<   2005年 09月 ( 41 )   > この月の画像一覧
[マイナーチェンジ]トヨタ・アベンシス
a0009562_2323347.jpg
a0009562_2323944.jpg
トヨタは、アベンシスのセダンならびにワゴンを一部改良し発売する。今回の改良では、「Li」および「Qi」に2.4Lガソリンエンジン(2AZ-FSE)を搭載するとともに、トランスミッションに5ATを採用した。さらに、マルチアジャスタブルパワーシート(運転席8ウェイ・助手席4ウェイ)を装備するとともに、「Li」のシート表皮にアルカンターラ+本革、「Qi」のシート表皮に本革を採用し、高級感を高めた。また全車のフロントエンブレムに、ネッツ(Netz)の「N」をモチーフにしたネッツ店オリジナルのシンボルマークを採用した。 価格は2.4L 5AT/2WDのトップグレード「Qi」が 327.6万円 「Li」が273万円 2.0Lが4AT/2WDの「Xi」が231万円 4WDの「Xi」が249.9万円である。トヨタのラインナップの中では数少ない「マトモ」なセダン/ワゴンではあるが、販売はイマイチ伸び悩んでいる様子。英国生産車とは言え、ボディカラーの選択肢は相変わらず4色と狭い上に、価格も割高感が拭えない。さりとて、このクルマの素質と言うか、欧州調の乗り味に共感を抱くユーザーは「本物志向」と言う事で、トヨタのクルマは買わないと....。10数年前の初代P10プリメーラのヒットに象徴されるように、日本人の中には欧州的な走り味を良しとするユーザーも数多く居るのだが、国産/輸入車の垣根があの頃とは高さが全く異なっている昨今、あえてアベンシスを選ばせる魅力や説得力が欠けているのは否めない。私も発売当初に試乗した事があるが、わざとらしい位に欧州セダンのコピーだった。しかし、コピーに走るあまりスタイリングも全て何かに似てしまった。大きくなりすぎて自分の立ち位置を見失っているオペルベクトラの正常進化版はアベンシスなのかも知れ無い。トヨタの技術力を持ってすれば、欧州車のコピーなんか簡単に作れますよ。ホラ、出来たでしょう~。そんな雰囲気を感じてしまう。その足回りやエンジンのセッティングにトヨタとしての哲学はあるのか。そしてアベンシスは今後どこへ向かうのか...。色々な意味で興味のある車種である。それ故に、街中でアベンシスを見かけると「何故この人はアベンシスを買ったのか...」と興味をそそられる。(レースのシートカバーなんかが付いて無い事を祈る。)発売から数年を経てアベンシスがどのくらい熟成されたのか、機会があれば試してみたいと思う。どうせならドアミラーウインカー位着けても良かったのにと思っていたりする。2.4Lの「Li」273万円と2.0Lの「Xi」が231万円と42万円の差。アルミやディスチャージヘッドランプ、クルーズコントロール、パワーシート、6:4分割可倒式リヤシート、リヤセンターアームレスト等エンジン差の他にも結構な装備差も有る。しかし、残念な事にSRSカーテンシールドエアバッグ(前後席用)はトップグレード「Qi」の専用装備品だ。安全装備に差を付ける癖は抜けていない。こう言う部分は積極的にコピーして貰いたいものだ。内装がもう少し垢抜けてくれれば更に良いクルマになりそうなのだが....。全てに一歩足りないクルマだ。惜しい。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-09-29 23:23 | 日本車(トヨタ)
[お待ちかね]ゴルフGTI 06モデル パドルシフト!!
a0009562_0453848.jpg
フォルクスワーゲンは、本年6月の発売のゴルフGTIを一部変更し、発売する。今回、ゴルフGTI全車に、左右輪の路面コンディションが異なる場合でも、制動時の車両の安定性を確保する“ドライバー ステアリング リコメンデーション(DSR)” が新たに標準装備。また、デュアルクラッチギアボックス「DSG」搭載車両には、ステアリングから手を離さずに意のままの変速を可能とする“パドルシフト” および坂道における発進の際にアシストする“ヒルホルダー機能”を追加設定。さらにオプションとして、18インチのBBS製アルミホイールが追加設定された(+¥105,000)。また、ボディカラーにはシャドーブルーメタリックとユナイテッドグレーメタリック(各色とも受注生産色)を追加設定し、全6色へ。今回の仕様変更に伴い、全国希望小売価格は、6速マニュアルトランスミッション車は従来どおりの325.5万円、DSG仕様車は、5.25万円アップの341.2万円となる。(いずれも消費税込)新型ゴルフGTIは、6月の発売以来わずか4ヶ月足らずの間に2,600台を超える受注を達成しているのだとか。もちろん、このパドルシフトの追加を待っていた人も多いだろう。街中でも(少なくとも札幌では)ほとんどすれ違った事の無いGTIだが、これでますます人気もアップするのだろう。その他、シャークフィンアンテナの装着(従来はMMS装着車のみ設定)やフロントフォグランプの変更(プロジェクター → リフレクター)が出ているのも注目したい。ちなみに、DSG搭載車についてパドルシフト+ ヒルホルダー機能のレスオプションも設定が有るようだ。▲5.25万円。まぁあえて外す事はあるまい。まだ試乗も出来ていないGTI...(同エンジン搭載のGTXは乗せて頂きました。)パドルシフトも含め、是非乗ってみたい。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-09-29 00:52 | VW
[試乗インプレッション]ダイハツ・アトレーワゴン
a0009562_20485760.jpg
バモス、エブリイと来れば....アトレーワゴンでしょう。と言う事で、スズキのお店を出てそのままダイハツのお店へ。(なにせ、まもなく雪の季節となり試乗もままならなくなりますから焦りますネェ。)トップグレードのアトレーワゴン カスタムターボRS 4WD/4ATにこちらも数分だったが試乗する事が出来た。155.4万円のグレードである。外観はさすが関西メーカー。3車の中で一番派手と言うか、「ガテン系」のコッテリである。好みもあるだろうが、私の勝手なデザイン順位はエブリイ>アトレー>バモスだ。内装も落着いたエブリィに比べよく言えばポップ。(悪く言えば安っぽい...)バモスの素材感とも違う独特の雰囲気だ。各種スイッチ等のレイアウトは判りやすくて好感をもった。また、スイッチやシートの建てつけはアトレーが一番カチッとしていて質感を感じた。ボディ剛性(感)についてはエブリィとアトレーが互角。バモスがチト落ちるか。着座姿勢もエブリィに似ている。(インパネシフトのATゲートが各ギア間近すぎる気がしたが。)エンジン音は3車中一番うるさい。しかし、エンジン音として悪いタイプの音では無いので取り立ててマイナスポイントとは感じなかった。また、出足はアトレーが一番力強い。街乗りではアトレーが一番ストレスが少なくなりそう。ステアリングフィールはエブリイのほうが僅かに自然。私がアトレーを買うのだとすれば、トップグレードのカスタムターボRS からエアロパーツや一部装備を簡略化したカスタムターボR を選ぶ。4WD/4ATで145.9万円である。こちらも両席エアバッグとABSは標準装備だ。しかし装備レベルではエブリィの勝ちだ。アトレーは今年の5月発売とエブリィよりも僅か3ヶ月早かっただけなのだが...。軽自動車の開発競争は過酷である。しかし、走りでは今日のチョイ乗り比較ではアトレーの勝ちとしたい。アトレーのタイヤサイズは165/65R13でエンジンはEF-DET型水冷直列3気筒12バルブDOHCターボ 64ps/5900rpm 10.5kg-m/4000rpm を発揮する。車重は1010kgである。バモスはMRレイアウトによる天性とも言うべき低重心かつバランスの良い走りは美点であるが、今年発売になった新世代の2車種と比べてはさすがに色褪せを隠しきれない。しかも価格が高い。(そしてタイヤがショボイ...)スタイリングの好みを除けばエブリイとアトレーの2車択一となりそうだ。
ちなみに、この3車のほかにも三菱のタウンボックスやスバルのサンバーディアスがあるのだが、三菱はそもそも無視。サンバーディアスは私が仕事用の貨物バンを探しているのならば、自動的にサンバーにすると思う(赤帽さんも使ってますしね。)が、内装があまりにもビジネスライクである事と、キャブオーバー(運転手の方が前輪よりも前にいる)のレイアウトが見た目にも古臭いので却下した。(マツダスクラムはエブリイのOEMである。)私が突然、軽ミニバンに注目したのは例えば「美瑛の朝焼けを撮りたい」と思ったときに、こういうクルマならば夜のうちに現地へ着き、車中で仮眠が取れそうかな...。と思ったのがそもそものきっかけである。(ぐっすり寝てしまうと寝坊してしまいそうだが。)もちろん、セカンドカーとして維持費の安い軽自動車が大前提である。あっもちろん、空想の世界ですよ。取り急ぎ、本当に買う予定はありませんので...。しかし、どの車種も車両本体価格の高さと燃費の悪さに驚きました。むしろ、これを求めるユーザーはメインカーとしての品質を求めているからなのかもしれませんね。私の様な用途のユーザーは案外、価格も安い4ナンバーの軽ワゴンで良いのかも。NA+5MTで燃費を稼ぎ、薄っぺらいリヤシートは常に格納し、フルラゲッジモードで使うと。「漢(オトコ)」ですな。今まで一番縁遠いジャンルのクルマとしてノーマークな領域だっただけに、色々勉強になります。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-09-28 21:40 | 軽自動車
[試乗インプレッション]スズキ・エブリイワゴン JPターボ
a0009562_2025338.jpg
マイブームの「軽ミニバン」シリーズの第2回です。昨日のホンダ・バモスに続き、期待の新型車スズキ・エブリイワゴンにわずか数分だったが、試乗をしてきた。グレードは中間グレードのJPターボ 4WD/4ATのハイルーフ 148万円でエンジンはK6A型水冷直列3気筒インタークーラーターボ 64PS/6,500rpm 10.5kg-m/3,500rpm を搭載する。車重は1000kg。最新型だけあってABSも両席エアバッグも標準装備。リヤスライドドアも両席ともパワーウィンドウだ。(バモスは手回し)また、このグレードはイージークローザーが標準装備されるが、トップグレードのPZターボは贅沢にも電動スライドドアになる。バモスには設定すらなく、ダイハツアトレーもイージークローザーがトップグレードにメーカーOPされている程度である。「軽ミニバンバン」と言う事で、一般ファミリー向けにアピールする装備なのだろう。さすがハイルーフは1880mmの全高があり、もはや軽自動車とは思えないボリューム感を誇る。室内に移っても広大なヘッドルームに驚く。室内はベージュで統一され、とても落着いた雰囲気と質感を見せる。バモスが素材感で若者をターゲットにしているのだとすれば、エブリイはもう少し年上がターゲットなのだろう。私もエブリィのほうが好みだった。運転席に収まってみるとバモスよりも着座位置が高い事に気付く。エンジンの上に座るようなレイアウトである事の証だ。エンジン音は想像よりも抑えられていた。しかし、バモスよりは距離も近く音量も大きい気がする。(ターボのタービンノイズがエブリィには加算される事を差し引かなければなるまい)バモスとは違い、155/70R13のタイヤサイズは見た目にも安心感があったが、ステアリングのフィールも自然で違和感の無いものだった。乗り心地はソフト指向。バモスより峠道には向かないセッティングだろう。(さすがMRレイアウトのバモスはエブリィよりも低重心でバランスのよさを感じた。)しかし、低回転からグンと効いて来るターボのお陰で動力性能にストレスは無い。ターボがかかり始めるまでの発進加速がもたつく事位だろうか。(間違いなくその分燃費は悪いでしょうね。)バモスよりもドアの開閉音や走行フィールからボディ剛性も高く感じた。設計年次の新しさがモロに効いて来る部分ではある。残念ながら、NAモデルには3ATしか用意されないため、私が買うと仮定した場合は試乗グレードである JPターボの4AT/ハイルーフ 148万円になるだろう。昨日乗ったバモスにABSのオプションを加えた価格(136万円)にターボやイージークローザー、電動格納ミラー、スライドドアPWなどが追加されてくることを思えばむしろお買い得と言える価格設定だろう。なにせ、バモスの4WDターボは160.4万円もするのに相変わらずタイヤは145R12というショボさぶりなのだから....。(値引の事は判らないが...。タイヤもバモスのサイズでは私は恐ろしいので買い替えてしまうだろうから最低でも+5万円は予算化しておかなければなるまい。)エブリィは全般的に地味なボディカラーが多く、ドレスアップパーツも少ないと言うことでバモス本命の若いユーザーを獲得するのは難しいかもしれないが、今度の新型エブリイワゴンは結構売れるのではないかと思う。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-09-28 20:35 | 軽自動車
[試乗インプレッション]ホンダ・バモス 4WD M type
a0009562_21171639.jpg
a0009562_21172233.jpg
a0009562_21172915.jpg
a0009562_21173556.jpg
a0009562_21174119.jpg
a0009562_21174848.jpg
a0009562_21175898.jpg
今回は(私にしては...)珍しいクルマをテストしたので報告したい。ホンダのバモス。ホンダ嫌い(と言われている...)のアンチ「ミニバン」派としては縁遠いクルマで、確か1999年に発売された当時に3ATの2WDモデルにチョイ乗りして以来、約6年間ご無沙汰していた。ここのところ「ダイハツ・アトレーワゴン」や「スズキ・エブリィワゴン」の発売などいわゆる軽ミニバンの世界が注目を集めている。私も食わず嫌いではイケナイ...と先日スズキのディーラーに立ち寄り新型のエブリィワゴンを見て仰天した。室内の広さもさることながら、良く考えられたシートアレンジや涙ぐましい軽自動車枠への挑戦とも言うべきアイディアの数々。日本人が日本人らしく生活する上でこれ以上何が必要ですか...と問われてしまったような気分になった。気になりだしたらトコトンが私の信条であるため、早速試乗と言いたいところだが...なかなか試乗車を潤沢に用意しているジャンルでもないようです。そこでレンタカーを探し、ホンダレンタリース札幌にバモスの用意が有ると言う事で早速借り出した。(ここはラインナップも豊富だし安い!)朝9:00~夜18:00までの日帰りレンタルで4750円(税金/保険コミ)という安さ。走行距離制限も無いのでテストコースとして通い慣れた札幌~富良野/美瑛の往復に連れ出した。高速道路アリ、峠道アリの軽自動車には過酷なコース。グレードはエントリーモデルの「M」で4WD/4AT 131.8万円だ。実は軽ミニバンのジャンルではこのバモスが販売台数トップ。ライバル2車がモデルチェンジを果たした今、その実力はいかに。エンジンはE07Z型水冷直列3気筒(縦置)で53ps/7,000rpm 6.2kg-m/4,000rpm を発揮する。車重は1,060kg(パワーウエイトレシオは20kg/ps...)。ちなみに、2WDは3ATになり、エンジンもスペックダウンする。(46ps/5,500rpm 6.1kg-m/5,000rpm)スペックだけ見ればもう悲惨な雰囲気です。しかし、4ATを採用しているのがせめてもの救いか。ライバルのNAモデルは4WDとて3ATばかりだし。バモスはエンジンを車体中央に配置するMR方式の為、エンジン音は運転席後方から聞こえてくる。アイドリングは予想に反して静かな部類。(エンジンがドライバーから遠いためでしょう。)さすがに出足は鈍い。モッサリと加速していくが、一旦スピードが乗ってしまえば不満の無い走りを披露する。これは私が想像していたよりもずっと快適な走りだ。高速道路上でも100km/h程度の巡航は特に問題ナシ。エンジンは4速/5200~5300rpm程度回っているが風切り音のほうが大きい。4速/6500rpmの平坦路で125km/h。これが限界付近のようだ。なにせ、標準装着されているタイヤが145R12-6PRという極細プアーなサイズなだけに、ステアリングフィールも乏しいし、ちょっとしたコーナリングでも鳴きが出る。せめて、OPの155/70R13を標準で履いて欲しい。このクルマ、タイヤさえマトモなものを奢ってやれば相当走りそうな予感。(最高速度は落ちそうな気がするが....)MRレイアウトが効いているのだろう。(昔から思い続けているのだが、ホンダのクルマって何であんなにハンドル軽いのかな...。僕は嫌なんですヨネ..)峠道に入っても予想よりもずっと逞しい走りに驚いた。「あぁ~これだけ走ってくれればこれ1台で事足りるナァ....」そんな感想です。(私の期待値が低すぎたのかな...汗)コーナリング性能の限界よりも先にタイヤが音を上げるので逆にアラが見えないのかもしれない。残念な事はシートの出来。運転席もついぞ、ベストな座り方を見つけられなかった。ヘッドレストも適切な角度(ヘッドレストに頭を当てるとすごく寝そべった姿勢になってしまう。)では無いような気がする。オーディオの音質も悪い。これならいっそ、オーディオレスにしてくれたほうが有り難いのでは....。せっかくなので美瑛町「親子の木」の近くでシートをフルフラットにして本を読みながらお弁当を食べてみた。私が歴代乗り継いできたクルマでは出来ない芸当だ。もうこれは「部屋」としか言い様が無いですね。慣れないので空間を持て余しました...。(もっと広いと言うか、全高が高いバモス・ホビオもある訳で....。)今日1日で317.4kmを走行し、25.67Lを給油。燃費は12.36km/Lとあまり揮わなかった。(これ以上燃費が良くなりそうなコンディションも無さそうなものだが..)通常、この区間を愛車ルポGTIで走れば13~15km/Lは走る。最高記録は18.4km/Lだと考えればもう少し走って欲しい。しかし、レギュラーガスである事や4WD/4ATである事や高速道路・峠道など高回転状態を延々キープしていた事を考えれば妥協すべき数字なのかもしれない。軽自動車=燃費が良いと言うのは案外当てはまらない事を改めて実証してしまった。私は今回乗ったバモスには4ATがあればターボは無くても良いと言う感想を持った。確かにもっとパワーが欲しくなる瞬間も多々あるのだが、常に荷物が満載か、フル乗車で走るのでなければこれで充分と納得した。(2WD/3ATを昔乗ったときは悲惨な走りに閉口した記憶がある。)ライバル車たちも近いうちにテストしてみたいと思っている。先日テストしたダイハツ・タント L(3AT/4WD) の方が断然非力感が強かった。やはり、3ATと4ATの違いが主要因だろう。エンジン性能が限られている以上、ミッションでカバーされる領域が多いのではないだろうか。(北海道では長距離走行の機会が多いので尚更か。)タントも軽ミニバンのカテゴリーに入りそうな気がする。軽ミニバンの実力は想像以上だ。私がバモスを買うとすれば、トールタイプのバモス・ホビオのMで4WD/4AT 139.4万円を選ぶだろう。残念な事にABSがOPの為+4.2万円が必要だ。実は結構高価なクルマですよね。タイヤも社外品で13~14inchを揃えるだろうし....確かに自動車税と任意保険は安いかもしれないが、燃費まで含め、経済的とは言い難いようだ。
*目的地の美瑛も天候に恵まれたので、バモスの撮影にもチト頑張ってみました。なにせ、どう贔屓目に見ても美しいとは言えない箱フォルム。難題です。こんなレンタカーを一生懸命撮影しているやつって傍から見たら変な人だよナァ...。(縦長のテールランプがより車幅の狭さを助長しているようで好みではないですね。ホビオの横長の方が安定感があります。)
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-09-27 21:18 | 軽自動車
[外車シリーズ]第1弾 アルファ147GTA
a0009562_23121999.jpg
a0009562_2312253.jpg
a0009562_23123339.jpg
a0009562_23124052.jpg

[PR]
by newbeetle-cab | 2005-09-26 23:13 | ミニカー/チョロQ等
[小さい秋見つけた]いよいよ落ち葉の季節ですね
a0009562_236852.jpg
a0009562_2361644.jpg

道庁赤レンガ庁舎の前庭で見つけたものです。PENTAX 750Z
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-09-26 23:06 | 我が街札幌の事
[試乗インプレッション]マツダ・ロードスター 6AT
a0009562_19134173.jpg
a0009562_19134656.jpg
a0009562_19135159.jpg
*試乗に浮かれてしまい...写真撮るのを忘れました(笑)。
新型ロードスターにいよいよ試乗する事が出来ました。30分ほど豊平川河畔を中心に走らせて貰った。天気も最高で絶好のオープンカー日和。こう言う日に試乗するといけませんね....つい印鑑を押したくなります(汗)。もちろん、思いとどまりましたよ。だってまもなく、雪のシーズンですからね。グレードはラグジュアリー寄りな 2.0 VSの6AT。税込で260万円のグレードだ。 サドルタン内装で本革シートを採用した贅沢なモデルである。しかし、シートヒーターが装着されるのはこの本革シート車のみに限られるため、私がもし選ぶとしたらこのグレードになるのだろう。(寒冷地でのシートヒーターは必須ですよ。これだけでオープン走行出来る期間がグッと拡がりますから。)ファブリック派としては標準グレードのシートにシートヒーターをOP出来れば最高なのだが...。低く座り、脚を投げ出して座る古典的なスポーツカースタイルのコックピットにおさまるとやはりその低さにニヤリとしてしまう。周囲のクルマが随分と高く見える。低速時のステアリングは予想に反して軽いくらいで6ATと組み合わさって拍子抜けするほど簡単に走り出す。サイドウィンドウを閉めていれば車内はそよ風程度しか入ってこない。これはさすがオープンカーを作りなれたマツダの技術だと思う。全く風が入ってこないわけでもなく、「気持ち良いそよ風」にコントロールされているのが印象的だ。(ビュービューの巻き込み風に当たらないと満足できないと言うストイックな方には物足りないだろうが。)80km/h程度ならば隣との会話にも不都合は無い。適度に締め上げられた足回りも好印象。205/50R16というタイヤサイズからもう少しゴツゴツしているのかと覚悟していたが、堅過ぎず丁度良い。FRのハンドリングは楽しくないはずもなく、街角の交差点から充分に楽しめる出来映え。ボディ剛性も高く、試乗の範囲では不満を感じなかった。さすが2.0Lエンジン(170ps/6700rpm 19.3kg・m/5000rpm)をわずか1090kgのボディに載せるだけあって(パワーウェイトレシオ 6kg/ps!!!)6ATと言えども鋭い加速を味わえる。動力性能に不満は全く無い。右足にチョコンと力を加えるだけで猛然としたダッシュが始まる。パワーが有って困る事は無いわけだから問題は無いが、従来型のロードスターで感じていた「すべてを使い切って走る爽快さ」は後退してしまった。モアパワーを望むユーザーも多いだろうからメーカーとしても大変だと思うが......。私の好みからすればもっとドライバーとクルマが一体になって「一生懸命走る!」そんなクルマであって欲しかったのだ。また、新型ロードスターの私が指摘する最大の弱点はサウンドでは無いだろうか。エンジンはストレスなく高回転まで吹け上がる優秀なユニットではあるが、とても魅力的なサウンドとは言いがたい。先代までのロードスターに搭載されていたBP型やB6型がとりたてて魅力あるサウンドを奏でていたとは言わないが、どこか懐かしいDOHCユニット的な音だったと思う。今回のLF-VE型はあまりにも事務的と言うか、デジタル調のサウンドで共感できなかった。スポーツカーとは雰囲気から始まって音や振動など色々な要素が絡み合い、そして最後はドライバー自身がそこにシンクロしていけるかどうか(言葉にするのは難しいが...)が大切だと思うのだが、私はこのエンジン音にチト興醒めしてしまったのは事実。給排気系のサウンドはそれなりにチューニングされていたようだが。(この部分だけを言えばコペンの方がシンクロ出来ますね。)マツダ内製の6MTを駆使して走ればもう少し奥深くまで入り込めるのかもしれないが。このエンジン音1点がどうも私の中では大きなしこりとして引っかかってはいるが、それを除けば間違いなく最良のオープンカーである。しかし、ロードスターも高くなりましたね。2.0VSが税込260万円です。BOSEサウンドシステムやSRSサイドエアバッグ、DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム:横滑り防止機構)をOP装着すると約18万円の追加にもなる。(直接比較する相手でも無いし、その意味も無いのだが)実はニュービートルカブリオレのベースグレード(マイナー後/税込)が313.9万円と結構肉薄してくるのだ。Newミニのクーパーコンバーチブルが282.4万円。フィアットバルケッタが292.9万円と国産だから安いと言う時代でも無いようだ。私としてはロードスターは200万円以下で買えるクルマであって欲しいと思うのだが....
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-09-25 19:13 | 日本車(マツダ)
[昼からのドライブ]室蘭・地球岬
a0009562_20502072.jpg
a0009562_20502613.jpg
a0009562_20503417.jpg

[PR]
by newbeetle-cab | 2005-09-24 20:51 | 旅行/たべもの
[試乗インプレッション]フォード・フォーカス 2.0
a0009562_19154774.jpg
a0009562_19155271.jpg
a0009562_19155818.jpg
a0009562_1916544.jpg
ようやく新型フォーカスに試乗する事が出来た。30分程度、山道を中心に走らせて貰った。試乗したのは2.0Lの4AT(1.6Lは12月頃の発売予定)でボディカラーはシルバー。私はフロントマスクに違和感を覚えながら対面したのだが、写真で見ていたよりは違和感は減ったが、ついぞ魅力的だとは思えなかった。とくに、フォグランプ周辺のデザインがどうも...。全幅1840mmのボディサイズは圧巻。このボリューム感は良くも悪くもこのクルマの特徴と言える。幸いにも札幌周辺のインフラ環境で1840mmが致命的になるような場所は少ないだろう。スーパーの駐車場などで気を遣う程度だろうか。しかし、これが首都圏ともなれば何かと問題になるシーンも出てくるだろう。室内に収まっても幅の広さを実感する事になる。ドアの厚みも贅沢に取られてはいるのだが、助手席が遠く感じる。これは幅だけを言えばCセグメントとは言え無い。しかし、その他の質感やデザインを見れば取り立ててプレミアム感を訴えるものでもなく、常識的なCセグメントレベル。先代が欧州Cセグメントのど真ん中直球だったとすれば、新型はアメリカンナイズされたのかもしれない。なにせ、ゴルフ5(全幅1760mm)より80mmも広いのだから....。走り出して真っ先に気が付くのがフラットな乗り心地。そりゃ1840mmの全幅と1535mmのトレッドがあればフラットでしょう...と言ってしまえば終わりだが、これはこのクルマの美点だ。先代はハンドリングマシンの様なキビキビ感も併せ持ったクルマだったが、新型は終始安定志向。自分から曲がりたがるような刺激は無い。(懐が深いと言う表現も出来るかもしれないが、今日の試乗範囲ではそこまで試せなかった。)145ps/6000rpm 18.9kg・m/4500rpmを発揮する2.0L デュラテックエンジンは予想外に静かで淡々と仕事をこなす実用ユニット。しかし、組み合わされる4ATの出来がイマイチで全般的にモッサリとした印象が拭えなかった。ゴルフ5のように6ATが奢られれば印象も変わるだろうが...。 フォーカスの1330kgという車重を考えればもう少し走れても良さそうなものだが、上り坂などはチト、力不足を感じた。1.6Lではどうなるのだろうか。270.0万円と言う価格はゴルフのGLi278万円を大いに意識した価格設定だろうが、ボディサイズが大きい=クルマが高いという古臭い価値観で考えればお買い得と言えるのかもしれないが、Cセグメントのハッチバックとして見た場合、まだその仕上がりはゴルフに達してはいない。また、クーペ風に寝かされたCピラーのせいでラゲッジルームの容量は普通。せっかくのボディサイズがユーティリティに生かされていないのが残念。(さりとて、デザイン優先と言うほど美しくも無い?)結局、私の結論としては新型フォーカスは初代を超える魅力があるとは思えなかった。モデルチェンジ失敗...残念。ちなみに、同一プラットホームを採用するマツダアクセラだが、全幅1745mmと-100mmもの違いが有る。しかし、トレッドは前1530mm/後1515mmと実はほとんど変わらないサイズ。トップグレードの23Sでも4AT 207.9万円(5MTなら198.9万円と更に安い!!)と70万円も安く、エンジンもパワフル。(リセールバリューは共にイマイチのようだが....。)アクセラのほうが意図的なスポーティ方向の味付けが濃い(キツイ?)事について好き嫌いが出そうではあるが、価格差を加味して考えた場合フォーカスを積極的に推す理由が見当たらなかった。まぁアクセラが安すぎる(今度のシビックの価格を考えたらアクセラの安さが更に引き立ちました)のだと私は思うが。新型フォーカスはボディの幅の広さ(幅から来るフラットな乗り心地)が有り難い人以外にはチト薦められそうにない。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-09-23 19:16 | 輸入車全般



クルマとカメラが好きなヤツのプログ。旧(VW Car Life from north country 彩の国支店)
by newbeetle-cab
Link
ご来訪1,950,000人突破!!!有り難う御座いました。
m(_ _)m

◎移転先はこちらです◎
みんカラ

このブログは2008.07.17をもって閉鎖させていただきました。
お気に入りブログ
今夜もeat it
奥神楽坂日誌
いつまで続くか?ナナ日記。
ガレージ197X
それいけ!めんたいこちゃ...
さつえいだ!チャーリー!
angle from t...
Standard Plus+
札幌日常日記
ロケンロールその他
North Blue☆
検索
カテゴリ
全体
R2
ツイン
NewBeetle
PASSAT
LUPO
VW
輸入車全般
軽自動車
ミニカー/チョロQ等
日本車(マツダ)
日本車(スバル)
日本車(ホンダ)
日本車(ニッサン)
日本車(トヨタ)
日本車(ミツビシ)
日本車(スズキ)
日本車(光岡)
日本車(ダイハツ)
その他クルマ関連
Camera
旅行/たべもの
我が街札幌の事
布袋寅泰
音楽の話題
キリ番の記録
その他戯言
GT4関連
未分類
以前の記事
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
人気ジャンル
記事ランキング