<   2007年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧
[ミラーサイクル復活!!]マツダ・デミオに超低燃費エンジン
a0009562_21365726.jpg
マツダは、自然吸気MZR1.3L「ミラーサイクル」エンジンを新開発し、本年7月に国内で発売を予定している新型「マツダデミオ」に搭載する。マツダ車では初採用となるCVTとの組み合わせにより、10・15モード燃費23.0km/Lを実現する。これは現行「マツダデミオ」の10・15モード燃費19.2km/Lと比較して約20%の改善。新開発の自然吸気MZR1.3L「ミラーサイクル」エンジンは、従来のMZR1.3 L DOHCアルミエンジンをベースにしており、吸気バルブの閉弁時期を遅くしてポンピング損失の低減と熱効率の向上(高膨張比)を実現。また、吸気バルブタイミングの最適化のために、シーケンシャルバルブタイミングシステム(S-VT)を採用することで、従来のMZR1.3 L エンジンと比較して燃料消費率を改善しながら、定常走行/加速走行時のトルクを確保。さらに、変速ショックがなく低速から無駄なくトルクを伝えるCVTとエンジンの協調制御により、優れた燃費性能と滑らかで気持ちの良い走りを両立しているのだという。新型「デミオ」はパワートレイン領域での燃費改善に加えて、現行モデルに比べて約100kgの車両の軽量化に成功しており、大幅な燃費向上を実現している。自然吸気MZR1.3 L「ミラーサイクル」エンジンとCVTを組み合わせたモデルは「平成22年度燃費基準+20%」を達成。SU - LEV(平成17年基準排出ガス75%低減レベル)認定取得と合わせて「グリーン税制」に適合。ここで言うところの「ミラーサイクル」は吸気バルブを遅閉じする事で、混合気の一部を戻すことによって実質的な吸気量を減らす(排気量は変わらない)こと。圧縮比=膨張比となる通常のオットーサイクルに比べ、「ミラーサイクル」は膨張比を圧縮比より高くすることが出来る。800ccの吸気で1300ccを排気すると言えばよいのか...。当然、その分燃料も節約できる計算だ。ただ、その分出力もダウンするわけだから、過去のユーノス800ではリショルムコンプレッサーで過給したのだし、プリウス(アトキンソンサイクル)はモーターのアシストを得ている。デミオの場合は過給器もモーターもない変わりに、シーケンシャルバルブタイミングシステム(S-VT)とCVTを採用することでパワーの必要なときに対応しているのだろう。やはり、「ミラーサイクル」といえばユーノス800を思い出してしまう古い人間の私としては「ミラーサイクル」がロータリーに続くマツダの象徴的パワーユニットに育つことを期待していた訳ですが、結局はフェードアウト。こんな形で再開できるとは嬉しい限り。燃費が良くなるための技術合戦は誰にも迷惑のかからない事だけに、どんどんやって欲しいですね。先日、スズキ・スイフトが1.2L+CVTで20.5km/Lを達成したのですが、デミオは遥かにハードルの高い23.0km/Lを実現した。あとはそのパフォーマンスとプライスでしょうね。今度のデミオはスイフト同様欧州志向がより強くなって個人的には大いに期待してるだけに、試乗出来る時が楽しみです。
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-05-31 22:08 | 日本車(マツダ)
[特別仕様車]New Beetle COMFi
a0009562_23255365.jpg
a0009562_23261437.jpg
フォルクスワーゲンは、ニュービートルに特別仕様車「ニュービートル コンフィ」を設定し発売した。ニュービートルは1999年9月の日本販売開始以来、現在までに累計約70,000台を日本市場で販売した。今年で早くも8年目....。歳を取るはずだ...。今回発売する「ニュービートル コンフィ」は、1.6リッターエンジン搭載のエントリーモデル"ニュービートル EZ"(231万円/4AT)をベースに、現在最も人気の高いボディカラー、カンパネーラホワイトとディープブラックパールエフェクトの2色を採用。専用装備には、パークディスタンス コントロールやフロント フォグランプを採用したほか、CDラジオからiPodを直接コントロールすることができるiPod用アダプターをアームレストに内蔵、さらにフロント シートヒーターを装備した。今回の限定車「COMFi」の名称の由来は、この「快適性」や、「心地よさ」を意味する英語、“Comfortable”の俗語である”Comfy“から作った造語。販売台数は、カンパネーラホワイトが300台、ディープブラックパールエフェクトが300台の合計600台。気になる価格は236万円と、ベースとなるニュービートルEZの5万円アップ。個人的には昨年に発売された特別仕様車「クレム」の方が魅力的に感じるが、条件に合致していればお買い得なモデルではある。(個人的には赤とか黄色とかポップなボディ色こそビートルの魅力だと思っているので白黒ではつまらないなぁ。)今年は昨年に比べVW新型車の登場が少ないだけに、特別仕様車で食いつなぐ戦略か。先日紹介した"Golf 25M Edition"が250万円(6AT)ですからビートルの方が14万円ほどお安い訳ですがこの2台で悩む人は居ないでしょうね。
そうそう、先日テスト走行しているアウディA5を見かけました。日本導入も案外近いのかもしれませんね。まぁオイソレと買える様なプライスではないのでしょうが。
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-05-29 23:34 | NewBeetle
[久しぶりの更改]CREATIVE ZEN STONE 1GB
a0009562_21261275.jpg
05年の9月以来久しぶりにメモリーオーディオを更改した。なにせ、今まではわずか256MBしか容量がないにもかかわらず2万円もするという布袋モデル。ハッキリ言って性能は中の下だが、お布施と言うことで使ってきたが、ここのところ調子が悪い。フリーズしてしまうことも頻発してきたので買い替えを決意。とは言っても、今更iPodを買うのも面白くないし、動画を見るわけでもないので大型のカラー液晶ディスプレイも不要。むしろ、通勤時に軽くて嵩張らないコンパクトで軽量なボディが最適だろうと。そこで色々調べていくうちに辿り着いたのがこれ。CREATIVE社の"ZEN STONE 1GB”である。 4,980円(税込)という低価格と本体サイズが(幅x高さx奥行き)約53.7x35.3x12.8mm。本体重量は約18.5g(内蔵バッテリー含む)と非常に軽量コンパクト。余計なソフトのインストールが一切不要でストレージデバイスとしてPCに認識されるのも有り難い。なにせ、私はほぼ布袋アニキの楽曲しか聴かない(希に安全地帯とか平原綾香なんかも混じるが)ので頻繁に曲を入れ替えることもないし、シャッフルして欲しくもない。アルバムは順番に聴きたい血液型A型である。秋葉原のヨドバシで購入。家でパッケージを開け、USBに繋いでMP3ファイルをコピーしたら準備完了。アルバム13枚入れてもまだ750MB。私には充分すぎるサイズだ。試し聞きした程度だが、非常に癖のないシンプルでクリアな音を出している。価格を考えたら上出来だ。私は残念ながらあまり繊細な耳を持っていないので参考程度に。明日朝の通勤から実戦投入です。しかし、こんなものが僅か5000円で買えるんですから....私が高校生の頃はカセットのヘッドホンステレオでしたね。ソニー嫌いなのでウォークマンではなく全てPanasonicのヘッドホンステレオを愛用してましたね。シェルロックとかデルカセとか懐かしいな。初期の頃はリモコンがワンボタンで長押しとか2回、3回とかって押し分けで操作出来たと思う。後期は液晶リモコンとかワイヤレスリモコンとかどんどん進化していったけど。一体高校生活の3年間で何台買ったんだ...って言うくらいPanasonicのヘッドホンステレオ買ってたナァ。バイト代はほとんどヘッドホンステレオに消えていた??札幌の今は無きそうご電器YES(現ドンキホーテ)とか、まだ大通にあった頃の九十九電機(地下のお店)でカタログ貰ったり、値切ったり....。ソニーの出したMDのライバルとして松下がDCCを出した事知ってます??....昔話が長くなりましたが(笑)音楽プレーヤーっていうのも時代をあらわしますね。
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-05-28 21:26 | 音楽の話題
[2500万台記念モデル]Golf 25M Edition
a0009562_2022105.jpg
a0009562_20221683.jpg
a0009562_20222222.jpg
フォルクスワーゲンは、ゴルフシリーズの累計生産2,500万台を記念した特別仕様車「Golf 25M Edition」を設定した。発売フェアは6月2/3日。「ゴルフ」は1974年のデビュー以来5世代にわたり世界中のオーナーから愛されてきた。2002年にビートルの生産台数を抜いてからはフォルクスワーゲンの最量産モデルとなっている。日本国内へは1975年の導入以来、ワゴンやカブリオレ、プラスなどバリエーションを増やしながら59万台近くが輸入される人気モデルシリーズ。今回発売する特別仕様車「Golf 25M Edition」は、ゴルフのエントリーグレードである、1.6L FSIエンジン搭載の「ゴルフE」をベースに、フロントフォグランプやインチアップしたアルミホイール(205/55R16)や、ブルーステッチが入ったレザーのステアリング・シフトノブ・ハンドブレーキグリップが装備される他、デコラティブパネル"Charcoal microtec"、専用シートファブリック"Popcorn"などの内外装仕様向上に加え、クルーズコントロールやリヤ パークディスタンス コントロールなどの装備を加えた。気になる価格はベースとなる「ゴルフE」(242万円)の8万円高の250万円。販売台数は全国限定1,000台。内訳として、ブラックマジックパールエフェクト(400台)リフレックスシルバーメタリック(350台)ブルーグラファイトパールエフェクト(250台)である。ところで、ゴルフの世代別・全世界生産台数を見てみると...1世代目 680万台→2世代目 630万台→3世代目 480万台→4世代目 430万台→5世代目 280万台(モデルライフ途中)と代を重ねる毎に減ってますね(笑)。まぁそれだけVWの中でも選択肢が増えているし、ライバルも増えているって事でしょう(生産された年数も違いますし...)。 更に、日本におけるゴルフシリーズのモデル別累計輸入台数を見てみると、ゴルフ(ハッチバック)488,000台。ゴルフ カブリオレ 11,000台。ゴルフ ワゴン 82,000台。ゴルフ トゥーラン 15,000台。ゴルフ プラス 4,000台という結果です。ゴルフプラスが4000台も売れていたことに驚いた。だってトゥーランの1/4ですよ。てっきり、数百台かと思ってました。ゴルフに始まり、ゴルフに終わる。VW車の本当の実力はゴルフでこそ発揮される。私は6台もVW車を乗り継いでながらもゴルフには乗ってませんが、いつも試乗する度にゴルフの出来の良さには驚く。今でも、若かりし頃に私の運転するスカイラインをぶち抜いていったゴルフIIIのVR6。まったく歯が立たなかったと同時にゴルフとそれを生産しているVWに憧れを感じた瞬間でした。140ps版のTSIがゴルフに搭載されたらそろそろ我が家も...??
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-05-27 20:22 | VW
[フェイスリフト]トゥアレグ 日本市場でも新顔に。
a0009562_0164488.jpg
a0009562_0165119.jpg
a0009562_0165970.jpg
a0009562_01762.jpg
デュアリスやスイフトの記事を優先させたため、少し遅くなりましたが「トゥアレグ」のフェイスリフトについて。新型「トゥアレグ」は、日本では2003年9月より販売。以来7,200台を販売し高級なSUV市場でもトップクラスの売れ行きを示している。私もここまで売れるとは思ってなかった....。VWのSUV?なんて思うのは案外、コアなVWファンだけなのかも。今回は、排気量を3.6リッターまで拡大し、直噴エンジン(FSI)を採用することにより、実用燃費の改善を図った「トゥアレグV6」、そして同様にFSIの採用と装備の充実を図った「トゥアレグV8」の2グレード体制。エクステリアにおける最大の変更点は写真の通りクローム仕上げのワッペングリル及び新デザインのヘッドライトやバンパーを採用したフロントエンド。個人的には従来型の方が知的でVW車らしい気もしたが、この手のクルマを所望する人達は押し出し感命ですから....。さらに新形状のサイドミラーを装備。V8にはより大径の19インチアルミホイールを採用、リヤのコンビネーションランプとスポイラーの変更などとあわせ、実に2,300点の部品が新規に開発されとか。また従来から搭載されていた安全装備はさらにレベルアップ。砂利道などの比較的荒れた路面での制動距離を最大20%短縮するABSプラス。機能が強化された新型ESP。コーナリング時の視認性を向上させるダイナミック&スタティックコーナリングライト。急ブレーキの際に自動的に点滅し、後続車に注意を促すオートハザードランプ。クルマが転倒不可避な状態に陥った場合にシートベルトテンショナーとカーテンエアバッグを作動させるロールオーバーセンサーの追加など。その他、フォルクスワーゲン車では初採用となるキーレスアクセスを装備した。気になる価格はV6で549万円(旧型V6 Stolz比で+16万円)、V8で735万円(旧型V8 Stolz比で+2万円)と小幅の変更に収まった。しかし、直噴エンジン(FSI)を採用することにより、実用燃費改善を図ったと言うが、10・15モード値は6.9km/L(V6)....。なにせ車重が2,260kgもあるのだから無理もないが、この手のクルマに乗る人はガソリン代の高騰も気にならないだけの経済力が必要になることをお忘れ無く。ちなみに燃料タンク容量は100リットル。1度の給油で1万円を軽く超えますね。やはりTDIで乗るべきクルマだな。
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-05-26 23:16 | VW
[マイナーチェンジ]スズキ・スイフト 1.2L CVT
a0009562_23333046.jpg
a0009562_23333875.jpg
a0009562_23334689.jpg
a0009562_23335965.jpg
a0009562_2291932.jpg
スズキは「スイフト」に新開発の1.2LエンジンとCVTを搭載するなどの一部改良を施すとともに、新グレード「スイフトスタイル」を設定。さらに、「スイフトスポーツ」も一部改良し発売した。やはり、最大のニュースであり関心事は「スイフト」、「スイフトスタイル」の2WD車に、新開発のK12B型1.2LエンジンとCVTを採用し、20.5km/Lの低燃費を実現した事か。90PS/6,000rpm・12.0kg・m/4,400rpmを発揮。圧縮比はレギュラーガス仕様としてはかなり高めの11.0。従来搭載していた1.3LのM13A型は91PS/6,000rpm・12.0kg・m/4,000rpmの圧縮比9.5で17.0km/L。排気量が100ccダウンしてもパフォーマンスはほぼ同等で燃費は+3.5km/Lを達成した。アイシン製のCVTを採用したことも効いているのだろうが、個人的には11.0という高い圧縮比の貢献度も無視できないと思う。また、今回リヤシートを6:4分割可倒シングルフォールディング式と改めた(従来型はタンブルフォールディング式)。また、荷室との段差をなくす中折れ式のラゲッジボードを新たに採用したことで、長尺物の積載などにも便利な多彩な収納アレンジを可能にした。マイナーで実施するには大掛かりな変更だが、日常の使い勝手を考えると正解だろう。エクステリアはフロントグリル及び前後バンパーのデザインを変更した。パッと見では変わっていないようにも見えるが、3695mm→3755mmと60mm全長が伸びている。このあたりは実車を見て上で判断したいところだ。JNCAPで運転席5つ星/助手席4つ星とライバルの後塵を拝しているスイフトだけに改善なるか。そして、今回のマイナーで評価しなければならないトピックとしてCVT車の重量が1,000kgに抑えられたことだ。マイナー前(1.3XG/FF/4AT)は1020kgだったので-20kg。しかし、意義のある軽量化だ。なぜなら重量税が1ランク引き下がる。具体的には年間にして6300円安くなる。3年間なら18900円も安くなる。話を戻し、LEDサイドターンランプ付ドアミラーを一部グレードに採用。マルチリフレクタータイプのリヤコンビランプを採用。15インチアルミホイールも新デザインに変更。インテリアは変更点が少ないが、キーレススタートシステムを標準装備(「XE」を除き標準装備)「XS」にSRSカーテン・フロントSRSサイドエアバッグを標準装備。これについては後述する。そして新グレード「スイフトスタイル」の特長は「クラッシー&エレガント」をデザインテーマとして開発。落ち着いたブラウン基調のインテリアを採用し、男性ユーザー率が高いというスイフトにとっては女性ユーザー獲得の願いもあろう。本革とアルカンターラを使用した専用シート表皮を採用。更に本革巻ウッド調のステアリングホイールやシフトノブ、クロームメッキシフトリング、クロームメッキ3連メーターリングを採用した。エクステリアには、クロームメッキを採用した専用フロントグリルを装備。専用デザインの14インチアルミホイールも装備される。「スイフトスポーツ」は変更点が少ないものの、MT車の1速から2速への変速比をクロスレシオ化し、最終減速比をローギヤードとすることで加速感を向上。横滑りを抑止装置[ESP]を標準装備とした。またメーカーセットオプション車のシートにシャープな印象のグレー地を採用したレカロシートを採用し、派手というか玩具っぽいと言われていたインテリア全体をモノトーンで統一した。早いもので2004年11月に登場したスイフトもマイナーを迎えた。街中でも結構見かけるようになってきた。スイフトのように真面目に作られた車が売れないようではメーカーは報われない。今回のマイナーにしても、一見地味なようだがユーザーの立場になって考えられた意義のあるマイナーだと評価したい。ガソリンが高騰する昨今において、燃費性能が大幅に引き上げられた事は有り難い話だ。今回のマイナーで一点だけ残念な事がある。SRSカーテン・フロントシートSRSサイドエアバッグが売れ筋の1.2L/1.3Lに用意されなかった(OPでも選択できない)こと。スズキはメーカーOPを極力減らすことで生産効率を上げたいようだが、価格を数万円あげたとしても標準装備(最低でもメーカーOP)にして欲しかった。欧州志向の素晴らしいクルマなのに安全装備に抜かりがあるというのはどうにも理解しがたい。安全装備へのコスト意識が低い日本のユーザーニーズに迎合して欲しくなかった。本当ならばESPもスイフトスポーツだけではなく、全車に標準装備して欲しい(ESPはスポーツのみに設定)位なのだから。私がスイフトを買うとしたら当然1.2LのCVT(XG Lパッケージ 127万円)がメイン候補だが、エアバッグの件だけがネックで1.5LのXS(142.8万円 追加されるサイドエアバックを6.3万円とフォグランプ3.6万円と仮定すれば1.5L化による差額は5.9万円。)と悩むことになるだろう。燃費は16.4km/Lに落ちてしまうが...。おおよそ同価格帯のライバルとなる日産マーチやノート。トヨタ・ヴィッツ、マツダ・デミオは全て1.2~1.3Lのベーシックモデルでもサイドエアバックが選択可能(相場は+6~7万円)なのだ。今後、特別仕様車でも良いから1.2LのCVTにサイドエアバックを装備して欲しい。
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-05-25 23:34 | 日本車(スズキ)
[今年も見れました]道庁赤レンガ ヤエザクラの絨毯
a0009562_2357893.jpg
a0009562_2357199.jpg
Photo:RICOH Caplio R5
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-05-24 23:57 | 我が街札幌の事
[ニューモデル]日産・デュアリス
a0009562_2149884.jpg
a0009562_21493666.jpg
a0009562_21501787.jpg
a0009562_2150504.jpg
日産自動車はミドルサイズクロスオーバーSUV「デュアリス」を発売した。いつものテーマは「SHIFT_mobility」デュアリスは機動力をシフトするだそうで、街中を颯爽と駆け抜けるミドルサイズURBAN SUVというイメージらしい。ちなみに「デュアリス」車名の由来は乗る人に、ONとOFF、デュアルライフでの充実を提供したい、という想いが込められているとか。少し苦しい気もするが。ヨーロッパでは「キャッシュカイ」を名乗る。販売目標台数は2,000台/月。すべて英国日産のサンダーランド工場で生産する輸入車である。デザインはパッと見るとムラーノの弟分って感じですが、実車をみるとそうでもない。なかなか塊感溢れるスタイリングでとても魅力的だと思った。相変わらず、日産はリヤビューのまとめ方がイマイチな気もするが。欧州市場の日産SUVにも通じるデザインを採用したフロントグリルが個人的には印象的だった。 ボディ色はダイヤモンドシルバー・アーバンセメント・メットブラック・カフェラテベージュ・レディッシュカッパーの5色。インテリアは正直言って安っぽい。価格もそれなりに低価格ではあるが、もうひとふん張りして欲しかった。特にメーカーopのナビ無しの場合はチープ過ぎる。上級グレードのGはUVカット仕様の6mm厚合わせプライバシーガラスを採用した大開口"スタイリッシュガラスルーフ"を採用。室内の開放感を演出する。最近でかいサンルーフが流行ってますね。エンジンはMR20DEを搭載。ミッションは新開発のエクストロニックCVT-M6(6速マニュアルモード付)を採用。ASC(アダプティブシフトコントロール)機能により、ドライバーの運転スタイルや走行環境に応じて動力性能と燃費の双方が最適になるように変速タイミングを調整する。さらに4WDシステムは「エクストレイル」で採用されているオールモード4×4システムを搭載。状況に応じて2WDモード、AUTOモード、 LOCKモードの切り替えが可能。最低地上高は205mmと十分な数字を確保。10・15モード燃費値において、このクラスとしては結構良好な14.2km/L(2WD)を実現。操縦安定性を重視してオールシーズンではなくサマータイヤを採用する。 気になる価格は20Gが222万円。20Sが195.3万円と200万円を切ってきた。また4WDの20G FOURは243万円で20S FOURが216.3万円とリーズナブル。輸入車であることを考えると相当値付けは頑張ったのだろう。(低価格化のためにグレードを絞った感もあるが)しかし、個人的にはイギリス生まれの輸入車でありながらサイド+カーテンエアバッグとVDCなど安全装備が+13.6万円のメーカーOP化されていることが残念だ。ガラスルーフなんてメーカーOPでも構わないから安全装備は標準にして欲しかった。私はこのクルマ降雪地帯で走るのでなければFFでも構わないような気がする。ヨンクっぽい性格はエクストレイルに任せ、デュアリスは街中を走るほうが似合う。言うなれば車高の高いゴルフプラスみたいなものか。(本国ではそれをクロスゴルフと言う)こういうクルマが(価格も手ごろで)現代のファミリーカーなのかもしれないね。英国ではなく、日本で生産したとしたらもっと安かったのかな....。なぜ英国製で無ければならないのかは釈然としないが、低価格でスタイリッシュなデュアリス。ここのところ不振が続く日産の救世主となるか。
Photo:RICOH Caplio R5(インテリア写真除く)
a0009562_20405424.jpg

[PR]
by newbeetle-cab | 2007-05-23 21:47 | 日本車(ニッサン)
[札幌・初夏の風物詩]今年もライラック祭りの季節です。
a0009562_20465327.jpg
a0009562_20471424.jpg
こんなにピーカンの晴天なのに、気温は15度くらいと言う事で今時期の札幌は本当に気持ちが良いですね。空気も綺麗だし。あぁ、戻りたくない...。今年もライラック祭りの季節になりました。ライラックもまもなく見頃って感じかな。札幌の街を歩いているとナンボでも写真撮れるんですよね。愛機Caplio R5もイキイキしてます。
Photo:RICOH Caplio R5
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-05-22 23:45 | 我が街札幌の事
[ゾロ目ゲット~♪]ようやく3333km到達です。
a0009562_20203141.jpg
a0009562_20205036.jpg
ニュービートルがようやく3333km到達。随分と伸び悩んでますが、まぁ無駄に距離を伸ばしても仕方がないので...。まもなく(6/上)納車半年を迎えるビートル君ですが、私が出張へ出ていることがあまりにも多いので駐車場で待機の日々。しかも、ツイン君が加わった事で近所の買い物みたいなチョイ乗りにも登板チャンス無しですから、伸び悩むわけだ....。でも今日みたいに湿度が低く、天気の良い日はオープンカー日和ですね。最高に気持ち良かった。洗車もバッチリしたし。あとはのんびりロングドライブへ出掛けたいところなんですけどねぇ...。
Photo:RICOH Caplio R5
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-05-21 20:20 | NewBeetle



クルマとカメラが好きなヤツのプログ。旧(VW Car Life from north country 彩の国支店)
by newbeetle-cab
Link
ご来訪1,950,000人突破!!!有り難う御座いました。
m(_ _)m

◎移転先はこちらです◎
みんカラ

このブログは2008.07.17をもって閉鎖させていただきました。
お気に入りブログ
今夜もeat it
奥神楽坂日誌
いつまで続くか?ナナ日記。
ガレージ197X
それいけ!めんたいこちゃ...
さつえいだ!チャーリー!
angle from t...
Standard Plus+
札幌日常日記
ロケンロールその他
North Blue☆
検索
カテゴリ
全体
R2
ツイン
NewBeetle
PASSAT
LUPO
VW
輸入車全般
軽自動車
ミニカー/チョロQ等
日本車(マツダ)
日本車(スバル)
日本車(ホンダ)
日本車(ニッサン)
日本車(トヨタ)
日本車(ミツビシ)
日本車(スズキ)
日本車(光岡)
日本車(ダイハツ)
その他クルマ関連
Camera
旅行/たべもの
我が街札幌の事
布袋寅泰
音楽の話題
キリ番の記録
その他戯言
GT4関連
未分類
以前の記事
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
人気ジャンル
記事ランキング