<   2004年 09月 ( 47 )   > この月の画像一覧
[試乗インプレッション]トヨタ・プリウス G
a0009562_12445734.jpgガソリン代が高騰している昨今、低燃費を売りにするエコカーに注目が集まるのも当然といえるわけだが、私自身も平均して1200km/月。7~9月と行楽シーズンになると2500km/月も東へ西へと走行距離を伸ばしている。ここでチョイト計算を。ビートルの平均燃費が8km/Lで、1L当たり130円(ハイオク)として計算すると、平均月で150L/19500円。行楽シーズンになると315L/40950円も消費している訳だ。(ビートルの名誉のために...。他ユーザーはもう少し燃費が良いと聞いてます。汗)もし、ビートルではなく「トヨタ・プリウス」で20km/L(レギュラー120円/L)走ったとしたら、平均月で60L/7200円。行楽シーズンでも125L/15000円で済んでしまう計算だ。その差90L~190L/12300円~25950円の節約....。恐ろしい差が生じます。大袈裟な試算だが、年間1.5万キロ×5年間で7.5万キロ走行した場合の比較をしてみれば、ビートルは9375L/約122万円。プリウスは3750L/45万円で済むことになる。その差は5625L/77万円である。もちろん、コストだけではなく環境や資源の節約にもつながる訳で、「クルマ好き人間」の結果として他人よりも多くの排気ガスと資源を消費している事に対する問題意識は常に持ち合わせているつもりです。しかし、プリウスなどのエコカーは新しい技術であり車両本体の価格やフィーリングなど単純に燃費だけでは割り切れない感情もあり、手を出さずに居るのが現状だ。先日、冷やかしではあるが現行プリウスをタップリ試乗することが出来た。(グレードはシルバーのG。)スマートキーをスロットに差込み、スタートスイッチを押すとインパネには「Ready」の文字が表示される。これで走行可能な状態になった。しかし、エンジンはかかっていないため無音。アクセルを踏み込むと予想を超えたトルクでクルマが走り出す。完全にモーター走行をしている状態である。スピードが40km/hを越えたあたりでエンジンが始動し「エンジン+モーター」の状態に入ったのだが振動もなくスムーズに事が進む。モニターを注意深く見ているとかなり頻繁にエンジンの始動/停止/バッテリーの充電を繰り返しつつ走行しているようだ。エンジンブレーキ(Bポジション)やフットブレーキを踏んだときは回生モードに入り、バッテリーを充電しようとする。このとき、若干電車に乗っているような音が聞こえる。雑誌等ではこの時のブレーキフィールに違和感があると言う報告が多いが、私には許容範囲だった。予想に反して、市街地走行の限りでは全く動力性能に不満が無かった。CVT独特のエンジン音と速度上昇の感覚的ズレが多少気になったが、フル加速もまずまずの性能だ。少なくとも、1.5Lクラスの乗用車に期待される走行性能は確実に超えているように思う。「トヨタ車=フワフワの脚」という固定観念が私にもあるのだが、プリウスには当てはまらないようだ。むしろ堅め。このパワーユニットと足回りで山道ではどの程度のパフォーマンスが発揮できるのか、改めてテストしてみたいと思っている。
[PR]
by newbeetle-cab | 2004-09-30 12:46 | 日本車(トヨタ)
[ニューモデル]トヨタ・アイシス
a0009562_7284468.jpgトヨタは、ミディアムクラスの新型ミニバン「アイシス"Isis"」を発売した。事実上、「ガイア」の後継車種である。旧型イプサムのデコラティブモデルを脱してようやく、真っ当なモデルへ昇格したと言うことか....。「アクセスとスペースの革新」を目指し、「柔空間」をテーマに開発したとか。特徴的なのは「パノラマオープンドア(助手席側センターピラー内蔵ドア)」による開口幅1,890mmの確保と多彩なシートアレンジの採用。エンジンは2.0L VVT-iD-4エンジンと1.8L VVT-iエンジンの搭載。また、NAVI・AI-SHIFT制御を備えたSuper CVT-i(2.0L)を採用。その他、クルマが進む方向の障害物に接触する可能性がある場合、ウォーニングで知らせる世界初の「ステアリング感応式クリアランスソナー」を採用している。価格は1.8L/2WDの178.5万円~2.0L/4WDの273万円まで幅広い。全長4610mm/全幅1695mm/全高1640mm(PLATANAを除く)と5ナンバーサイズに収まっている。他社製品がどんどん3ナンバー化(全幅1800mm近く...)していく中で、ミニバンも数多く揃えるトヨタならではの戦略だ。自宅の駐車場が3ナンバーサイズに対応できない家庭も多いと言う事か。(何度も言っているが)私はこのジャンルにはあまり興味が無いので特に何も感じないが、トヨタとてウイッシュ1車種で事足りているような気がするのだが....。まぁ販売の担当はトヨタ店と言う事で、レクサス店立ち上げに向けた販売車種再構成の一環なのだろう。このクルマはラウムに続く、Bピラーをなくしたパノラマオープンドアを欲しているのならば買いと言う事か。アイシスとは"Isis":英語で「古代エジプトの豊穣の女神の名だとか。月販目標台数は4,000台。この位ならトヨタは売りさばくのではないだろうか。
[PR]
by newbeetle-cab | 2004-09-29 07:44 | 日本車(トヨタ)
[フォーサーズシステム]10万円以下のデジ一眼レフ「E-300」
a0009562_12364927.jpgオリンパスは、「フォーサーズシステム規格」準拠のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「E-300」を28日に発表した。価格はボディのみ店頭予想価格で10万円弱と見られる。発売時期は、同時発表の「ズイコーデジタル14-45mm F3.5-5.6」とのセットが11月下旬、ボディのみが2005年春を予定している。CCDはフォーサーズ初の有効815万画素。アスペクト比4:3のフルフレームCCD(17.3×13.0mm)を採用。記録解像度は、3264×2448~640×480ピクセル。RAW、TIFF、JPEG、RAW+JPEGでの撮影に対応。ISO感度は100~400で、ISO800/1600の拡張設定も行なえる。 特に、注目すべきは筐体のデザインで、一眼レフで普通に使われている「ペンタプリズム方式」ではなく、「ポロ光学系」と「サイドスイングミラー」を採用することで、全高を低く抑えた突起部のないデザインを実現している。往年の同社製品のハーフサイズ一眼レフ「オリンパス ペンF」を思い出させるようなデザインである。(ある意味、今までのデジタル一眼って銀塩の借り物ボディという印象でしたが、これはデジタル専用ですよね。うーん。物欲が....)最近、私も気になるファインダーは視野率約94%、倍率はなんと!約1倍(-1ディオプタ、50mm、無限遠時)。フォーカシングスクリーンはE-1と同じネオルミクロンの全面マットを採用する。 等倍ファインダーとは...楽しみです。外形寸法は146.5×64×85mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約580g。 また、E-1の最大の特徴であったCCDに付着したゴミを取り除くSSWF(超音波防塵フィルター)を搭載。ローパスフィルターとシャッターの間に設置され、35,000Hz以上で振動、フィルターに付着した埃を払い落とす。 この価格でこれが搭載されるとは驚きです。シャッター速度は30秒~1/4,000秒。バルブは最長8分。連写コマ数は約2.5コマ/秒。RAWモードでの最大撮影コマ数は、4コマ。 記録メディアはCF Type 1/2、Microdrive。背面には13.4万画素の1.8インチTFTカラー液晶を搭載。電源は、E-1と共通のリチウムイオン充電池。私がD70を購入してわずか数ヶ月ですが、クルマで言うところの2005年モデルは低価格で魅力的な機能をドンドン追加してきますね。正直、画質でD70に不満は全くありません。それよりも、私にとっては暗く、倍率の低いファインダーが一番の難点です。やはり、ファインダーは「写欲」に一番刺激を与えるインタフェースですので....。まだ気が早いですが次期機種を買うときはここを重視したいと思っています。それにしても、このE-300は魅力的ですね。もちろん、APS-Cサイズよりも小さいCCDですので価格は安く出来るはずとは思ってますが、SSWF(超音波防塵フィルター)まで付くとなれば魅力は増します。これに本体側手ぶれ補正がついたら完璧になりますね。デジタル一眼レフは凄い勢いで進化してます。
[PR]
by newbeetle-cab | 2004-09-28 12:43 | Camera
[遅ればせながら...]BMW 1シリーズ・日本デビュー!
a0009562_23271215.jpg遅れてしまいましたが、BMWの1シリーズがいよいよ日本市場にも投入された。本国デビューとさほど変わらないタイミングを見ても、1シリーズにとって日本は重要なマーケットなのだろう。本日、BMWから1シリーズのカタログが届いた。いつも、BMWはカタログ請求してから届くまでかなり時間のかかる会社だったが、今回は随分早かった。(カタログの発送段階で買いそうな客とそうでない客を区別している訳ではないと思うが。)きっと新型だけに気合が入っているのだろう。さて、今回の「1シリーズ」は排気量1.6L-2.0Lのコンパクトカーで、BMWとして初のCセグメントカーである。もちろん、仮想のライバルはゴルフなのだろうが、ガチンコ対決!というよりは棲み分けを狙っているような印象が有る。もちろん、最大の特徴はFR(後輪駆動)レイアウトの採用。重量配分50:50で、BMWのこだわりを見せた。エンジンは、318i等でおなじみの「バルブトロニック」付きの2.0L直列4気筒エンジンを「118i」と「120i」に搭載。また、全車6ATを搭載。注目は「パンクしても走行可能」が売りのランフラットタイヤを全車に標準装備。これにより、スペアタイヤが省略された。気になる価格だが、エントリーモデルの1.6L「116i」が288.8万。「118i」324.5万、「120i」366.5万円。(気に入らない点として、発売はしたが当初デリバリーされるのは最上級グレードの120iのみ。早く欲しい人は高いグレードを買いなさいと言うことか。姑息なやり方だ...。)コンパクトなボディにFR+6AT。メカニズム面では貴重な存在だ。デザインは各自の好みが有ると思うが、FRベースのハッチバックボディはあまり「美しい」とは感じない。(バランスが悪い?)最近のBMWに共通した好みの分かれるデザインだ。私は特にリヤビューがつまらないと思う。内装はBMWファミリーとしての期待に応えるデザインではないだろうか。10/2以降、札幌でも試乗車が用意されると言う事なので早速試乗をしてきたいと思っている。私の興味はもちろん、ベーシックな「116i」だがカタログを読んでいるとかなり豊富なメーカーオプションが用意されている。(もちろん、あっという間に価格も上がる訳だが。)BMWは予めオプションがついた車を輸入/在庫している事が多く、素の状態(288.8万円の116i)で買うにはかなりの根気と納期を覚悟しなければいけないかもしれない。そのあたりも調査してきたい。
a0009562_2212948.jpg近くのBMWの販売店で眺めてきました。写真で見るよりはBMW(ファミリーとして)の雰囲気がありました。内装はやはりプラスチッキーで安っぽい感じではありましたが、雑誌等で言われるほど後席は狭く感じませんでした。思いのほか実用性はありそうでした。
[PR]
by newbeetle-cab | 2004-09-27 23:19 | 輸入車全般
[初秋ですね。]日帰りドライブin美瑛
a0009562_2202558.jpg遅めの夏休みと言う事でかなり長い連休を取っていたのだが、天候やタイミングに恵まれずなかなか写真を撮りに行けなかった。しかし、最後の正直(?)というやつで、今日は全道的に晴天。こうなったら、撮るしかないと朝9時に自宅を出発。行き先はもちろん、第2の故郷(笑)美瑛町です。11時には富良野市に入り、11時半には美馬牛に到着。(高速三笠から道道美唄富良野線経由。)今日は先日導入した、6×7版のテスト撮影も兼ねているので機材が多い。CaplioGX+D70+6×7判のMamiyaRZ67とフォーマットのまちまちなカメラを3セット....。(クルマだから良いですが。)まずは、定点観測スポットの「哲学の木」へ。私のお気に入りの場所です。8月は一帯がトウモロコシ畑でしたが、すっかり刈り取られスッキリしてました。
a0009562_2292437.jpgところで、9月の美瑛といえば、実は「キガラシ」と「ヒマワリ」が見頃だと言うのをご存知でしょうか。畑の肥料にするために栄養価の高いキガラシやヒマワリを育て、花が咲いたらトラクターで踏み潰して土に鋤き込むのだとか。(キガラシは年二回栽培できるそうです。)「キガラシ」の畑はハチが大量発生。まるで、クルマのエンジン音のようにブンブンと羽音が響いていました。(小さなハチばかりなので気にせず撮影してましたが。でも怖い..)キガラシが終わるといよいよ美瑛にも冬が訪れます。早いですねぇ...。







a0009562_22132936.jpg最近、私の定点観測スポットに加わった「水沢ダム」です。哲学の木からも程近いポジション。小さな農業用水ダムですが、水に映る山や空の景色は最高の場所です。あまり知られていないのか、ヒッソリとした場所です。今日も1時間ばかりいましたが、私のほかに2名訪れただけでした。今回ご紹介した3枚の写真はすべてD70+Tamron28-200mmで撮影したもの(三脚使用)です。ブローニフイルムは明日現像に出します。どんな事になっているのか期待半分。不安半分....銀塩フイルムはこのタイムラグがもどかしくも楽しみなんですよ....。上手く写っていたら、またご紹介します。ちなみに、本日の走行距離は294kmで、消費したガソリンは25.6Lでしたので、燃費は約11.5km/Lです。ガソリン代が高騰する昨今ですのでさすがに気になりますねぇ...。この数値は私の中ではかなり最高の部類です。プリウスなら30km/Lくらい走るのでしょうか....。
[PR]
by newbeetle-cab | 2004-09-26 22:07 | 旅行/たべもの
[マツダ]新グレード「マツダスピードアテンザ」!
a0009562_23375982.jpgマツダは、23日より開催のパリモーターショーに、「マツダ6MPS」を出品した。日本では「マツダスピードアテンザ」として来春発売開始の予定。マツダとしては久し振りのターボ4WDモデルだ。(一時期ファミリアにGT-Rってありましたよね。結構カッコよかった!)注目のエンジンは新開発2.3L直噴ターボ「MZR 2.3 DISI ターボ」。260ps/38.7kgmを誇る。悪戯に280psを狙わないところにマツダの良心を見た気がする。もちろん、何の過不足も有るわけが無い。
また、4WDのシステムも「アクティブトルクコントロールカップリング4WDシステム」なるものを新開発したと言う。2.0Lより上のクラスでターボといえば「インプレッサ」「レガシィ」のスバルとかろうじて三菱が頑張っている程度の現状に、マツダが走りでは定評の有るアテンザで殴りこみをかけて来るのだから面白い。価格次第では話題作になりそうだ。ただ、私の好みを言わせてもらえれば、デザインがくどい。アテンザの素晴らしいオリジナルデザインに少し厚化粧をしすぎてはいないか?インプレッサ/ランエボの影響があるのだろう。コッテリしたエアロはオプションで良かった気がするが。まぁしいて言えば、日本車にしては珍しく彫りの深いマスクであるので北米や欧州でも存在感が出そうだ。それよりも、標準グレードの5段ないし、6段ATの採用はまだなのか。アテンザ/アクセラの大きな課題だと思うのだが。なんにしても、毎年着実に成長していくマツダの開発方針には大いに共感している。是非、頑張って欲しい。
[PR]
by newbeetle-cab | 2004-09-25 23:46 | 日本車(マツダ)
[MP3対応!]ようやく念願のCDプレーヤーへ換装。
a0009562_23372263.jpgこの写真を見てどこが変わったのかお判りになるだろうか...。ニュービートルは1999年の導入開始以来、ずっと標準装備のオーディオはカセットデッキだった。また、通常のDINサイズではなく、丸を基調としたオリジナルデザインであり、またVW特有のブルー/レッドのイルミネーションとのマッチングなど社外品のオーディオに換装する事をためらっているユーザーが多いようだ。(最近はFMトランスミッターでiPodを使う方も多いようだが。)そんな中、04モデルの途中から突然、カセットデッキに換えてCDプレーヤーが装備された。おまけに、MP3の再生にも対応している。これは驚いた。なにせ、MP3に対応していればCDチェンジャー(6枚)よりも沢山の楽曲をCD-ROM1枚に書き込む事が出来る。(ちなみに、新タイプのアームレスト収納型のCDチェンジャー価格は8.9万円。高い!)当然、純正品で有るが故に、デザインやイルミネーションの問題もクリアしている。それならばカセットデッキユーザーも別途装着をしたくなるのも当然の希望なのだが、現在までのところアクセサリーとしてこのMP3対応のCDプレーヤーは供給されていない。(補修部品としても取れないらしい。)私もずっと欲しくてディーラーに頼んでいたのだが、ついぞ入手は叶わなかった。しかし、捨てる神有れば拾う神ありと言う事で、Yahoo!オークションで出品されているのを発見。無事ゲットしました。早速、ディーラーに持ち込み取り付け作業を実施した。取り付け作業は理論的には極めて簡単。専用工具でカセットデッキを外し、カセットデッキに接続されているハーネス関係をそっくりそのままCDプレーヤーに差し替えるだけである。しかし、信じられないくらいケーブル類に余裕が無く(ピチピチの長さだった。)、狭い車内での作業は非常に苦労したが、無事動作を確認した。(MP3の再生テストはまだ。)写真の通り、装着してみると印象はさほど変化なし。さりげないアップデートに感無量です。ちと、散財しましたが満足です。汗;
a0009562_155830100.jpgこちらは現役を引退したカセットデッキです。これは誰一人として欲しい人はいないでしょうから、物置で眠らせておきます。カブリオレを売るときはカセットに戻すでしょうから...。
[PR]
by newbeetle-cab | 2004-09-24 23:48 | NewBeetle
[05モデル発表]ニュービートルに1.6L追加!!!など。
a0009562_22435328.jpg毎年恒例のイヤーモデルですが、今回は大きいですね。なんと言っても、1.6Lが追加になりました。(本国では1.4Lもあるが。)私としても、ゴルフには1.6Eがあるのに、ビートルには設定しないVGJの戦略が不満でしたので、これで1つストレス解消です。(笑)新グレードは「ニュービートル EZ(イージィ)」だそうです。価格は229.9万円(税別だと219万円)。ただ、ゴルフ5の1.6Eが240万円(税別だと229万円)と10万円の差で有る事を考えると微妙な価格設定ですね。個人的には税抜きで200万円を切って欲しかった。1.6LはFSIではなく、通常燃焼タイプの4AT。残念ながら、リモコンドアロックとフォグランプが省かれる。(ゴルフ1.6EはFSI+6AT...)胸を張って「お買い得です」とは正直いいかねる。値引き次第ではないだろうか。(私の1.6Lに対する期待が大きすぎたのか、ちょっとガッカリ。だが、このフォグランプ無しのフロントフェイスはイイ!実は以前から、本国で言うGLルックはシンプルで好きでした。)当然、2.0Lよりも燃費も良いだろうしエントリーモデルとして期待したい。また、カラーバリエーションに新色である「サンセットオレンジ」を追加設定。懐かしの「サイバーグリーン」が復活したのもニュースだろう(受注生産色)。また、導入当初から続いていた「ベースグレード」と「プラス」の二本立てを廃止。従来のベースグレードに16インチアルミとバックソナー、ラゲージネットを標準装備した。価格は259.8万円(税別だと247.5万円)。従来のベースグレードに対して7.5万円の値上になる。(追加装備を考えれば納得の範囲か。)また、レザーパッケージを設定した。(シート、ステアリング、ハンドブレーキ、シフトノブが本革に。)そして、サンルーフはレザーパッケージだけのオプション品である。(ファブリックシートにサンルーフの組み合わせが今回も実現しなかったのが残念。)また、このレザーパッケージには「ベージュ内装」が大幅設定された。(サイバーグリーン/ブラック/オレンジ/ブルーはベージュ内装)レザーパッケージの価格は279.8万円(税別だと266.5万円)。ベースグレードに対して20万円の加算。また、サンルーフは+11万円である。(例えば、レザーパッケージにサンルーフを装着すると291.3万円にも達する。カブリオレのベースグレードが314万円...。微妙な価格差ですね。カブリオレは6ATですしね。)ディーラー作業で1.6Lにもリモコンロックが付けられると良いのだが、難しい気がする。どれが一番お買い得なのか、カタログが届き次第検討してみたい。
*ニュービートルターボにも変化があった。16インチ→17インチアルミへ変更。スポーツエディション・インテリア(2トーンレザースポーツシート、アルミ調インテリア)の採用。そして残念ながら、MT車の設定は廃止された。価格は325.5万円(税別だと310.0万円)。
*私としては、3台ずっとイエロー系を乗り続けているのでオレンジ+念願のベージュ内装は眩しいですね。ついつい見積もりを....おっと。汗;
[PR]
by newbeetle-cab | 2004-09-24 22:40 | NewBeetle
[70000hit!!]有難う御座います。7万ヒット突破です。
a0009562_13141496.jpg
お蔭様で、来訪者数が70000人を突破いたしました。有難う御座います。9/9以来15日間で1万人のご来訪を頂きました。ここ数日、ファイルサーバーの不調(?)で外部サーバーに置いてあった画像データが表示できなくなっています。詳細は問い合わせ中ですが、今のところ業者より返事がありません。(汗)最悪は全て画像をエキサイト内にアップロードし直さなければいけないかもしれません。これは大変な作業ですね....。(泣)こんなトラブルにもめげず、頑張って行きたいと思っています。今後とも宜しくお願い致します。
*写真は秋晴れのモエレ沼公園駐車場(の隅。)で撮影したものです。まだ時間が早かったので、あまりクルマが多くなくて助かりました。CaplioGX+PLフィルター/ISO64/28mm
[PR]
by newbeetle-cab | 2004-09-24 13:11 | キリ番の記録
[永遠の観光地?]愛国→幸福
a0009562_2343453.jpg実は、私は始めてこの地を訪れる事が出来た。とても有名な場所なのだが、どう言う訳か足が向かなかった。「愛の国から幸福へ」というキャッチフレーズで切符が売れていたり、新婚旅行のコースとして訪れた人も多かったと聞いている。昭和62年の国鉄広尾線の廃線により、駅としての役目は終えたが、今でも幸福を呼ぶ観光地として人気の様だ。帯広に近いほうが「愛国」である。ひっそりと駅舎と蒸気機関車が1両展示されていた。「幸福駅」は交通公園のような状態であり、観光バスも入っているようだった。駅舎を訪れた観光客は自分の名刺や定期券を残していくのが流行らしい。確かに、鉄道としては収益の上がらない土地だろうと思うが、やはり列車の来ない駅舎と言うものは寂しい。釧路や富良野のように「ノロッコ号」で営業するなど(もはや今となっては手遅れだが。)手段もあったろうに...惜しい。
[PR]
by newbeetle-cab | 2004-09-23 23:52 | 旅行/たべもの



クルマとカメラが好きなヤツのプログ。旧(VW Car Life from north country 彩の国支店)
by newbeetle-cab
Link
ご来訪1,950,000人突破!!!有り難う御座いました。
m(_ _)m

◎移転先はこちらです◎
みんカラ

このブログは2008.07.17をもって閉鎖させていただきました。
フォロー中のブログ
今夜もeat it
奥神楽坂日誌
いつまで続くか?ナナ日記。
ガレージ197X
それいけ!めんたいこちゃ...
さつえいだ!チャーリー!
angle from t...
Standard Plus+
札幌日常日記
ロケンロールその他
North Blue☆
検索
カテゴリ
全体
R2
ツイン
NewBeetle
PASSAT
LUPO
VW
輸入車全般
軽自動車
ミニカー/チョロQ等
日本車(マツダ)
日本車(スバル)
日本車(ホンダ)
日本車(ニッサン)
日本車(トヨタ)
日本車(ミツビシ)
日本車(スズキ)
日本車(光岡)
日本車(ダイハツ)
その他クルマ関連
Camera
旅行/たべもの
我が街札幌の事
布袋寅泰
音楽の話題
キリ番の記録
その他戯言
GT4関連
未分類
以前の記事
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
記事ランキング