<   2007年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧
[フルモデルチェンジ]三菱・デリカD:5
a0009562_2312023.jpg
a0009562_2312972.jpg
a0009562_2313553.jpg
a0009562_2314036.jpg
三菱自動車は、ミニバン「デリカD:5(ディーファイブ)」を発売する。5代目の「デリカ」となる「デリカD:5」は、「さまざまな走行環境下で、多くの乗員を安全に目的地まで運ぶ」という "デリカブランド" の特長を発展させ、「ミニバンの優しさ」と「SUVの力強さ」の融合を開発テーマにした。「デリカD:5」の具体的な商品特長として、「アウトランダー」をベースにワンボックスタイプのミニバンでありながら、三菱自動車のオール・ホイール・コントロール(AWC)思想のもと、電子制御4WD、ASC(Active Stability Control)の採用や、悪路での高い走破性を発揮する十分な対地障害角と最低地上高を確保することで、走行性能の向上を図った。また、環状骨格構造の新開発「リブボーンフレーム」を採用、さらに三菱車初の運転席SRSニーエアバッグの標準装備、柔軟性・復元性に優れた樹脂フェンダーの新規採用などを盛り込んでいる。室内には "クリーン" "ストレスフリー" "安心・安全" をテーマとした「cocochi(ここち)インテリア」として、紫外線・赤外線の室内への侵入を低減する「UV&ヒートプロテクトガラス」や、「脱臭機能付クリーンエアフィルター」「消臭天井」を標準装備する。ラインナップはガソリン直4-2.4L・4WDのみの5グレード展開で(M/G/G-Powerパッケージ/G-NAVIパッケージ/G-プレミアム)価格は261.4万円~341.2万円(税込)となっている。ミッションは全車CVTだが、G-Powerパッケージ以上は6速マニュアルシフト機能付きとなる。販売目標台数は2300台/月と売れ筋のミニバンクラスとしては控えめな数字を掲げている。デザインは先代の「デリカ・スペースギア」よりも先々代にあたる「デリカ・スターワゴン」にヘリテージを感じるのは私だけか(当時デリカスターワゴンって結構カッコイイなと思ってました。特にプロジェクターヘッドランプを採用した90年式以降の後期型が好きでしたね)。改めて「デリカD:5」を見て行くと面白いくらいにスクウェアフォルム。無駄が無いという意味では潔いし、なかなかインパクトがある。最低地上高を210mm(先代比+20mm)確保した事はオフロードだけではなく、積雪路面等でも威力を発揮するだろう。ボディサイズは4700mm×1795mm×1870mmと5ナンバーサイズに収まっているセレナやステップワゴンより随分幅の広いボディを採用する。このあたりはアウトランダー(全幅1800mm)とプラットホームを共有していることが要因だろう。4WDしかラインナップしていない(いずれは2WDも追加されると思うが)事もデリカらしいところ。インパネに関しては無骨さを演出したいのだろうが、少し退屈か。価格的にもセレナクラスよりは多少高めで、ライバルは同じ2.4Lエンジンを採用するトヨタ・エスティマあたりだろうか。(エスティマの4WDは287.7万円~)この手のクルマは電動スライドドアやカーナビ、リヤモニター、サンルーフ...とメーカーOPを積んでいくとあっという間に50万円以上価格が上がってしまう。(売却時はあまり加点要素になるとは思えないのだが...)それは「デリカD:5」も例外ではない。もし私が地元北海道でミニバンを探すことになったと仮定すれば「デリカD:5」なかなか魅力的かもしれない。まぁ競争の激しいセグメントですから、1年くらい待てば値引きも拡大するでしょう。マツダからもボンゴフレンディ後継車が出るという噂もあるし、今年はノア/ヴォクシーのモデルチェンジも予定されている。ミニバンユーザーにとっては話題の多い年になりそうですね。「デリカD:5」機会が有れば試乗してみたい。
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-01-31 23:01 | 日本車(ミツビシ)
[750000Hit!!]お蔭様で75万ヒットを達成しました。
a0009562_22175840.jpg
最近出張で飛行機に乗ることが多く、ささやかな楽しみとして毎回"雲海"の撮影をしている。(その為に毎回窓側の席をゲットしなくてはならずそれなりに苦労するのだが)当たり前だが毎回違った表情を見せてくれるのが面白い。まぁ飛行機のなかであまり寝られないタチなんで...。もちろんCaplioR5で撮っているのだが、こういう写真が撮れると嬉しくなりますね。フイルムカメラではなかなか露出が難しい気がする被写体ですが、すべてAUTOでドンピタでした。お蔭様で75万ヒットを達成しました。いつも有り難う御座います。このペースで行けば、今年中に100万達成かな??なんとかその日まで休載せずに頑張りたいと思います。
Photo:RICOH CaplioR5
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-01-30 23:17 | キリ番の記録
[本当はこれぞ新型ADバン]ダシア・ローガンVAN
a0009562_23442563.jpg
a0009562_23443387.jpg
a0009562_23444013.jpg
a0009562_23444686.jpg
ダシア(ダチアとも呼ぶ)のローガンは低価格モデルとして東欧を中心に売上げを伸ばしているルーマニアのメーカーでルノーグループである。ローガンは“5000ユーロカー”として華々しくデビューし、彼の地ではセールスも順調の様子。日本ではあまり知られていないメーカーだが以後お見知りおきを。このクルマ、私の記憶が間違いでなければ日産・ルノーのBプラットホームを使っている。早い話、マーチやルーテシアと兄弟車種なのだ。と言うことは....ウイングロード/ADバンとも兄弟なのである。なんだったらローガンバンをADバンとして売り出せば良かったのに...とまでは言わないがこの道具感覚溢れる内外装はなんか惹かれますね。日本でもローガン売らないかな?ルノーブランドで....。まぁ普通に日産ティーダ・ラティオと被りますからあり得ないと思いますが..
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-01-29 23:44 | 輸入車全般
[だんご3兄弟?]アルト・キャロル・ピノ勢揃い。
a0009562_2240184.jpg
a0009562_20522870.jpg
a0009562_21542858.jpg
写真の通り、アルトOEM三兄弟が勢揃い。こうしてみると、フロントバンパーの違いだけで結構キャラクターを上手く変えていることに感心してみたり。基本的にはこういう小手先の作り分けって嫌いなんですが、少し達観して考えればアルト(OEM含め)って日本で一番多くのお店で買える車なのかもしれませんね。少し歴史をおさらいすると、スズキアルトが誕生したのは1979年(昭和54)のこと。現行型で6代目となる。ワゴンRにスズキの看板車種の座を譲り渡して久しいが、未だその存在感は小さくない。もちろん、永遠のライバルはダイハツのミラだろう。一方、マツダのキャロルは1962年発売された360cc時代まで遡るが、そのブランドは永らく空席であった。スズキアルトをベースにマツダオリジナルの内外装を纏いキャロルが新しく誕生したオートザム店の主力商品として復活したのは1989年のこと。当時としては度肝を抜くファニーフェイスなクルマだった。しかし、マツダも苦しい時代を迎えオリジナルデザインのキャロルではなく、アルトのOEM車を新軽規格の施行のタイミング(1998年)からキャロルとして売る様になってしまった。現行キャロルはアルトOEMモデルとして2世代目。日産ピノは4車種目の軽自動車(モコ・オッティ・クリッパー・ピノ)として先日販売が開始されたばかり。ここのところ、苦戦が続く普通車をカバーするべく台数の稼げる軽自動車は今の日産にとってかなり有り難い存在になっている。そろそろ日産オリジナルデザインの軽自動車を三菱なりスズキに委託生産するような気合いの入ったモデルが出ないかと期待しているが、今のところそんな動きはなさそうだ。本家本元のスズキアルトには「アルト・バン」が設定される。VP(2WD/5MT)66.6万円という低価格にもかかわらず、両席エアバッグ・エアコン・パワステ・リモコンロックを初めとする快適装備の他セキュリティアラームまで着いてしまうのだから凄い。また、キャロル・ピノ共に2グレード(アルトのGII.X相当)だが、アルトのみ廉価版のE(2WD/5MT)70.3万円~が設定されることも大きい。しかしアルトは基本的にABSはメーカーOPか設定無し。しかし、キャロル・ピノは全車標準装備(キャロルのGII・5MTのみメーカーOP)となる。キャロルはフロントバンパー以外はほぼアルトに準じた仕様なのに対し、ピノはオリジナルデザインのシート表皮やホイルカバー等を採用する。私の手計算ではピノがアルトに対し2~3万円高い。これらの専用装備分と考えるべきだろう。キャロルは+3000円程度価格がアップするようだ。正直、これ位の価格差ならば3車種のなかで一番気に入ったフロントマスクのクルマを買って正解だろう。私はオリジナルのアルトよりキャロル・ピノの方が好みのスタイリング。ピノの"S"5MTだと86.1万円。ライバルとなるダイハツ・エッセの"L"5MTが82.9万円(別途ABS・EBD&ブレーキアシストがメーカーOP31,500円)とほぼ同価格帯。エッセは10・15モード26.0km/Lを達成しているのに対し、アルト勢は24.0km/Lとやや劣勢。また、ダイハツ・ミラはNA+CVTをスズキに先行して搭載。Xリミテッドで25.5km/Lを達成(アイドリングストップ機構付のスマートドライブパッケージは驚愕の27.0km/L)しているが、アルトのX(4AT)では21.5km/Lと差は開く。この1年間でエンジン・ミッションを含むプラットホームをすべて新しくしたダイハツにスズキはどう応戦するのかは次期型のアルトで判断するとしたい。軽自動車の世界は僅かな価格差で数車種がひしめき合う激戦区。デザインで選ぶのも悪くないが、燃費や安全装備の有無にも気を配っていくとまた面白くなる。
↓1989年発売のマツダ・キャロル。もう18年も前のクルマだが、今見ても(むしろ今見ると?)完成度の高いスタイリングだと思う。このままリバイバルしても問題なさそう。この頃フォード・フェスティバも名車だったし、オートザム・レビューも好きでした。いつの間にか古い話になりました。
a0009562_23363617.jpg

↓こちらはダイハツ・エッセ。以前はミラが担当していたエントリーモデルとしての重責を担っている。単に安いだけではなく、どことなくラテンコンパクトを類推するような古典的なスタイリングは個人的に好き。贅沢を言わなければ超ベーシックグレードのエコ(写真)が68.2万円ナリ
a0009562_22244610.jpg

[PR]
by newbeetle-cab | 2007-01-28 22:03 | 軽自動車
[撥水加工]これで雨の日も安心...
a0009562_23284159.jpg
a0009562_23285134.jpg
元々ウインターシーズンが得意ではない(スキーとか全然興味なし)上に、ここのところ体調不良や出張が続いたりでせっかくの新車にもあまり乗れていない。飛行機のマイルは海外旅行も行けるほど着々と貯まっているのだが(笑)。納車後1.5ヶ月になるというのにビートルは未だ1200km位しか走ってない。これは私のペースとしてはかなり異常。まぁ無理して距離稼いでも仕方がないのですが。今日は久しぶりに暖かい(13度位)と思える陽気の中、トップを開け放ちオープン走行を楽しんだ。空いている平日昼間にクルマで走るというのは気持ち良いですね。さて、今回初めて窓ガラスに撥水加工を施してみた。科学的データは持ち合わせていないが、関東の雨はなにか油分が混じっているのか、北海道人の私には考えられない位窓ガラスが雨の後に汚れる。窓ガラスだけではなく、雨の後はボディにシマウマの様な黒い筋がつく。(普通に考えたら怖いですね。傘を差さないで歩くなんて危険?)油膜がはったフロントガラス越しに運転するのは気持ち悪いし危険。そこで、初めての経験だがフロントウインドゥとリヤウインドゥ(幌についている小さめのリヤウインドゥ)に撥水コーティングの施工を依頼した。(本当は全部のガラス面に実施したいところだが今回はお試しと言うことで2面のみ)各部のマスキングやガラス面のゴミ・油分などの除去を実施した上でコーティング剤の塗布をしていた。パンフレットに撥水効果は最低でも6ヶ月間有効だと書いてある。どうしても平日はクルマに乗ることが少なく、降った雨がそのままガラス上で乾いてしまい水垢のスポットになっているのだろう。施工後はビックリするぐらい視界がクリアになった。最近私も眼鏡をかけているのでフロントガラスの汚れや油膜がかなり気になっていたので大満足。疲れ目の予防にもなるでしょう。あとはどの位撥水効果が持続するかですね。しかし、我が愛車ながら...このクルマでトップを開け走っていると癒されますな。いつもエンジンがどうのミッションがどうのと眉間にしわ寄せて運転してしまう私ですが、この時ばかりは「あぁ気持ちいいなぁ...」それだけ。結局私がビートルに戻ってきてしまったのはこのためかもしれないね。理屈抜きでつきあえる奴こそが本当の友達と言うし。
Photo:RICOH CaplioR5
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-01-27 00:01 | NewBeetle
[ようやくゲットしました]マクドナルド・メガマック
a0009562_15101368.jpg
a0009562_15102088.jpg
今日は会社をお休みした。ここのところ出張続きで生活ペースが狂いがちだったので心静かに色々とリセットしようかと。まずはここのところ全然乗ってなかった愛車に乗り洗車からスタート。午前10時に自宅を出発。途中のマクドナルドでにて大人気で品薄になっているメガマックを無事ゲットすることに成功した。丁度10時30分はモーニングメニューとレギュラーメニューの入れ替えの時間である。特に混んでいるわけでもなく、苦もなくゲットできて少し拍子抜け。写真の通り、ボリュームはそれなりにある。しかし、KUA`AINAの様な本格的ビッグバーガーを見慣れている私にしてみれば「メガ」って言うほどでもないかなと。ビックマックにパティ2枚追加しましたと言うわけです。しかし、普段マックのバーガーからパティの存在感(味)って希薄だと思うが、さすがに4枚のパティをほおばれば牛肉です!!と自己主張してくる。ガツンと肉が食べたいと思ったときに350円でこれが食べられるなら安い。ハンバーガーを4個食べてもこの"肉肉しい"食感は得られないのは確か。ちなみに、カロリーが気になる方のために調べてみたが、メガマックのカロリーは754kcal。ちなみに通常のハンバーガー(80円)が251kcalなのでざっと3倍。価格は4.3倍だが...。低コストでカロリーをより多く摂取したい人はやはりハンバーガーを4個(なんと1004kcal)買うべき何だな(笑)。とりあえず、人気のメガマックにありつけてヨカッタ。
Photo:RICOH CaplioR5
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-01-26 15:10 | 旅行/たべもの
[ようやくSDカードに対応]FinePix F40fd
a0009562_21182872.jpg
富士フイルムは、有効画素数830万画素の「スーパーCCDハニカムVI HR」を搭載した"FinePix F40fd"を2月下旬に発売する。ヨドバシカメラの予約価格は¥44,800(税込)に15%ポイント還元だから安い店では3万円台後半だろう。独自の画像処理エンジン「リアルフォトエンジンII」により、ノイズを徹底的に低減し、最高ISO2000の高感度をフル画素で実現。被写体ブレと手ブレを防ぐ。また最近富士フイルムが凝っている顔検出機能「顔キレイナビ」を採用。カメラを被写体に向けるだけで最短0.05秒で最大10人の顔を一度に検出し、人物の顔にピントを合わせ、顔の明るさを自動調整するのだとか。さらに、主要被写体までの距離、画面内の被写体の位置や大きさを認識し、発光量と感度設定を適切に自動調整する「iフラッシュ」を搭載。「顔キレイナビ」により主要被写体が人物であると認識できるので、人の肌の明るさに合わせたフラッシュ発光量を自動調整する。加えて、一度シャッターを押すだけで、ノンフラッシュ撮影とフラッシュ撮影をする「高感度2枚撮り」機能や、カメラが自動で最高撮影感度ISO2000と高速シャッターに設定し、手ブレ・被写体ブレを簡単な操作で防止できる「ブレ軽減モード」を搭載。また、今回の目玉である「デュアルスロット」を搭載することで、記録メディアとして富士フイルムがしつこく採用してきたマイナーメディアxDピクチャーカードだけでなく、SDカードにようやく対応した。個人的に以前スマートメディアの時代にFinePix 40iという機種を使っていたことがあるだけに、富士フイルムのデジカメは嫌いではないが、xDピクチャーカードを採用していると言うことで検討対象外にしてきた。ここに来てようやくSDカードを採用したことは遅すぎるとは思うが、賢明な選択だ。ちなみに、xDピクチャーカード陣営とも言うべきオリンパスも同日新型「μ760」等を発表しているが、こちらは相変わらずxDピクチャーカードのみ。オリンパスは独創的で面白いのだが、メモリーカードに関して言えばユーザー利益を考えたらxDピクチャーカードを採用するメリットなんて全くないことが判るはずだ。そろそろ方針転換する時期じゃないかな。(他にメモリースティックなんて言うのもあるがどっちもマイナー規格。ユーザーにメリットはない)あとは富士フイルムが光学式の手ブレ補正をいつ採用するか。やはり、光学式の手ブレ補正+高感度CCDが最強な組み合わせだと思いますよ。
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-01-25 21:55 | Camera
[目標の2.5倍]トヨタ・ブレイド 初期受注7500台
a0009562_1015351.jpg
トヨタは新型車「ブレイド」の受注状況を発表した。12月21日の発売から1月20日までの1ヶ月間で、月販目標台数3000台の2.5倍となる約7500台受注した。トヨタは" 「走り」と「格の高さ」を感じさせる独創的なエクステリアと上質で洒落たインテリア、扱いやすいサイズのボディに搭載した2.4Lエンジンにより実現したゆとりの走行性能などが高く評価されている。"と分析している。トヨタの販売力をもってすればこんなクルマでも簡単にさばいてしまうと言う恐ろしい事実が数字となって表れたわけです。凄いと言うよりは恐ろしい...。元々ブレイドはトヨタピラミッドの中で他社のクルマへ流出していたCセグメントのハッチバック需要を受け止めることが出来れば成功なのだと言うことがよく判りました。こんなコストパフォーマンスの悪いクルマ(言い換えればメーカーにとって利幅の大きいクルマ)そうそう無いですけどね(笑)。7500人のブレイドユーザーとなった皆さんが満足のいくカーライフを送られることをお祈りします。間違ってもトヨタ以外のお店で試乗などされませぬよう...
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-01-25 00:55 | 日本車(トヨタ)
[1/2サイズ=1/288]ガンプラコレクション
a0009562_16264839.jpg
a0009562_16265559.jpg
写真を見て「懐かしいなぁ」と思う人も多いのではないだろうか。その昔一世を風靡したガンプラである。ガンプラブーム(デパートに並んだりとか)を知る世代ではないが、子供の頃よく作ったモノだ。私はザク(普通のタイプ)を何個か買ってきて文字通り、量産(笑)してみたり...普通に考えれば限られた小遣いで買うのだから種類を増やすのが普通なのだろうが...我ながら変わったガキであった。それはさておき、先日ヨドバシカメラで何気なく玩具売り場を歩いているとやたらコンパクトなガンプラを発見した。それが写真の「ガンプラコレクション」と呼ばれるモノで、懐かしの1/144キットをそのまま1/2サイズ(1/288スケール)で再現している。ブラインドボックス形態(中身が判らない開けてからのお楽しみスタイル)であった。価格はこれまた1/144キットと同じ300円。早速、2箱買ってきたが「シャア専用ズゴック」と「ゾゴック」だった。正直ゾゴックはいらんな。出来れば旧ザクとかの方が良かったなぁ...。箱を開けてみれば小さいものの、懐かしい光景が。そのうちプラカラーも買ってきて仕上げるとしよう。
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-01-24 00:01 | ミニカー/チョロQ等
[アルトOEM]日産・ピノ SHIFT_ lovely days
a0009562_2240184.jpg
a0009562_22401759.jpg
a0009562_22402680.jpg
日産自動車は新型軽自動車「PINO(ピノ)」を発売する。毎度恒例のテーマは「SHIFT_ lovely days」軽でかわいい毎日をシフトする。「買ってラクラク、使ってラクラク、私のカジュアルミニ」だそうだ。今回発売する「ピノ」は、日産自動車にとって「モコ」、「クリッパー」、「オッティ」に続く4車種目の軽自動車。見ての通り、ベースはスズキのアルトである。アルトにとってはマツダのキャロルに続き2つ目のOEM先。ある意味、日本で一番幅広く売られているクルマになったとも言える。販売目標台数は2,500台/月である。エクステリアにはどことなくキューブにも似た日産フェイスを採用し、少ない点数で効果的にアルトとの差別化を実現していると思う。室内にもミルクキャラメル色でやわらかいタッチの日産専用シートファブリック採用。シートには目の形が星形のサイコロ柄をデザインし、目の数を「36524」と並べることで「365日24時間一緒に輝く」というデザイナーの願いを表現しているのだとか。運転席・助手席SRSエアバッグシステム、運転席2ステージロードリミッター付ダブルプリテンショナーシートベルト、軽量衝撃吸収ボディ、EBD(電子制御制動力配分システム)+ABS+ブレーキアシストなどを全車に標準採用(アルトは一部オプション)。グレードはシンプルに低価格なSと上級グレードのEの2本立て。それぞれに4WDが用意される(S FOUR/E FOUR)。Sは5MT(86.1万円)/3AT(91.3万円)を用意し、Eは4AT(102.3万円)のみ。4WDは+12.8万円である。個人的にはマツダ・キャロルのフロントマスクの方がスッキリしていて好みだが、ピノも悪くはない。現実的にはスズキ・マツダ・日産とお店を回って一番安い見積もりを出したところか、一番印象の良かったセールス氏から買っても問題ない程度の差。そろそろ、日産オリジナルの軽自動車を出して欲しいところだが、それは難しい(ノウハウも無いし...)のだろう。近いうちにアルト・キャロル・ピノを比較してみたいと思う。ちなみに、アルトには"E"という低価格なグレードがある。2WD・5MTが70.3万円~とかなり安い。本来アルトの魅力はこのような低価格グレードにあるのだから、ピノに"E"に相当するグレードが設定されなかったのは残念。三菱ekワゴンベースの「オッティ」は"S"2WD・ 5MTが97.6万円~となっているのでピノは11.5万円ほど安い。この微妙な差が軽自動車の世界では重要なのだろうが....。
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-01-23 00:01 | 軽自動車



クルマとカメラが好きなヤツのプログ。旧(VW Car Life from north country 彩の国支店)
by newbeetle-cab
Link
ご来訪1,950,000人突破!!!有り難う御座いました。
m(_ _)m

◎移転先はこちらです◎
みんカラ

このブログは2008.07.17をもって閉鎖させていただきました。
フォロー中のブログ
今夜もeat it
奥神楽坂日誌
いつまで続くか?ナナ日記。
ガレージ197X
それいけ!めんたいこちゃ...
さつえいだ!チャーリー!
angle from t...
Standard Plus+
札幌日常日記
ロケンロールその他
North Blue☆
検索
カテゴリ
全体
R2
ツイン
NewBeetle
PASSAT
LUPO
VW
輸入車全般
軽自動車
ミニカー/チョロQ等
日本車(マツダ)
日本車(スバル)
日本車(ホンダ)
日本車(ニッサン)
日本車(トヨタ)
日本車(ミツビシ)
日本車(スズキ)
日本車(光岡)
日本車(ダイハツ)
その他クルマ関連
Camera
旅行/たべもの
我が街札幌の事
布袋寅泰
音楽の話題
キリ番の記録
その他戯言
GT4関連
未分類
以前の記事
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
記事ランキング