<   2005年 03月 ( 44 )   > この月の画像一覧
[写真集]New Polo 続報です。
a0009562_23374775.jpg
a0009562_2345584.jpg

a0009562_23375698.jpg

a0009562_874112.jpg
a0009562_874815.jpg

以前公開された写真は5ドア(VW流儀で言えば4ドア)だったが、今回は3ドア(2ドア)の写真も入ってきた。しかし、こうしてみるとゴルフ5に似てますネェ。CI(BI)と言えばそれまでですが、ちょっと背伸びしすぎか?と思わなくも無い訳で。しかし、基本的にこのフェイスは好き。早く実車を見てみたいと思う。でも本当に日本でPoloを買っていた層は案外、ファニーフェイスの支持層かもしれないナァ...。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-03-31 23:37 | VW
[遅ればせながら]EOS Kiss Digital N 触ってきました。
a0009562_23394276.jpg遅ればせながら、話題の新型デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss Digital N」をヨドバシカメラの店頭で触れてきた。しかし、早いもので初代のEOS Kiss Digital 発売がつい昨日の事のようであるのだが、その進化は大きく驚きすら感じさせるものだった。2003年の9月に初代を発売しだったのだから1.5年のモデルライフだった訳だ。やはり手に取って見ればすぐ判る事だが「小さく」「軽く」そして「品質感」が増した。初代に感じていた「10万円前後の製品」に期待される品質感の不足は払拭されたと思う。初代比で幅が約16mm、高さが約5mm、奥行きが約8mm小さくなり、126.5×64×94.2mmとなった。また、重量は初代比75g軽量化され485gとなった。性能としては、 画像処理エンジンはEOS 20Dにも採用された「DIGIC II」を搭載。起動時間は0.2秒と初代より短縮されている。また、3コマ/秒の連写、JPEG Large/Fineで14枚、RAWで5枚の連続撮影が可能になった。さらに、CFへの書き込み速度も初代比約3.5倍に高速化されている。(私にとっては不思議な事なのだが「連写性能」って皆さんそんなに重要視される機能なんでしょうか。デジタル一眼を語る上でかならず比較されるのだが....。確かに判りやすい性能ではあるが、本質的にはファインダーの倍率を上げ、明るくする方が何倍も良い写真が撮れる気がするのだが....ちなみに、ファインダーはペンタダハミラーで、視野率は95%。倍率は0.8倍)シャッター音も初代の「ベコン..ベコン..」と言う安っぽい音に比べ随分と「一眼レフ」らしい音になった。案外、こんな音も「写欲」を盛り上げる事に貢献しているような気もする。「フジヤカメラ」などの有名中古カメラ店の初代EOS Kiss Digital はレンズセット(EF-S18-55mm F3.5-5.6 USM)で5万円台まで下がっている。中途半端なコンパクトデジカメを買うよりお買い得である事に違いない(価格の安いタムロンのA06,28-300mmなんかの専用ボディにしてしまうのも悪くないかもしれない。45-480mmの超望遠システムの完成だ。)が、新型の「EOS Kiss Digital N」を触ってしまうと初代は物凄く古臭く見えてしまったのも事実。レンズセットで119800円(10%ポイント還元)が現在の相場のようだ。しかし、個人的には「EOS 10D」の中古本体が7万円台になっていた事のほうが衝撃的だったりするのだが....。タムロンの18-200mm(35mm換算で約28-300mm)も発売(実勢価格49800円)され、いままでデジタル一眼レフの購入を躊躇していた人もそろそろ年貢の納め時なのかもしれない。(私が今、二代目のデジタル一眼レフとして買うならやはりファインダーが明るくてSDカードが使えるペンタックスの*istDsか、CCDのゴミを気にしなくて済むオリンパスのE-300だろうな....)ところで、Kiss-Dは初代も今回もシャッター速度などを表示する液晶を背面に配置しているのだが、私の好みをいえば右肩部にあってほしい。さりとて、銀塩一眼レフでもα-7なんかも背面液晶なだけに好みの問題なのだろうが。皆さんはどう思います?
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-03-30 23:59 | Camera
[シーラカンス]三菱・ディアマンテ
a0009562_22272291.jpg先日、街中で綺麗に乗られている初代のディアマンテを見た。(正確に言えば、まだディアマンテなんて現役のクルマだと思うので、久し振りに「意識して見た」と言うべきか。)思い出せば、1990年にデビューした初代のディアマンテはとても衝撃的だった。「3ナンバー」がまだ贅沢品と言うイメージが色濃く残っていた当時に、5ナンバーボディを持たず3ナンバー専用ボディで登場してきた事が懐かしい。サイズは4740mm×1775mm×1410mm。(当時、このクラスで4WDを採用したクルマは少なく、降雪地に住む私としてはそういう意味でも衝撃的だったのかもしれない。親父も真剣にカタログ眺めていたっけ。我が家の懐具合では買えなかったようだが。笑)現在の日産ティアナのサイズが4770mm×1765mm×1475mmと初代のディアマンテともそう大きく変わらない事を考えても先見の明があったと言う事なのだろう。初代はそれなりにヒットしていたように思う。当時からBMWに似ていると非難されていたが、現在ほど輸入車が身近でなかった(少なくとも私には...)当時はさほど気にならなかったように思う。私が過去に憧れた三菱のクルマといえば、この初代ディアマンテとE39型と呼ばれる初代のギャランVR-4位だと思う。それに比べ、写真の2代目(1995年登場)は発売当初からパッとしなかった...。まぁ12年も経過した今でも現役と言うことが一番恐ろしい事実であるのだが(初代デボネアの前例もあるので12年位屁でも無いかもしれないが......)。リーンバーンだのGDIだの当時としては新しい技術にトライはしてみるものの、熟成の域まで育てる事が出来ないのはメーカーの体質ゆえか。ディアマンテに次期型はあるのだろうか....。1990年に与えた衝撃をもう一度三菱から送り出す事が出来るのか。期待はせず待ちたいと思う。
*プラウディア/ディグニティって知ってますか???
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-03-29 23:59 | 日本車(ミツビシ)
[検証]ハリアー(クルーガー)・ハイブリッドはお買い得か?
a0009562_0214366.jpgいやぁ送別会シーズンですね。お酒に弱い私としては辛い季節です。4月になれば....歓迎会か...。
さて、話題のハリアー(クルーガー)・ハイブリッドですが、クルマの専門媒体のみならずあちらこちらで取り上げられている様子。その多くが燃費の向上によるコストメリットと北米では著名人やハリウッドスターがこぞってハイブリッドに乗っている....そんな低レベルな記事ではあるのだが...。ハリウッドスターが(人前でだけ...)ハイブリッドに乗る事に関しては何も言うことは無いし、結果的に日本車(トヨタ車)の宣伝役を果たしているのならば、感謝すべき事なのだろう。また、コストメリットで言うならば、ハイブリッド化における価格差をガソリン代でペイしていくのは予想よりも至難の業である。言うほど革命的に家計のキャッシュフローが改善されるとは思い難い。(V6-3.0L「300G」324.4万円とハイブリット・ベースモデル409.5万円の価格差は+85万円である。すべてを価格差とする事に抵抗はあるが、ここは簡単に試算。カタログ上の燃費の差は17.8km/Lと9.4km/Lを比べ8km/L。ガソリン価格120円税込と試算すれば、 56666kmで85万円の差を取り返せる計算か。実際の実用燃費は不明だが。)その他、ニッケル水素バッテリーの耐久性や補修コストなども将来的には気になる項目ではある。やはり、現段階では最新鋭のものに触れる(技術・環境...)自己満足に浸れるかどうかが大切なのだろう。(プリウスならば専用ボディ故に、既存グレードがなくなかなか比較し難いのだが。)プリウスですっかり有名になった「エネルギーモニター」だが、標準状態ではメーター内に簡易的なドットディスプレイがつくだけ。OPでDVDボイスナビを+32.7万円ほど追加しなければならないのが納得がいかない。また、ここまで先進性を売りにするクルマでもサイド+カーテンエアバッグは+6.3万円のOPであるのにも閉口している。結局、ベースモデルでも409万円にこれらの装備を加えると450万円に達してしまう。乗り出し価格で言えば500万円のクルマだ。正直に言えば、ハリアー(クルーガー)・ハイブリッドの登場により改めてプリウスのコストパフォーマンスの高さを認識してしまう事になった。225.7万円のベースモデル「S」でもEMV(エネルギーモニター)は標準。(カーナビ機能はOPだが。+24.1万円)あくまで私の予想だが、プリウスのマイナーチェンジは(今回のハリアー・ハイブリッドの技術もフィードバックされるだろうし)かなりの性能向上が図られそうな気がしてきた。願わくば、価格はそのままで...。(そもそも、重いクルマにハイブリッド。高カロリーの食事をしたあとは健康器具で簡単にダイエット...って深夜のTVショッピングのような話だ。本来は食べない努力....もとい軽く、小さいクルマに乗る事のほうが源流対策といえそうな気もするのだが。燃費を考えるならハリアーに1人とか2人で乗るって事自体が無駄だと思うけどなぁ。長距離を走るトラックやバスにハイブリッドは早急に搭載するべき何だろうけどね。正論ばかりではテクノロジーは進歩しないのはわかる。)
*WebCGのインプレッションがとてもわかりやすい解説をしているので一読を薦めたい。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-03-28 23:59 | 日本車(トヨタ)
[追加モデル]フィアット・パンダ 4x4 Climbing 
a0009562_10375668.jpgフィアット は、「ニュー・パンダ」に新たに4輪駆動モデルを設定する。1.2Lの直4SOHC8バルブエンジンに5MT/左ハンドル仕様でグレードは2つの展開。「4x4 Climbing」188.8万円とその上級仕様(電動ダブルサンルーフ『スカイドーム』と14インチアロイホイールを特別装備)「4x4 Climbing Plus」203.5万円である。初代のパンダにも設定されていた4x4の復活と言う事で、注目は高い。日本では左ハンドル+5MTという一番厳しい組み合わせでスタートすると言う事で、どの程度支持が集まるか....。ある意味、現地仕様のままと乗れる言う前向きな解釈を出来なくも無いのだが。このサイズなら左ハンドルだからといって困る事も少ないのだろうし。
a0009562_1044209.jpg私も通常モデルに試乗した記憶を蘇らせれば、これで充分と思わせるだけの性能は持ち合わせていた。不思議なもので、相対的に速いとか遅いとかあまり気にならなくなるクルマだ。機械式5MTとも言うべき『デュアロジック』のノンビリとしたフィーリングがそうさせるのかもしれないが、やはりパンダは「買う」と言うよりは「飼う」クルマなのだろう。内外装の質感や絶対的な性能などどれを取ってもVWルポ/ポロに及ぶものは無いのだが、その比較が無意味に思える魅力はあるクルマだ。(ここに共感できない方はもちろん乗るべきではない。笑)「4x4 Climbing」は5MTと言う事で、どれだけの走りを見せるのか興味深い。(個人的には)ルーフレールなどのデコレーションは「記号性」と言う意味で必要なのかもしれないが、「すっぴん」状態のシンプルな標準グレードの方が好みだ。しかし、降雪地(4WD)で低価格で乗れるインポートコンパクト.....ピンポイントで響きますね。是非試乗してみたいと思う。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-03-27 10:43 | 輸入車全般
[平原綾香]ファーストツアー『The voice』
a0009562_22191827.jpg平原綾香の初めてのコンサートツアー「The voice」の札幌公演に行って来た。札幌市教育文化会館(大ホール)で18:00会場/18:30開演。まだまだ続くツアーなので、内容については控えるが、前から5列目の中央部となかなかの席をゲット出来たので間近で彼女の歌う姿を見る事が出来た。まだ20歳とは思えないパワフルな歌声に日々のストレスも癒される。札幌はSold Outだったと言う事だ(あまりにも空席が多いと北海道外されちゃうからネェ)。しかし、ファン層が幅広いと言うか、随分と年配の方の姿も目に付いた。確かに、中高生に受けるタイプのアーティストでは無いわな....。こういうファン層に支えられていけば息の長い活動が出来るのかもしれない。(「Jupiter」や「明日」のような曲が本当に彼女自身にとって歌いたい曲であるのならばだが....。本当はもっとPopな曲がやりたいのでは無いかと思っていたりもするのだが。)3月15日の所沢からスタートしたこのツアーは札幌が6本目。バンドメンバーとの一体感にももう少しの時間がかかりそうだが、そんなぎこちなさもファーストツアーならではと言えるのかもしれない。5月25日にはニューシングルの発売も決定された様だ。今年も頑張って欲しい。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-03-26 08:51 | 音楽の話題
[モニターレポート04]フジフイルム・NATURA S
a0009562_23364195.jpg

いよいよ、NATURA Sのモニター本番と言う事で、フジから支給されたNATURA1600をカメラに詰めて街に繰り出す。とにかく、今回は広角24mmを生かした構図にしたいと言う事を念頭においている。F1.9であればかなり暗いところでも撮れるのだと思うが、あえて日中帯に撮って見るのもテストのうちと言う事で。1枚目は洗車したばかりの愛車を洗車場の駐車場でパチリ。やはり周辺の光量落ちはあるが、これがまた独特の雰囲気作りに貢献しているのかもしれない。しかし、さすがメーカーが直接現像しただけあって綺麗にプリントされてきた。きっと、ヨドバシで現像+自宅でフィルムスキャナ読み込みではこんな色は出ないと思う。
a0009562_23415337.jpg

2枚目は歩道橋の上から走りすぎる路面電車をパチリ。電車を画面の端に寄せる事で広角ならではのデフォルメ感を期待したのだが.....。結果的にはなかなか面白く撮れたのではないか。(写真作品として良いかどうかは別の問題だが。)いつのまにか札幌の市電も広告付きの車体ばかりになってしまった。維持存続のためには不可避な広告収入だが....。
a0009562_23445990.jpg

3枚目は通勤途中にある放置自動車。冬季間は雪の下に埋まっていたが、最近の雪解けで久しぶりに顔を出してきた。除雪車が雪にクルマが埋まっている事を知らずに作業をしてしまったため、後半部は潰されている。早くどかしてほしいものだが、被写体として考えれば美味しい存在である。
もし、これ以外の撮影データにも興味がある方はこちらにアップしてみました。「NATURA S 」と言うフォルダーの中です。ご感想などもお寄せいただければ幸いです。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-03-25 23:47 | Camera
[おサイフケータイ]2年ぶりの機種変更 SH506iC
a0009562_23592840.jpg正確には2年数ヶ月ぶりに携帯電話を機種変更してみた。以前使っていたのはSH251iSと言う機種を使っていたのだが、バッテリーがすぐ切れてしまう事とMiniSDカードが使えない事を理由に機種変更を決意。いつもヨドバシカメラへ行っている割に、携帯電話のコーナーは全然寄った事がなく、今のトレンドを一からお勉強開始...。私、携帯電話ってあまり興味ないんですよね。ほとんど使わないし。機種変更に当たって、私の出した結論は「オートフォーカス」と「MiniSDカード」を搭載し、価格が安い機種(その他の機能は何でもヨシ。)と言う事でほぼ自動的に決まりました。(笑)a0009562_23594663.jpg簡単に仕様を紹介すれば、シャープ製のiモード FeliCa対応mova端末。オートフォーカス対応の2メガピクセルカメラを装備する。液晶が回転するデザインを採用し、液晶を表に出した状態で折りたたむ「ビューアポジション」がある。非接触IC機能のiモード FeliCaに対応。カメラは202万画素のCCDで、最大で1224×1632ドットまでの画像を撮影可能。スイッチ付きイヤホンマイクを使ったレリーズ撮影機能や、明るさとピクチャーライトの設定を変えて連続撮影するブラケット撮影機能も搭載する。その他、Microsoft WordやExcel、Power Point、PDFや画像ファイルなどパソコン向けのファイルを表示する「ドキュメントビューア」も搭載。日本語入力には予測変換などに対応するケータイShoin3を搭載。サイズは高さ103mm×幅49mm×厚さ26mmで重量は約136g。 2004年7月に発売開始の製品である。
a0009562_23554452.jpg納品されたら早速テスト撮影と言うわけで、撮ってみました。画角は40mm位なのかな。もう少し広角のレンズを期待したかったのだが....それは望みすぎか。こうしてBlogにアップする写真程度ならば充分なのかもしれない。発色も悪くない。もはやオマケと片付けられない性能だ。あと数年したら800万画素+光学6倍ズームの携帯電話があるのかもしれない....。その時はデジカメ単体で買う人なんて一部のマニアだけになるような気がする。(私は何でも1台にまとめる複合機の考え方は好きでは無いのだが。)AFだから当然だが、携帯電話の中で「ジコッジコッ」ってレンズが動いているのが新鮮といえば新鮮。衝撃にも耐えるように設計されているとは思うが、チト心配ではある。早速通販で安いminiSDカードでも頼むとするかな...。ちなみに、最大サイズ1224×1632ドットでSUPER FINEで撮影した場合ファイルサイズは約300Kb。D70で数MBあるファイルサイズに慣れた身としては軽いものだ。
a0009562_081925.jpgもう一枚、今度は室内マクロ撮影にも挑戦。これまた結構良く撮れるので嬉しいやら悲しいやら。安いレンズ故か、周辺部の流れは大きいもののYahoo!オークションの出品写真程度なら充分に実用的だろう。凄い時代になったものである。いつも鞄の中にCaplioGXを忍ばせている私としては携帯電話のカメラがメイン機になるとは思えないが、いざと言う時のサブ機としては充分に使えそうだ。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-03-24 23:49 | その他戯言
[W12気筒 6000cc]アウディA8 6.0クワトロ
a0009562_22482212.jpgアウディ ジャパンはフラッグシップモデルであるアウディA8にW型12気筒エンジンを搭載したアウディA8 6.0クワトロを発売する。今回新たに導入されるアウディA8 6.0クワトロは、本国では2004年初めに発表されている。W型12気筒エンジンを搭載し、文字通りアウディにおけるフラッグシップ。もちろんライバルはベンツのSクラスやBMWの7シリーズと言うわけだ。日本に導入するモデルは、19インチホイールやスポーツシートを装備し、よりスポーティ性を強調したアウディA8 6.0クワトロと、リヤに本革ロングセンターコンソールやパワーシート等を装備し、よりラグジュリー性を追求したアウディA8 L 6.0クワトロの2モデルになる。価格は、アウディA8 6.0 クワトロが1480万円、ロングホイールベースモデルのアウディA8 L 6.0 クワトロは、1660万円。(共に税込)マンションの値段ではありませんよ。(念のため。笑)a0009562_22514314.jpg搭載されるエンジンは期待のW型12気筒6リッターエンジンで、最高出力450ps、最大トルク59.1kg-mを発揮する化け物です。(もちろん本国ではVWフェートンにも積んでます。)アウディ伝統の「クワトロ」システムに加え、パドルシフト可能な6速ティプトロニックATを装備。アウディの新しい顔、「シングルフレームグリル」を採用する。北海道では冬季間の事も考慮し、A8を選ぶ人が多いか、比較的良く見かけるように思うが全国ベースで考えればまだまだPRが足りないようだ。BMWの7シリーズがあまりにもカッコ悪いので検討の余地も無いが、やはりこのクラスのベンチマーク「ベンツSクラス」に競合していくのは容易ではない。アウディは正直、値落ちが大きい。(その分値引もするが...)もし私がこのクラスのクルマを買える立場だったとしたら......うーん。想像が出来ないが....ベントレーでも買うかな。(VWのグループだしね。)布袋さんも乗ってるし。笑
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-03-23 22:59 | 輸入車全般
[特別仕様車]カブリオレ初の特別仕様車「ダークフリント」
a0009562_222804.jpgVGJはニュービートル カブリオレ初の特別仕様車になる「ニュービートル カブリオレ ダークフリント」を4月9日より発売する。「ダークフリント」は世界統一の限定モデル。(以前はNewBeetle-RSiなんて言うのもありましたよね。)日本の割り当ては120台。ボディカラーは専用色の「ダークフリント メタリック」(フリントとは火打石の意味)と呼ばれるダークグレー。これにソフトトップも専用色「ガーネットレッド」を採用。インテリアには「ボルドーレッド」のレザーシートやドアトリムを採用している。さらに17インチアルミホイール(レッドリム)m装備され、従来型とは随分とイメージを変えた特別仕様車である。a0009562_22314867.jpg気になる価格は359.1万円税込。ベースとなる「プラス」350.7万円税込である事を考えれば+8.4万円。値引の幅は違うのだろうが、定価ベースで考えればアルミホイールの17インチ化を含め、リーズナブルと言えるものだ。(面白いのはベースモデルではOP設定の ウインドディフレクターが標準で装備される。これだけでも¥91,350...)個人的な好みを言えば、ブラック(車体色)にボルドーレッドの内装はチト趣味ではないが、ベースモデルに対して斬新な(新鮮な)イメージが得られるのは間違いない。ドイツ車と言うよりはアメ車のイメージですね。(往年のマスタングとか....)まぁNewBeetleはほとんど(VWの作る)アメ車ですけどね。何にしても、台数も限られた特別仕様車だけに興味のある方はお急ぎください。各店舗1台ずつかな..。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-03-23 22:37 | NewBeetle



クルマとカメラが好きなヤツのプログ。旧(VW Car Life from north country 彩の国支店)
by newbeetle-cab
Link
ご来訪1,950,000人突破!!!有り難う御座いました。
m(_ _)m

◎移転先はこちらです◎
みんカラ

このブログは2008.07.17をもって閉鎖させていただきました。
お気に入りブログ
今夜もeat it
奥神楽坂日誌
いつまで続くか?ナナ日記。
ガレージ197X
それいけ!めんたいこちゃ...
さつえいだ!チャーリー!
angle from t...
Standard Plus+
札幌日常日記
ロケンロールその他
North Blue☆
検索
カテゴリ
全体
R2
ツイン
NewBeetle
PASSAT
LUPO
VW
輸入車全般
軽自動車
ミニカー/チョロQ等
日本車(マツダ)
日本車(スバル)
日本車(ホンダ)
日本車(ニッサン)
日本車(トヨタ)
日本車(ミツビシ)
日本車(スズキ)
日本車(光岡)
日本車(ダイハツ)
その他クルマ関連
Camera
旅行/たべもの
我が街札幌の事
布袋寅泰
音楽の話題
キリ番の記録
その他戯言
GT4関連
未分類
以前の記事
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
人気ジャンル
記事ランキング