<   2006年 03月 ( 37 )   > この月の画像一覧
[甦ったサニトラ...]ウイングロード inタイランド
a0009562_2249405.jpg
a0009562_2249458.jpg
a0009562_22494941.jpg
レスポンスを読んでいたら、バンコクモーターショウのリポートがあった。そこには「ウイングロード」と言う名前ではあるが、信じ難いスタイルのピックアップが写っていた。さすがに私も驚きました。早速、日産タイランドのホームページへ行ってみると...ありました。普通に載ってました。冗談ではなく、マジで現行ラインナップのようです。顔は懐かしいADバンそのものですが、言って見れば新型「サニトラ」ですよね。現地価格で41.7万バーツと言うことですから、日本円で言えば125万円くらいですね。まぁ妥当な価格です。ちなみに、タイではティアナの230JKが140.9万バーツで売られているようです。日本円に換算して425万円位ですが、日本では241万円(税込)のクルマです。どういう仕掛け(税金やら輸入と現地生産の違い等々)で価格が決まるのか判らないので深追いはしませんが.....。この「ウイングロード」は非常に不細工ですが、なんか気になりますね。日本で見たいなぁ..。サイズは全長4255mm全幅1665mm全高1470mmホイルベース2470mmとなっている。(ADワゴンが全長4175mm全幅1665mm全高1480mmホイルベース2400mmだったので少し全長が延びている事も驚いた。ホイルベースが+70mmストレッチされている。)間違っても日本で売る事は無いでしょうが、私はピックアップ欲しいなぁ...とここ数年密かに思っているのです。どうやら、三菱が「トライトン」を今年中に日本にも投入するらしいので楽しみにしているところです。 日産もティーダ・ピックアップでも作って見ないかな...。
ちなみに、元祖「サニトラ」ですが、日本では1994年に販売中止になっていますが、恐ろしくも南アフリカではまだ現役。1400 BAKKIEというネーミングで生産されてます。なんか日本で走っていたサニトラに比べるとハイルーフ化されているみたいですね。
a0009562_23312935.jpg

[PR]
by newbeetle-cab | 2006-03-30 22:49 | 日本車(ニッサン)
[AUTOCAR]雑誌連動? マイ・ファースト・カー 後編
a0009562_23253564.jpg
昨日、マイ・ファースト・カー(もし私が再びフレッシャーズに戻ったとしたら、どんなクルマで新生活をスタートしたいのかを考える企画)としてスズキ・スイフト(1.3XG)を推薦したのだが、今日一日ウダウダと昔の自分を思い出して見たりしていた。もう既に12台のクルマを乗り継ぎ、相当の無理と無駄と経済的危機(笑)を経験してきた今だからこそ、私にはスズキ・スイフトを駆るフレッシャーズが眩しく見える訳だが、正直なところ、今の若者(もしくは今私がフレッシャーズだったら..)がポジティブに(かつ本音で)クルマ選びをした時にスイフトが候補に残っているかどうか自信が無い。むしろ、マイ・ファースト・カーとしてスイフトに辿り着いたとすれば、結構達観した価値観の持ち主とでも言えばいいのか、相当渋い。悪く言えば、小さくまとまり過ぎたお利口さんなのかもしれない。(もしかしたら新しい事に挑戦しようとする若者に無難が一番サ..と、くだらないアドバイスをする"くたびれた大人"の様な事を書いてしまったのかと自己嫌悪に陥って見たり。笑;)遅いパソコンもそれしか知らなければ不満も出ないのに、一度最新式のパワフルなPCを触ってしまうと我慢できなくなる....スイフトの魅力はある程度クルマを乗ってきた時に判るものかもしれない(判らなければただの安グルマ...。)マイ・ファースト・カーとは実に奥が深い問題である。確かに、マイ・ファースト・カーから学ぶ事は非常に多いし、その後の人生に多大な影響を与える事になる。どうせ苦労して高級なクルマ(ポルシェ..ベンツ..)を買うのならば、潔く10年ローンを決め込んで23歳の自分から33歳の自分へ贈り物をすると言うのも粋な話だ。途中で飽きたり、キャッシュフローが変わらない(結婚したとか家を買ったとか..)事を祈るのみだが。また、最近は輸入車を中心に「残価設定型ローン」も盛んになっている。「自分のモノになった気がしないから嫌」と言う人が結構居るが、車検証の「所有者」の欄なんて自分だってそう何度も見るものではない。一定期間(多くは3年間)低コストで"本物のクルマ"を教材に(車種の選択を間違えなければ)してフレッシャーズを楽しむのも悪くは無い。私の経験では輸入車のローン審査は実は結構甘い(おまけに低金利で)。トヨタなどの国産ディーラーでは今でも6%前後の恐ろしいローンをフレッシャーズに押し付けている場合もある(銀行系の低金利ローンを利用できない若者は特に。)様だが、輸入車は0.9%を始め、大抵は3%以下に収まっている。(昔の私を含め)この金利差がどれだけの支払い総額の差になるか....私も授業料払いました(汗;)。また、最近の輸入車は3年間走行距離無制限保証がスタンダードになっているので、残価設定型ローンの期間中は思っている以上に維持コストは安い。200万円くらいの国産ミニバンとかを無難に(しかも大抵はくだらないオプションを付けて高い買い物をする羽目になる。)買うくらいなら、300万円台の輸入車を思い切って買ったほうが実りはあるかもしれない。形に惚れてNewMiniを買うのも良いし、雑誌等の評価を信じてゴルフGTIに乗ってみるのも面白い。FRに拘ってBMW1シリーズ(116i/118i)に行くも一興。個人的には(形が気に入るなら)ニュービートル・カブリオレもオススメの1台に入れておきたいところだ。しかし、これらのクルマでは会社の諸先輩方の陰険な指導が怖いと言う封建社会的な企業に入ってしまったのなら、5月までに退職するか、少し妥協してマツダ・アクセラやロードスター。知的派を装ってプリウスを乗り回すのもマル。(車検までの3年間で会社の社風を変える努力もお忘れなく。)........と色々クルマの名前は浮かんでくるものの、決定的な結論は出てこない。きっと1つの答えに終着すべきではないのかもしれないが。少なくとも、経験に無駄なものは無いし、若い時は「何もしなかった事を悔いる」ぐらいなら「してしまった事を悔いる」ほうが後に幸せなのは間違いない。もし今私がフレッシャーズだったら..ゴルフGTIでも無理して買って山道を走っているのかもしれない。結局、高いローンと保険代、ガソリン代....等にヒーヒー言っているのだろう。クルマがインプレッサからゴルフGTIに変わっただけ。少なくとも、スイフトは買えない(選べない)だろうな...。この気持ち判ってくれますか??
[PR]
by newbeetle-cab | 2006-03-29 21:48 | VW
[AUTOCAR]雑誌連動? マイ・ファースト・カー 前編
a0009562_0145576.jpg
ここ数年は毎号買っている「AUTOCAR」の最新号で「Ticket to Ride マイ・ファースト・カー このクルマではじめるカーライフ」という企画を読んだ。結構やっつけな企画だったのだが、なんか面白かった(汗)ので、恥ずかしげもなくパクッて見たいと思う。早い話、今自分が「マイ・ファースト・カー」を手に入れるようなフレッシャーズ(一応前提は新社会人のクルマ選びと言うことらしい。)であったとしたら、どんな車に乗りたいか...という事を既に若者ではないオジサン達が勝手に決め付けるという乱暴な企画である。なにせ、私が免許を取りに行ける歳(18歳/平成5年/1993年)になってから早13年。まだ若いと(自分の中で勝手に)言いつつも、その頃憧れていたクルマは既に立派なポンコツ。93年と言えば、ロードスターだってまだ「ユーノス」だったし、ゴルフは"III"になったばかり。ワゴンRが登場したのも93年だ。当時の私は携帯電話なんて持ってなかった。スカイライン(R32)をマイカーにする事が最大の夢だったし、日産のクルマこそが世界一だと思っていた(笑)少なくとも、輸入車なんて自分には一生関係の無いお金持ちが買うものだと信じていたのだからカワイイものだ。自分の飯を買うくらいならガソリンを入れたいと思っていたし、暇さえあれば用もアテもなく走り回っていた。どう考えても、今(平成18年/2006年)の若者が私の時代と同じ価値観だとは全く思えないし、お金の使い道だって多様化してる。結局は今の若者にはこんなクルマに乗って欲しい...という願望でしかない訳で、当の若者に言わせれば単なるおせっかいだろう。まぁたまにはそんな妄想も悪くないか....。
少なくとも、親が入社祝でBMWを買ってくれた...なんて恵まれた環境のお子様には何もアドバイスを差し上げる事は出来ない。好きな車を買ってもらうべし。しかし、限られたアルバイト代+仕送りでやりくりしているような学生や新社会人になって実は学生時代のアルバイトの方が手取りが多かった...なんて青ざめているような新入社員の生活レベルならば、私にも覚えがある。なにせ新入社員の時(学生時代は安い中古を乗り継いでいたが)、自分の手取りが幾らなのか(手取りで15万円は無かった筈。)も良く判らないまま、「社会人になった以上は新車で280馬力のクルマが買いたい」と言う勢いだけでインプレッサWRX-STi(クーペのtypeR)を新車で買ってしまい(総額350万超)毎月の食費よりも明らかに高い(笑)ローンに加え、超高額な自動車保険と底なしのガソリン代に四苦八苦したのだから。正直、金利だって何%(スバルのディーラーローンだったはず。)だったんだろう...。まぁ明らかに悪い見本ですね。多少は周囲に自慢位は出来たと思うが、今思えばこの時期(だからこそ)にしておくべき事がもっと沢山あったのかもしれないと胸が痛む。
私は今の若者はクルマ選びに関して言えば恵まれていると思う。なぜなら、軽自動車やコンパクトカーと言った比較的低価格なクルマでも素晴らしいクルマは沢山あるし、選択肢も多い。(更に若者が軽自動車に乗っていたとしても違和感が無い。彼女が軽自動車でも気にせず乗ってくれるみたいだし。うらやましい...)私が現役だった頃にあったコンパクトカーといえば、EP82型と言われたスターレット。これはヒドイクルマだった...。K11型マーチが出たばかりだったが、オトコが乗れる雰囲気ではなかったな。しかし、今ならば「スイフト」「デミオ」「ノート」「キューブ」「エッセ」...選び放題である。携帯電話などお金がかかるモノが沢山ある今の若者にとって、クルマ(本体及び維持費)に割けるコストは多くない(ハズ)。中途半端に見栄を張ったクルマ位なら後で幾らでも乗れるが、若い時にしかできない事も沢山ある。やはり、私は「スズキ・スイフト」を推薦したい。もちろん、シンプルな1.3XG(2WD/4ATで117.6万円)である。(さすがに5MTをオススメは致しません。乗って欲しいけど。)走ってヨシ。大人4人が普通に乗れて、結構荷物も積める。燃費も良くて維持費も安い....。最高の相棒だ。(下手にゴテゴテとオプションをつけてはいけない。サラッとね。)最近新型Bbが売れているようだが、私個人的な願いをいえば、マイ・ファースト・カーで運転を嫌いになるようなクルマにあまり乗って欲しくない。彼女を家まで送り届けたその帰り道で独りつい眠くなってしまうような退屈なクルマを「普通」だと思ってしまうことはあまりにも惜しい。その後のクルマ選びにも悪影響が出そうだ。皆さんなら何を推薦しますか。雑誌ではパンダ、カングー、フェアレディZ、Gクラス、マーチ12SR、911カレラ、ロードスターと全く持って言いたい放題のようだが。
[PR]
by newbeetle-cab | 2006-03-28 23:44 | その他クルマ関連
[プチ撮影会実施]札幌モエレ沼公園にて
a0009562_213442100.jpg
a0009562_21344699.jpg
a0009562_2134502.jpg
a0009562_21345571.jpg
今日は午後から札幌も晴れ間が出てきた。ポカポカ陽気には程遠い気温だが、家でじっとしているのは勿体無いと洗車用具とカメラを持って出発。外気温は6~7度。しかし、皆考える事は同じようで、洗車場はどこも一杯だ。ココも駄目、あそこも満杯だ...と洗車場を巡る羽目となったが、国道12号線のイエローハットで空きを見つけ、無事洗車開始。ルポに比べると相当ボディが大きいし、長いルーフの洗車は大変ですね。なにせ、ルポのときは高圧洗車機の時間を持て余していたが、パサートの場合は時間ギリギリ。もちろん、拭き上げにも体力を要します。ブレーキパットダストも結構出ているようで、ブラシでゴシゴシ....。運動(体力)不足を痛感しました。苦労の甲斐あって、新車の輝きを取り戻したパサートを駆ってモエレ沼公園へ。まだシーズンオフの季節だからのんびり写真が撮れる。約1500kmをパサートと共にして事で、お互いに打ち解けてきたのか、ようやく自分でも満足の行くパサートの表情を撮れるようになって来た。写真とは不思議で奥が深いものだと改めて思う。
Photo : istDs+SIGMA 55-200mm
[PR]
by newbeetle-cab | 2006-03-26 21:34 | PASSAT
[マイナーチェンジ]フォード・フィエスタ
a0009562_19543057.jpg
フォードはコンパクトカー「フィエスタ」をマイナーチェンジした。今回のマイナーチェンジでは、ヘッドランプ、フロントグリル、フロント/リアバンパーなどのデザインを変更が目を引く(チト無難な方向に行き過ぎましたかね..)。15インチアルミも新デザイン。内装も一新し商品性を向上した。グレード体系も見直し、以前は上級グレード「GHIA」とエントリーグレードの「GLX」の2つだったが、今回からは「GHIA」のみの設定とした。カラーバリエーションも見直し、ボディカラーは赤青黒銀の4色になった。気になる価格は1.6L/FF/4ATで196万円。個人的には前期モデルに有った日本車には無い「フレアーメタリックオレンジ」や上品な「オイスターシルバー」が気に入っていただけにいかにも無難な4色に絞られてしまった事は痛い。内装の質感が上がって商品性が増しているだけに残念。ただ、フォード車は認定中古車が比較的安い上に程度極上車がゴロゴロしているある意味「宝の山」状態なだけに、少し発想を切り替えれば旨味のある買い物が出来る。120万円あればタマ数も豊富だ。(新車でスズキ・スイフト1.3Lを買うか、2004年式位のフィエスタを認定中古で買うか..。)私の好みではスタイリングは前期、内装は後期が良い...。現行モンデオもフォーカス(先代)もフィエスタも私結構好きなんですよ。良い意味で道具としてクルマを使い切る(通勤で毎日乗るとか..)環境ならば、買うだろうな。オイスターシルバーのフィエスタってカッコイイですよ。今更ですが...。
[PR]
by newbeetle-cab | 2006-03-26 01:54 | 輸入車全般
[VW純正部品]ゴルフGTI カップカー
a0009562_23404618.jpg
a0009562_23405344.jpg
a0009562_23405850.jpg
VW新札幌さんでゴルフGTI カップカーのチョロQをゲットしてきた。(私のアンテナが低かったようで、これの発売については知らなかった。)価格も1050円(税込)と通常モデルと同価格である事も驚きだった。出来栄えについても素晴らしい仕上がりで、大変満足している。私が購入したゴルフGTIチョロQはこれで3種類目。通常モデルカップカー(チョロQレーシングチーム版)と比べて欲しいのだが、アルミホイールも今回のバージョンだけは純正ホイル形状を模している。今回のモデルの出来栄えが一番なのは明確ですね。こうしてコレクションは地道に増えていく訳です。
[PR]
by newbeetle-cab | 2006-03-26 00:01 | ミニカー/チョロQ等
[これは珍車ですね。]ニューリバーブルーのゴルフ E
a0009562_1963565.jpg
a0009562_1964049.jpg
a0009562_1964455.jpg
VW新札幌さんに珍しいクルマが入庫していると聞き、早速遊びに行ってきた。そのお目当てがこのゴルフ。知らない人には何が珍しいのか判らないと思うが、このゴルフのボディカラーはカタログに掲載されていない色で「ニューリバーブルー メタリック」という色である。本来はゴルフプラスにのみ設定されているボディ色である。ゴルフプラス自体が今のところまだ珍しいクルマの部類なので、私もこの色は初めて見た。カタログ上では結構「緑」っぽくみえるのだが、実際はその名の通りブルーの方が強い。(私が撮影した写真も少し緑がかっているが....それくらい微妙な色なんですね。)なかなか日本車では存在しない珍しいボディ色だが、案外ゴルフには似合っていると思う。(特に05モデルからバンパーモール等がボディ同色になったお陰でこう言う色も買い易くなった。)私は結構気に入ってしまった。少し他人とは違ったクルマに乗りたいと思っている人には面白い選択肢になりそうだ。なにせ、中身は通常のゴルフE(1.6L)となんら変わりの無いクルマだから安心して乗れるわけだ。私は現行ゴルフのベストバイは間違いなくゴルフE(1.6L)かGTIだと確信している。なんでも、この珍車は日本に20台程(何かの手違いで??)入ってきているのだとか。その中で、大半をメーカー直営のVW東京が捌くようだが、VW新札幌さんを含む光洋自動車系列の3店舗(新札幌・旭川・北見)で6台を取り扱う事になった様だ。この通り、現車もVW新札幌で見られる状態である。こういった変り種が好きな人は是非チェックしてもらいたい。
[PR]
by newbeetle-cab | 2006-03-25 19:06 | VW
[まずは検証です。]驚くべきコストパフォーマンス。
a0009562_22184445.jpg
a0009562_22185049.jpg
a0009562_22185615.jpg
a0009562_221904.jpg
帰宅したらVW新札幌さんより新型パサート/パサートヴァリアントのカタログが早速届いていました。まさに絶妙なタイミングです。有難う御座います。カタログをじっくりと読み、バイヤーズガイドを書いていきたいと思う。しかし、やはり新型パサートも驚くほどコストパフォーマンスが高い。このサイズ、装備レベル、そして品質で同価格帯の直接的なライバルを挙げるというのは非常に難しいのではないか。無理やりプジョー407辺りを持ってくる事も出来ようが、実際にパサートと407で悩むようなユーザーはいない(もしくはごく少数)だろう。最終的な判断は実際にステアリングを握り、試乗したあとに出したいと思うが、やはり仮想ライバル(身内のジェッタとの競合は置いておくとする。)としてはアウディA4を筆頭に、BMW3シリーズ、メルセデスCクラスという事になろうかと思う。エントリーグレードの2.0ならばレガシィやティアナなんかの国産モデルも比較の対象になろう。(新旧2.0比較は後日ゆっくりします。)私の判断結果としては、トップグレードのV6-4motionが一番お買い得だと思う。なぜなら、セダンの場合、2.0Tが365万円、 V6 4MOTIONが439万円と74万円の価格差があり、2.0L4気筒ターボと3.2L V6というユニットの違い、4motion(AWD)の有無など価格相応のコストだと思っていたが、実はV6 4MOTIONには2.0Tでメーカーオプションとなるバイキセノンヘッドライト/スタティック&ダイナミック コーナリング ライト/ヘッドライトウォッシャー/オートライト/レインセンサー付フロントワイパー/自動防眩ルームミラーの他、パワーシート等のメモリー機能(運転席シートポジション、ドアミラー角度)やカミングホーム/リービングホーム機能、フロント レザー スポーツシート等34.6万円(メーカーOP価格)分の装備が標準装備されている。その他、イモビライザーにオートアラーム(室内や牽引防止センサー付き)が付いたり、ドアカーテシランプ (フロント2個/リヤ2個)、パークディスタンス コントロール(フロント/リヤ)等V6 4MOTIONにのみ奢られる専用装備が満載。実質的には2.0Tに+30万円位でV6+4motionが買えてしまう計算だ。ちなみに、同じ6気筒+AWDでライバルを探せばアウディA4 3.2 FSI クワトロは595万円と+156万円に達する。BMWの330xiは665万円でパサート+226万円。ベンツのC280 4MATIC AVANTGARDEが623.7万円 で+184万円となる。まぁブランド料におおよそ100~150万円と言われるクルマ達であるから、これくらいの金額にはなるだろう。少なくとも価格面では競合は成立しない。(ちなみに、日産フーガ 350GT-Fourも420万円だが、キセノンヘッドランプや本革シートはメーカーOPなのでむしろパサートのほうが安い...。)比較できるとすれば、パサートのV6 4MOTIONに対して、ベンツCクラスならC180 KOMPRESSORが409.5万円。BMW3シリーズなら320i Mスポーツが450万円といずれも4気筒+FRのエントリーグレードしか選べない状態。ステータスではなく、コストパフォーマンスで言えば圧勝。しかし、知名度やブランドロイヤリティも加味されるのだとすれば(世間一般的には)良い勝負という事になるのだろうか。中身(走りや装備)を優先するか、外観(ブランド、バッヂ)を優先するか。新型パサートのカタログを開くと"「車格より品格」高級である事を競うのではなく、高品質である事を誇りたい"と冒頭から書かれている。まぁ一時期、VW自身も怒涛の様にプレミアム化に邁進していた時期があった事の反省も含めた言葉と受け止めているが、新型パサートは上手いポジショニングについたと思う。(一歩間違えれば中庸にもなりがちではあるが)先代は(後期型)W8など上級志向の雰囲気が色濃く表れたクルマであったが、新型はサイズこそアップしたものの商品性としてはパサート本来のキャラクターに回帰していると言っていい。(一部雑誌等でワッペングリルだけを捉えてアッパークラスへの挑戦と理解するのは乱暴かと。)エンジンが縦置きから横置きへ。フロントサスが4リンクからストラットへ変わった事を嘆く声も聞かれるが、そもそもベースとなるゴルフ5の出来栄えに満足している私としては取り立てて不安は抱いていない。(ゴルフ5 GTIがストラットサスだから駄目だ..なんて誰も言って無いし。)もしかしたら、ホイルベースが先代比+5mmしか伸びなかったことの原因はココにあるのかもしれないが。
[PR]
by newbeetle-cab | 2006-03-25 00:19 | PASSAT
[マイナーチェンジ]ホンダ・ザッツ ...ってまだあったのネ
a0009562_19492290.jpg
a0009562_19492755.jpg
a0009562_19493283.jpg
ホンダは軽乗用車「ザッツ」をマイナーチェンジした。タイプ構成をシンプルにし、以前の売れ筋だった特別仕様車「スペシャル エディション」の装備内容をベースに、装備やカラーなどの変更を実施する。主な変更点としてはターボモデルを廃止し、NAエンジンのみのシンプル構成とした。スモークドメッキグリルを新たに採用。マニュアルレベリング機構付ヘッドライト、サイドターンランプ、ハイマウントストップランプを標準装備。ボディカラーは、新色のシフォングリーン・メタリック、ブラックアメジスト・パールを含め、全5色とした。販売計画台数は1800台/月である。価格はコラムシフト3ATのFFが89.9万円と4WDが102.5万円のみのモノグレード。私はてっきり、先日発売が開始された「ゼスト」と入れ替わりで廃止になったものと思っていたが、どっこい廉価版という位置づけで存続が決まったと言うことか。まぁスバルのプレオが今でも現役続行(を余儀なくされている)している事と似ている。デザインの好き嫌いは別として、廉価版と言えども、ダイハツエッセの様な強力な対抗馬が居る中で、このザッツを買い求める意味とはなんだろうか。まぁ黙っていてもホンダのディーラーから軽自動車を指名買いしてくれる顧客層があるだろうから、それらの吸収で1800台/月位はいけるという判断なのかも。それにしても「ザッツ」って安易なネーミングですよね..。クルマそのものの企画も安易だったのと言うことか。
[PR]
by newbeetle-cab | 2006-03-24 19:49 | 軽自動車
[競技ベースモデル]マツダ・ロードスターNR-A
a0009562_12315664.jpg
a0009562_122286.jpg
a0009562_12221285.jpg
マツダは、昨年フルモデルチェンジした「マツダロードスター」をベースにしたレース仕様ベースモデル「NR-A」を発売する。マツダは、レース仕様ベースモデル「ロードスターNR-A」を先代のロードスターでも2001年12月から販売している。今回のNR-Aは新型をベースに特別装備として、車高調整機構付ビルシュタイン社製ダンパー、トルクセンシング式スーパーLSD、フロントサスタワーバーなどを採用することによって、スポーツ走行により適した仕様とした。この新型「NR-A」モデルは、マツダが後援するワンメイクレース「ロードスター・パーティレース(主催:ジャパンNR-Aレースアソシエーション)」に、今年の9月から参加可能となる。個人的には16インチスチールホイール(ベース車は16インチアルミホイールが標準)が地味に似合っているので気になっている(笑)。今時、スチールホイルが似合うクルマって少ないですよ。ボディカラーは既存のロードスターに用意されているボディ色から「ブリリアントブラック」、「トゥルーレッド」、「サンライトシルバーメタリック」、「マーブルホワイト」、「ギャラクシーグレーマイカ」、「カッパーレッドマイカ」の6色が選択可能。気になる価格は5MTのみで230万円。16インチアルミホイール(メーカーオプション)の価格は税込みで52,500円。先代のNR-Aは1.6LDOHCの5MTで204.8万円(15インチアルミも標準)だった事を考えれば、少し割高感が拭えない(アルミも含めれば約+30万円)ようにも思えるが、エンジンが2.0L化し、先代の125ps/6500rpm 14.5kg・m/5000rpm(パワーウェイトレシオ 8kg/ps)から170PS/6,700rpm 19.3kg-m/5,000rpm(パワーウェイトレシオ 6.6kg/ps)へ向上している事を考えれば許容せねばなるまい。少なくとも、先日紹介した「ブーンX4」 に204万円も出すのならば何百倍も有意義なお金の使い方になりそうなのは間違いの無い話。私にクルマ2台分の保管スペース(願わくば屋根付き)と潤沢なお小遣いがあれば(笑)ぜひ、2台目として夏タイヤシーズン限定で迎え入れたい車である。(これ1台のメインカー生活は厳しいですよね....既婚者としては。汗;)しかし、マツダが本気でナンバー付きの週末レーサーを育て(もちろんスポーツカーを買う消費者層の創造も含み)て行くのであれば、NR-Aは1.6Lか1.5Lへスケールダウンしてでも諸費用コミで200万円以下になるようにして欲しいものだ。何の裏づけがあるわけでもないが、しがないサラリーマンの切なる願いである。ロードスターはまだまだモデルライフも長いのであろうから、じっくり検討してもらいたい。
[PR]
by newbeetle-cab | 2006-03-24 19:31 | 日本車(マツダ)



クルマとカメラが好きなヤツのプログ。旧(VW Car Life from north country 彩の国支店)
by newbeetle-cab
Link
ご来訪1,950,000人突破!!!有り難う御座いました。
m(_ _)m

◎移転先はこちらです◎
みんカラ

このブログは2008.07.17をもって閉鎖させていただきました。
お気に入りブログ
今夜もeat it
奥神楽坂日誌
いつまで続くか?ナナ日記。
ガレージ197X
それいけ!めんたいこちゃ...
さつえいだ!チャーリー!
angle from t...
Standard Plus+
札幌日常日記
ロケンロールその他
North Blue☆
検索
カテゴリ
全体
R2
ツイン
NewBeetle
PASSAT
LUPO
VW
輸入車全般
軽自動車
ミニカー/チョロQ等
日本車(マツダ)
日本車(スバル)
日本車(ホンダ)
日本車(ニッサン)
日本車(トヨタ)
日本車(ミツビシ)
日本車(スズキ)
日本車(光岡)
日本車(ダイハツ)
その他クルマ関連
Camera
旅行/たべもの
我が街札幌の事
布袋寅泰
音楽の話題
キリ番の記録
その他戯言
GT4関連
未分類
以前の記事
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
人気ジャンル
記事ランキング