとエプソンが手を組んだ。(今風に言えばコラボレーション。)Rangefinderカメラをデジカメにしてしまうと言う一見相反するような商品だがとても気になっている。(実売価格30万円前後/レンズ別)まぁ私のような貧乏サラリーマンが手にする事が出来るまで暫く時間がかかると思われるが...。簡単に言ってしまえば数十年と言う歴史に培われた「ライカ」のL/Mマウントの名レンズたちがデジカメの世界でも活躍の場が与えられるわけだ。ライカを愛用しているような人達にとって30万円の出費は許容できるだろう。しかし、コシナ・フォクトレンダーファンに30万円は厳しかろう。1年かかるか、2年かかるか分らないがCCDの低価格化と液晶ディスプレイの低価格化がすすめば10万円で売り出される日が来るかもしれない。それを楽しみに待ちたい。そんなカメラですよ。コイツは。
[PR]
# by newbeetle-cab | 2004-03-19 20:39 | Camera
永遠の名車ですな。
a0009562_225257.jpg私にとって、8代目(R32)スカイラインは間違いなく永遠の名車です。まだ中学生だった平成元年に発売されたコイツはそれまでのデカくて重そうなハコ型のスカイラインから脱却し、筋肉美とでも言えば良いのか。とにかく、憧れにあったのである。あんなに憧れる事ってきっと、経験できないと思う。大人になってしまえばお金を出せば買えてしまいますからね....。免許の無い中学生の憧れ。けなげですね。さてさて。札幌の日産ギャラリーでは現在、2004.3.18~4.5 NISSAN STYLE WEEK 「GT-R A never-ending legend」 と題したイベントを開催中で、スカイライン2000GT (1964年S54A)から歴代のグループAやルマンで走ったスカイラインを展示している。早速行って来た訳だが、R32スカイラインをあんなに真剣に眺めたのも久し振りでした。 子供の頃スカイラインのカタログを貰いにディーラーを訪れた事を思い出したのでした。今の子供たちはどんなクルマに憧れているのかな.....??
[PR]
# by newbeetle-cab | 2004-03-19 18:28 | 日本車(ニッサン)
とうとう...とうとう...買えました。
a0009562_232614.jpgずっと探していた愛車NB-Cabのミニカー。VW純正のミニカーにはなぜか「メローイエロー」が無く涙を呑んでいたわけです。従来の製品は「ミニチャンプス」の製品でしたが、今回は「オートアート」の製品。ブランドとしては「ミニチャンプス」の方が上でしょうが、「オートアート」はなかなか精巧なつくりですよ。以前に「インプレッサWRX 22B」のミニカーに感心した記憶があります。やはり、愛車と同仕様のミニカーって嬉しいですね。送料払って通信販売した甲斐がありました。
[PR]
# by newbeetle-cab | 2004-03-19 15:14 | NewBeetle
カレーうどん(讃岐)。
a0009562_232456.jpg元来は「大の蕎麦派」であり、うどんなんて風邪をひいた時に食わされるもの~というイメージだったうどん。(私だけか...)しかし、一昨年東京の神田で「ふるさと」という讃岐うどん店がオープンした時の興奮は今でも鮮明に覚えている。丁度讃岐うどんブームの前夜。まだ開店したばかりで知名度も低く、客の入りも絶不調。静かな店内で食べた「生(き)醤油」に心底感銘を受けた。それ以来、今になっても昼飯はうどんが多い。ありがたい事に札幌市にも讃岐うどんのお店が増えた。「はなまる」と「讃岐小町」の2大チェーンだが、私は「はなまる派」かな。特に最近はカレーうどんに凝っている。中サイズ(2玉)で480円とこの店のラインナップとしては値が張るが、なかなかイケル。普通のカレーうどんよりもスープがカレーライスのルーに近い。(つまりトロミが強い。)一度ご賞味ください。
[PR]
# by newbeetle-cab | 2004-03-19 14:57 | 旅行/たべもの
ニコン普及型デジタル一眼レフ「D70」
a0009562_151444.jpg早いもので、3月も半ばである。ついこの間正月だった気もするが、雪も溶け春が近づいている。さてさて。今日はカメラ界では話題騒然のニコンD70の発売日である。先日、札幌でも開催されたニコンのD70事前体験会(札幌駅地下街)にチョット寄ってみたが、明らかにキヤノン EOS Kiss-Dよりは質感も高く、カメラとしての性能も高い。とかくカメラマニアの批評は連写性能ばかり語られているが、本質は違うのではないか。いかに気持ちよく、タイミングを逃さず撮れるか。EOS Kiss-Dは「デジタルだから」と諦めていた部分もあったがD70は随分自然に使えそうな感想を得た。やはりデジタルの世界では半年と言う時間は大きいのだろう。待っていてはいつまでも買えないが.....。今年の(私の)本命・コニカミノルタ α-7Dが出るまで指をくわえて眺めている事にしよう...。
[PR]
# by newbeetle-cab | 2004-03-19 07:21 | Camera
シトロエン『C2』が発売開始!!
a0009562_224916.jpgシトロエン・ジャポンからようやく、3ドアコンパクトカーのシトロエン『C2』が発売になった。(正確には4月1日から発売)プジョー106の姉妹車で隠れた名車とTipo等のエンスー系雑誌では崇拝されていた「サクソVTR(古くはシャンソンか....)」の後継機と言うことで期待は高まる。日本市場に導入するのは、1.4Lの「1.4VTR」と1.6Lの「1.6VTR」の2種類。両グレードともVTRを名乗ると言うことはスポーツグレードのみの導入と言うことか。これがC3との住み分けポイントかもしれない。トランスミッションは機械変速式MTと言うべき「センソドライブ」を搭載している。価格は1.4VTRが175万円、1.6VTRが194万円。 なんとか200万円以内に収まったと言う感じだ。VWルポのリーズナブルさが改めて浮き彫りになった。しかし、早く試乗してみたい1台である。私の注目は1.4Lのほうですが.....
[PR]
# by newbeetle-cab | 2004-03-18 22:48 | 輸入車全般
そろそろ履き替えるかな。
a0009562_222621.jpg私の愛車に履かせているホイールはABT NewClassic(A21)である。2000年に買ったから今年で4シーズン目。早いものである。残念な事に、2本に「ガリ傷」も付いてしまった。我が身の不注意とはいえ悲しい限り。
そんなこんなで、「もし」買い換えるならどんなホイールが良いかな?と脳内ユーザーになってみると、国産のエンケイがリリースしている「RPF1 for import」が気になっている。(17inch 8J 35 5H-100 φ73 38,850円/本) 正直言って、今のABT NewClassic(A21)はハマリ役である意味無難な選択だったかもしれない。お陰で今まで飽きる事も無く来ているが、純正チックと言えるかもしれない。RPF1を履いたビートルを見た事は無いが、挑戦してみたい気持ちはある。一攫千金狙ってみるかな...
[PR]
# by newbeetle-cab | 2004-03-17 22:27 | NewBeetle
Concept C
a0009562_225041.jpgGeneva Auto Show 2004: Volkswagen Concept C
きっとというか、間違いなく次期型の「ゴルフカブリオレ」なんでしようね。「ゴルフ・クーペカブリオレ(CC)」かな。正直に言って、惚れました。欲しいです。日本円で300万円台ならきっと買うような気がする。エンジンは110-kW / 150-hp FSI engine.FSI(直噴)に対して懐疑的な私の信用をVWのNew-engineはそれまでに獲得してくれるだろうか。それだけが心配ではある。
[PR]
# by newbeetle-cab | 2004-03-17 21:48 | VW



クルマとカメラが好きなヤツのプログ。旧(VW Car Life from north country 彩の国支店)
by newbeetle-cab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Link
ご来訪1,950,000人突破!!!有り難う御座いました。
m(_ _)m

◎移転先はこちらです◎
みんカラ

このブログは2008.07.17をもって閉鎖させていただきました。
フォロー中のブログ
今夜もeat it
奥神楽坂日誌
いつまで続くか?ナナ日記。
ガレージ197X
それいけ!めんたいこちゃ...
さつえいだ!チャーリー!
angle from t...
Standard Plus+
札幌日常日記
ロケンロールその他
North Blue☆
検索
カテゴリ
全体
R2
ツイン
NewBeetle
PASSAT
LUPO
VW
輸入車全般
軽自動車
ミニカー/チョロQ等
日本車(マツダ)
日本車(スバル)
日本車(ホンダ)
日本車(ニッサン)
日本車(トヨタ)
日本車(ミツビシ)
日本車(スズキ)
日本車(光岡)
日本車(ダイハツ)
その他クルマ関連
Camera
旅行/たべもの
我が街札幌の事
布袋寅泰
音楽の話題
キリ番の記録
その他戯言
GT4関連
未分類
以前の記事
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
記事ランキング