<   2005年 07月 ( 37 )   > この月の画像一覧
[ライブCD]札幌公演のライブ音源が限定発売に。
a0009562_2311581.jpg
MONSTER DRIVE PARTY!!!「OFFICIAL BOOTLEG」LIMITED EDITION in ZeppSapporoと言う事で、先日7/16に開催された布袋兄貴の札幌公演の模様が収録されたLiveCDが届いた。これは実験的な試みで、布袋のファンクラブ及び、公式HPでのみ発売されるCDで当初1公演300枚限定だったが、注文が殺到し1000枚へ枠が広げられたものだ。公演終了後、約10日間で発送すると言う期間の短さも面白い。内容はアンコール部分をほぼノーカットで収録したものだ。今回のツアーはアンコール部分に限って言えば各公演ごとに曲目が違うらしい。ものは試しと言う事で、7/18にZeppTokyoで行われた(札幌のNextLiveでこの日はDVD収録もしている。どうやら撮り直しをしたようだが....)音源も買ってみたが、全然違う。(おまけに曲数も東京のほうが僅かながらも多いぞ...コラ!!)それにしても、聴き比べてみたが札幌のノリはそんなに悪くないじゃないか。東京だってハコ大きさや客数差を加味すればそんなに変わらん。まぁ最前列付近に陣取った人たちの気合いかんなのかも知れんが。なんにしてもとても面白い試みです。価格は1500円(税込)こんなことなら全公演分買っておくべきだったかな...。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-07-31 23:20 | 布袋寅泰
[100台限定]トゥアレグ W12 スポーツ
a0009562_20161674.jpg

a0009562_19565223.jpg

a0009562_21424536.jpg

VW新札幌さんのご好意で、先日発売されたばかりの「トゥアレグ W12 スポーツ」を撮影させて貰う事が出来た。なにせ、全国限定わずか100台の限定車である。まさか現車を拝めるとは思っていなかっただけに貴重な資料になりました。(写真も大盤振る舞い!と言う事で過去最高の7枚構成です。)まずはこのトゥアレグ W12 スポーツの概要をおさらい。 昨年秋のパリモーターショーで世界デビューを果たした世界限定500台のスペシャルモデル。
a0009562_19571574.jpg
フォルクスワーゲングループのトップユニット6.0L W型12気筒エンジンを搭載する。最高出力450PS、最大トルク600Nmという圧倒的なパワーを誇る。CDCエアサスペンション、リヤデフロック、20インチアルミホイールなどが特別装備される。内外装においても、専用デザインバンパー、ワイドフェンダー、ダブルツインエグゾーストパイプがエクステリアに力強さを与え、インテリアにおいても、レザーとアルカンタラが組み合わされた専用スポーツシート、4ゾーン独立調整式オートエアコン、マルチメディアステーションなど、トゥアレグの最上級モデルに相応しい装備が与えられる。ちなみに車重は2570kgもあるにも関わらず、パワーウエイトレシオは5.72kg/PS。もう化け物ですね。希望小売価格は1047.9万円(税込)とVW車としては異例の価格ではあるが、その内容を考えれば(きっと)納得できる範疇か。こんなクルマをポン!と買えるような人間に私もなりたいものだ....。 それにしてもこのW型12気筒エンジンは非常にコンパクトに作られている。(パサートに積まれているW型8気筒でもそのコンパクトさに驚いたのだが....このエンジンから450psの超ビックパワーが出力されるのですから...。)
a0009562_19572687.jpg
a0009562_19573533.jpg

写真で見る限りはそのデコレーションが鼻に付くようなイメージを持っていたが、実車を前にするとなかなか上手いドレスアップにまとめられていると感じた。20インチのタイヤさえもサラリと履きこなし、普通のサイズにすら見えてしまう。やはりただものではない。1975mmの全幅を誇るビックボディは迫力充分。全国でわずか100台。北海道内に限れば数台か...。公道上ですれ違う可能性は限りなく低いスペシャルモデルなだけに、貴重な経験になりました。有難う御座いました。(恐れ多い貴重なモデルですので、座っても触れてもいません。こんなクルマのオーナーになれる人が本当にうらやましいです。)
a0009562_19574668.jpg

[PR]
by newbeetle-cab | 2005-07-31 00:01 | VW
[季節の味覚]うに丼を食べに余市へ...
a0009562_2054553.jpg
a0009562_2055357.jpg
今日は久し振りにガツンと暑い日になりました。クルマの車外気温計では33度を記録。実際には30度くらいでしょうか。こういう日は海を見たくなりますね。せっかく海を見るなら美味しい海産物も食べたくなると言うことで、余市へウニ丼を食べに出掛けました。以前も紹介した海鮮工房 柿崎商店です。ここは今がまさにベストシーズンのウニを格安で食べさせてくれるお店なのです。ちなみにウニ丼は時価ですが、本日は1110円(税込)。写真の通り新鮮なウニがてんこ盛り状態ですからこれはお買い得。ちなみに、イクラ丼は714円(税込)とこれまた破格値。これだから北海道ライフはやめられませんね。肝心のお味ですが、適切な言葉を持ち合わせておりませんので月並みな表現ですが「美味過ぎ」。やはり鮮度抜群の海の幸は最高です。舌の上でトロケテしまうウニ.....。a0009562_206461.jpg
話は変わりますが、ニッカウイスキーの余市工場の駐車場で往年の名車「スバル360」のご一行様に出くわしました。1台でも珍しいのになんと4台も揃っていたとあって周囲の視線を当然のように集めていました。スバル360と言えば、1958年に登場した国民車ですからざっと47年選手。まさに「半世紀」を生きてきた代物です。(その後1970年くらいまで製造された長寿モデルでもあるのですが。)a0009562_2061467.jpg
クルマのお尻フェチを自認する私としてはこのコロンとしたスバル360のヒップはたまりませんね。そう考えると新型スバルR1のお尻はセクシー感が足りませんね。もはや工業製品と言うよりは芸術品の領域です。それに比べると現代の自動車は合理的ではあるがつまらないスタイリングですね。やはりスバル360もVWビートルの影響があるのかもしれませんね。この頃、無理をしてこのクルマを買った人達の喜びや感動は格別のものだったんでしょうね。飾り物ではなく、生きているクルマの美しさに触れ、嬉しかったです。a0009562_2095656.jpg
ニッカウイスキー余市工場の景色です。空気と水は抜群に綺麗な場所です。冬はとても厳しい土地ですが...。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-07-30 19:06 | 旅行/たべもの
[デジタル一眼レフ専用]18-50mm F3.5-5.6 DC
a0009562_22391958.jpg

私もようやく「デジタル一眼レフ専用」と言われる、イメージサークルをAPS-Cサイズに最適化したレンズをゲッとした。もはや定番となったシグマの18-50mm F3.5-5.6 DC(PK)である。*istDs上では27-75mmレンズとなる。(銀塩時代の標準ズーム28-80mmですね。)ようやく、デジタル一眼レフ上で28mm相当の画角を手にする事が出来た。(いままでは広角が必要な際はCaplioGXで補完していた。)また、デジタル一眼レフ専用と言う事で、低価格にもかかわらずシャープな写真が撮れるとの評判を聞いているだけに期待している。このレンズでどんな写真が撮れるだろうか。明日からの週末で早速テストしてみたいと思う。
a0009562_22392816.jpg

[PR]
by newbeetle-cab | 2005-07-29 22:37 | Camera
[空気の様な...]ホンダ・インスパイア
a0009562_2255116.jpg
道庁の近くにあるタイムパーキングに白いセダンが止まっていた。しかし、どうも見慣れない(見かけない)デザイン。私の場合、国産/輸入含め車名が浮かんでこない車種などほぼ無いと自負していたのだが....。近づいてみれば現行のインスパイアでした。いやぁまるで空気のように存在感の無く佇んでいた。そうでした。今のインスパイアってこんなクルマでしたね。初代はかなりセンセーショナルなクルマでした。92年1月の発売開始。途中マイナーチェンジでワイドボディが追加されデザインのバランスが崩れたのが残念。ちなみに、このクルマ本当に走りは酷かった。奇怪な縦置き5気筒エンジンのせいか、フロントタイヤのトラクションが弱い(弱く感じた)あんなに手応えがなく気持ち悪いFF車は他に知りません。(降雪地だから余計に感じたのかもしれないが。)初代は兄弟車種「ビガー」があった。2代目になると「セイバー」と改名され更に低迷。95年2月に登場。全く記憶に残っていないクルマだ。3代目は98年10月に誕生。ようやく奇怪な縦置きレイアウトは普通のV6エンジンに置き換えられた。なんと米国生産車だから「輸入車」だった。このクルマも全く記憶に残っていない。そして、現行型。「セイバー」はリストラされ、「インスパイア」で一本化。アメリカ向けのワイド版アコードをデコレーションしたモデルと言えば間違いない。気筒休止だのチマチマしたセールスポイントはあるようだが、基本的にはお買い得なビックボディセダンであるべきクルマ。ライバルは(日本では)カムリやティアナ。しかし、このクルマはアコードと差別化したかったのか無闇に価格が高い。一番安い30TEで283.5万円(税込)と結構なお値段。本来は2.4L位の4気筒で230万円くらいだともっと光りそうなクルマだろう。無理やり高級車(風に)仕立てられてしまった哀れなクルマだ。しかし、ホンダにしては脂の抜けたエクステリアデザインは悪くない。しかし、あまりにも無国籍風で「ヒュンダイ」の様に見えてしまった。このクルマの存在意義が私には判らないが、何か惜しいクルマですね。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-07-28 23:17 | 日本車(ホンダ)
[生産中止]ホンダ・NSX
a0009562_2304190.jpg
少し遅れましたが、投稿しておきます。ホンダはNSXの生産を、2005年12月末をもって終了する。しかし、NSX後継モデルに関しては、開発を進めているとしている。NSXは、1990年に量産車として世界初のオールアルミ・モノコックボディを採用した、ミッドシップ・スポーツカーとして発売された。その後、排気量アップ、6速MTの採用などマイナーチェンジを経ている。オープントップモデル「NSXタイプT」やピュアスポーツモデル「NSXタイプR」を設定するなど、バリエーションを広げてきた。約15年間の販売期間で全世界累計1.8万台が販売された。北米向けは12月末、欧州向けは9月末での生産終了を予定している。日本市場向けも既に完売状態と言うことだ。90年の9月に発売された時の事を思い出しました。時代はまさにバブル。スカイラインGT-R、Z32フェアレディZ、セルシオ、ユーノスコスモ....大きくて高級で速いクルマが飛ぶ様に売れた時代。NSXも輝かしく発売された。発売当初は納車数年待ち..なんて言われた物だが、納車待ちしているうちにバブルは崩壊し、販売も低迷。鳴り物入りで採用したオールアルミ・モノコックボディも修繕コストが高いと言う事で主戦場の北米でも嫌われた。ル・マンを始め各種レースに出てみたもののこれと言った成果は無い。あまりにもフェラーリを意識してしまったボディデザインは発売当初からどこか古臭いイメージだったが、マイナーチェンジで固定式のヘッドランプにチェンジした時点で破綻していた。結局ホンダはNSXを発売にこぎつけた事は賞賛に値するが、その後育てていく事が出来なかった。雑誌では「ピュアスポーツ」だの「孤高の存在」と書く3流評論家も居るようだが、要するに古臭いだけ。結局は消費者に支持されなかった事が何よりの証拠だ。しかし、ホンダはNSX後継モデルの開発についても表明している。(この15年間かけてNSX後継モデルが完成していないと言うのはどういう事なのかと説教の一つもしたくなるが。)今度こそ、世界に誇れるスポーツカーになる事を願ってやまない。1000万円超のNSXを買える様な裕福層はあと500~1000万足してポルシェでもフェラーリでも買える人が多いだろう。ホンダが世界に発信するスーパースポーツとは何か。真剣に考えなくてはいけない。(プアマンズ・フェラーリではダメでしょ。)軽自動車を作るメーカーにそもそも、このジャンルのスポーツカーを育てる事が出来るのか。次期モデルに期待をしたい。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-07-27 23:24 | 日本車(ホンダ)
[チョロQ]STD.65 スバル・R1
a0009562_18412487.jpg
a0009562_18413471.jpg
a0009562_18414415.jpg

7月のもう1台はスバルR1だ。どういう訳か、スバルR1は販売台数には結びつかないものの、雑誌等の評判も上々だし、トミカにもチョロQにもなっているなど興味深い現象である。チョロQに限って言えば、兄弟車種のR2が既にモデル化されている事を考えるとこっちが要らぬ心配をしたくもなる訳だ。もちろん、私としては嬉しい限りのニュースではある。やはり、軽自動車とコンパクトカーそして、ミニバンは現在のチョロQラインナップとして揃えたいモデルなのかもしれない。でも...チョロQにコペン無いよね。タントは有るのに...今からでも遅くない!コペンのチョロQ化を熱望します。その際は責任とって10台でも20台でも(これくらいが限界か...笑)買うから...。兄弟車種のR2と並べてみました。正直言って、今回のR1は少し下手。ヴィッツに稼動取られたかな。特に後姿はイマイチだ。写欲も失せる...。R2は全体的によく出来てるんだけどナァ..。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-07-26 00:01 | ミニカー/チョロQ等
[チョロQ]STD.59 トヨタ・ヴィッツ
a0009562_1840591.jpg
a0009562_18401528.jpg
a0009562_18402682.jpg

チョロQ7月の新車は「ヴィッツ」と「R1」です。早速、ヨドバシカメラでゲットしてきました。250円/1個です。まずはヴィッツから紹介していきたいと思います。個人的に現行ヴィッツのデザインは中途半端でNo!なのですが、純粋にチョロQとしての出来映えはかなり良い。パキパキとした面構成がチョロQ向きだったのかもしれませんね。きっと、現行ヴィッツユーザーがせっかくだから...と1個2個と買い求めていくうちに自ずと大ヒット商品になるんでしょう。(案外ネッツ店で貰えたりして...?)すっかり新型ヴィッツも街中ではさして珍しいクルマではなくなりました。トヨタの販売力は絶大です。先代のヴィッツとホンダ・フィットを足して割ったようなクルマになってしまい、非常にガッカリしている私ですが、世間のニーズにはあっているのでしょう。欧州ではどんな評価になるのかが興味ありますね。
さて、今回からチョロQ撮影も*istDsにバトンタッチです。いままではCaplioGXを使っていましたが、広角側28mmでマクロ撮影をするとどうしても広角レンズ特有の歪みがでます。まぁそれも味として撮ってきたつもりなのですが、今回はブツ撮り専用のレンズとして、シグマの28-80mm3.5-5.6 II Macroと言うレンズの未使用新品を超破格値で仕入れました。このレンズ、巷では低価格の糞ズームレンズと嫌われているようですが、私はデジタル一眼に装着する事で「使える」レンズになると見てました。何せ、80mm(35mm換算で120mm)時にマクロモードへ切り替える事で25cmまで寄れる訳です。ですから、この写真の様にチョロQの様な小さな物体も大きく撮れると言うわけです。(一切トリミングしてませんので。)F16~22まで絞ればこの通りスッキリとした写真が撮れて大満足。なにせ、CDアルバム1枚程度の価格ですから。クルマもカメラもブランドや雑誌の評価だけを鵜呑みにしてはいけないと言う一例になりそうです。
*ニコンのマクロレンズ「Micro Nikkor 105mm F2.8D」と比べた(比べる意味も無いんですけどね。)場合、最短撮影距離は31cmで税込7.2万円位で売ってます。1/15の価格で遊べるんですから安いものです...。って*istDsの本体+レンズでもまだ安い...。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-07-25 18:40 | ミニカー/チョロQ等
[中国製トイカメラ]HOLGA 120N 試写結果。
a0009562_16475998.jpg

a0009562_16481327.jpg

a0009562_0562611.jpg

HOLGA 120N の試写フイルムが現像から上がってきた。ネガフイルムをスキャナー(EPSON GT-X700)で読み込む作業は久し振りだ。以前はひっきりなしに動いていたのだが、D70の購入以来めっきり稼働率は低下。結構高解像度+ゴミ撮り(ICE)をしながら読み込むと時間がかかります。もちろんPCのCPUもかなり食うのでほぼ独占されてしまう訳です。やはり銀塩がメインの時代には戻れないナァ...。でもこうして面白い写真が1枚でも出てくるとその苦労も報われるナァ...と一人悦に入っていたりします。ご覧の通り、かなり周辺減光しますね。中判のレンズの癖に、6×6のイメージサークルに達していない事が判ります。おまけに周辺部は流れてます。しまいには2重ボケになってる。きっと、カメラ内部がツルツルのテカテカ状態のプラスチックなので反射しているのかも。今度ツヤ消しのタミヤカラーでも吹くかな...。普通に撮れるカメラになってしまっても面白くないのが悩みどころでは有ります。ちなみに、フイルムはフジのスーパーG100-120という一番安いカラーネガ。370円で6×6フォーマットだと12枚撮りだ。現像料金は400円。まぁ目くじらを立てる程でもないが、安くは無い。これでプリントまで頼んだとしたら....(6×6のプリントって高いはず....。)
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-07-25 00:50 | Camera
[スクリューマウント]*istDsを買った訳の1つ。
a0009562_0271316.jpg

私が*istDsを買った理由の一つとして、スクリューマウント(M42)のレンズが使えると言う事が上げられる。(まぁ*istD系のカメラを買う人にとってはメジャーな理由かもしれないが。)銀塩の一眼レフにスクリューマウントの機械式マニュアルカメラ「BessaFlex」を使っている関係でスクリューマウントのレンズが何本か転がっている。これをデジタル一眼レフで使ってみたかったのだ。1枚目の写真のレンズはAuto-Topcor 58mm F1.4というレンズで昔の銘玉をコシナが復刻した800本限定のレンズだ。このレンズが使ってみたくてBessaFlexを買ったようなものだが、期待を裏切らないコッテリとした描写がとても気に入っている。
a0009562_0273217.jpg
a0009562_028473.jpg

2枚目、3枚目と*istDs+Auto-Topcor 58mm F1.4の組合せでテスト撮影したものだが、実は問題があってペンタックス純正のマウントアダプターではコシナ製のスクリューマウントレンズは絞り開放でしか撮影が出来ない。今後の課題となる。まぁF1.4という非常に明るいレンズなだけにピントの範囲は非常に狭い。3枚目を見て頂ければお判りになるだろう。こんなシビアな写真を撮りたくなるのもファインダーの素晴らしい*istDsというカメラのお陰なのだ。少なくとも、D70ではこんな事はしない。ロシア製のレンズなどスクリューマウントを採用しているレンズは実はかなり多い。結局堕ちるのはレンズ地獄.....
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-07-25 00:28 | Camera



クルマとカメラが好きなヤツのプログ。旧(VW Car Life from north country 彩の国支店)
by newbeetle-cab
Link
ご来訪1,950,000人突破!!!有り難う御座いました。
m(_ _)m

◎移転先はこちらです◎
みんカラ

このブログは2008.07.17をもって閉鎖させていただきました。
お気に入りブログ
今夜もeat it
奥神楽坂日誌
いつまで続くか?ナナ日記。
ガレージ197X
それいけ!めんたいこちゃ...
さつえいだ!チャーリー!
angle from t...
Standard Plus+
札幌日常日記
ロケンロールその他
North Blue☆
検索
カテゴリ
全体
R2
ツイン
NewBeetle
PASSAT
LUPO
VW
輸入車全般
軽自動車
ミニカー/チョロQ等
日本車(マツダ)
日本車(スバル)
日本車(ホンダ)
日本車(ニッサン)
日本車(トヨタ)
日本車(ミツビシ)
日本車(スズキ)
日本車(光岡)
日本車(ダイハツ)
その他クルマ関連
Camera
旅行/たべもの
我が街札幌の事
布袋寅泰
音楽の話題
キリ番の記録
その他戯言
GT4関連
未分類
以前の記事
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
人気ジャンル
記事ランキング