カテゴリ:その他クルマ関連( 24 )
[東京モーターショー]行ってきました...編集中です。
a0009562_23412377.jpg
a0009562_23413443.jpg
会社休んで行ってきました。東京モーターショー。膨大な写真を整理中です。順次公開していきます。もうしばらくお待ち下さい。
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-10-29 23:36 | その他クルマ関連
◎MY HOTCAR 20◎とりあえず選出してみた。
a0009562_23334689.jpg
某誌では自動車評論家達が自分のHOTCARリストを公開/更新している。私もマネしてみようと言うことで、"MY HOTCAR 20"を選出してみた。深く考えはじめるとキリが無いので、名前が思い浮かんだものをどんどん書き込んでいって20台になったら終わりと。私のポリシーとして、自分の稼ぎでは買えない(笑)クルマは対象外。(まぁこのブログでは元々、私の守備範囲外の高価格車は扱わないことにしているので違和感はないと思うが。)今回はあえて順位をつけてません。順位をつけることに意義があるとも思えない。ただ、一番先に思い浮かんだクルマは"スズキ・スイフト"だったことは事実として受け止め、暫定1位とする。自分でも驚いているのは日本車が健闘していること。13/20台が日本車で占めていた。ここのところユーロ高だったりして、相対的に輸入車が買い辛い雰囲気も手伝っているとは思うが、90年代中盤から10年続いたデフレ不況による(?)日本車暗黒の時代もようやく一掃したのかな...。ちなみに、私の場合"HOTCARリスト"は自腹を切って買っても良いと思えるクルマという意味で理解して欲しい。今後、当ブログの右側スペースに最新版の◎MY HOTCAR 20◎を掲載していこうと思う。ずっとリストに残り続けるクルマとあっという間に消えるクルマ...色々あると思いますが、何かの参考に役立てば幸いです。どうでしょうか...ほぼ予想通りだと思いますが、意外な車種とかランクインしてますかね??

スズキ・スイフト(1.2CVT)
スズキ・ジムニー
三菱・i(アイ)
ダイハツ・コペン
日産・スカイライン(250GT)
日産・ティーダ
日産・デュアリス
マツダ・アクセラ
マツダ・デミオ(新型)
マツダ・RX-8
スバル・R1
トヨタ・プロボックス
トヨタ・ハイエース

VW・ゴルフGT TSI
FIAT・500(未導入)
FORD・マスタング
JEEP・ラングラー
MINI・ONE(1.4/6AT)
ルノー・カングー
シトロエン・C6
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-07-02 23:06 | その他クルマ関連
[キャンピング&RVショー2007]幕張メッセへ
a0009562_21232954.jpg
a0009562_21233527.jpg
a0009562_21234177.jpg
2/10~2/13の3日間、千葉の幕張メッセで「キャンピング&RVショー2007」が開催されている。文字通り、キャンピングカーのモーターシヨウである。以前からショーの存在は知っていたが、初めて行ってきた。開場となる朝10時丁度に会場入りしたが、駐車場は既にキャンピングカーでいっぱい。こんなに沢山のキャンピングカーを見る事なんてあり得ない...と入る前から度肝を抜かれた。写真3枚目を見ていただければ雰囲気は伝わるだろう。キャンピングカーに関してはスブの素人である私は一応、事前に「オートキャンパー」誌などで"ある程度"の予習はして行ったもののメーカー名(ビルダー?)や車種名はほとんど一致しない状態。ある意味、色眼鏡無しで見れるとも言えるのだが。会場は予想に反して(失礼)大盛況で、家族連れが大挙して訪れている。キャンピングカーで家庭サービスなんて微笑ましいですね。どのクルマも熱心な見物客がついていて冷やかしの私が中を除くのも一苦労...。そんな盛況ぶりだった。やはり、人が一際多くなる場所には軽自動車ベースのキャンピングカーや300万円台のお手頃車。夢のキャンピングカーというよりは現実的なクルマに対する興味が強いことが判る。そんな中で、私が一番気に入ったキャンピングカーはOMC社の「銀河」と言うハイエースベースのキャンピングカー。こういうのをバンコンタイプと言うらしい(写真1枚目)。ハイエースのスーパーロングをベースに常設の2段ベッド、ダイニング、そしてシンク一式(冷蔵庫や電子レンジまで!!)がそれぞれ独立して確保されていた。ややこしいシートアレンジ(昼間はシートだが夜はベッドへ展開...)が不要というのは楽で良さそうだと思った。なにせ、我が家は夫婦2名しかいないのだから就寝定員5人とか6人なんて言うクルマは不要なのだ。価格も420万円程度とまずまず。ハイエースのスーパーロングは相当大きなボディなので取り回しには注意が必要だが、こういうのに乗って日本中を旅してみるのも楽しそうだ。写真の2枚目はユニークな和室を提案していたバンテック新潟の「クエスト」。なんとなく、似たクルマが多く感じられるハイエースベースのキャンピングカーの中でこれだけは強烈な個性を放っていた。価格も600万円近くなりかなり高級なモデルではあるが、クルマの和室に布団を敷いて寝るなんてなかなか洒落てるじゃないですか。少し新しいクルマ趣味の世界を垣間見た気がします。次期愛車は....
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-02-11 21:23 | その他クルマ関連
[年に2回のお楽しみ]ドライバー誌 国産車オールアルバム
a0009562_22521524.jpg
また今年もドライバー誌の「国産車オールアルバム」の季節がやってきた。普段はドライバー誌は立ち読みするくらいで買う対象にはならないのだが、この「国産車オールアルバム」の時だけは必ず買っている。値引き情報や登録台数データなど有用な情報が盛りだくさんである。意外な車種が売れていたり、話題のあの車種が実はサッパリ売れていなかったり...真面目に読み始めると何日でも読めてしまう。それにしても、今回の表紙を飾っている白いクルマがどうやら、新型のホンダ・ストリームらしいが...。どうやったらこんなに酷いデザインが社内で承認されて製品化されるのか不思議でならない。まぁ発売されたらゆっくりと検証してみよう。
[PR]
by newbeetle-cab | 2006-06-09 22:52 | その他クルマ関連
[AUTOCAR]雑誌連動? マイ・ファースト・カー 前編
a0009562_0145576.jpg
ここ数年は毎号買っている「AUTOCAR」の最新号で「Ticket to Ride マイ・ファースト・カー このクルマではじめるカーライフ」という企画を読んだ。結構やっつけな企画だったのだが、なんか面白かった(汗)ので、恥ずかしげもなくパクッて見たいと思う。早い話、今自分が「マイ・ファースト・カー」を手に入れるようなフレッシャーズ(一応前提は新社会人のクルマ選びと言うことらしい。)であったとしたら、どんな車に乗りたいか...という事を既に若者ではないオジサン達が勝手に決め付けるという乱暴な企画である。なにせ、私が免許を取りに行ける歳(18歳/平成5年/1993年)になってから早13年。まだ若いと(自分の中で勝手に)言いつつも、その頃憧れていたクルマは既に立派なポンコツ。93年と言えば、ロードスターだってまだ「ユーノス」だったし、ゴルフは"III"になったばかり。ワゴンRが登場したのも93年だ。当時の私は携帯電話なんて持ってなかった。スカイライン(R32)をマイカーにする事が最大の夢だったし、日産のクルマこそが世界一だと思っていた(笑)少なくとも、輸入車なんて自分には一生関係の無いお金持ちが買うものだと信じていたのだからカワイイものだ。自分の飯を買うくらいならガソリンを入れたいと思っていたし、暇さえあれば用もアテもなく走り回っていた。どう考えても、今(平成18年/2006年)の若者が私の時代と同じ価値観だとは全く思えないし、お金の使い道だって多様化してる。結局は今の若者にはこんなクルマに乗って欲しい...という願望でしかない訳で、当の若者に言わせれば単なるおせっかいだろう。まぁたまにはそんな妄想も悪くないか....。
少なくとも、親が入社祝でBMWを買ってくれた...なんて恵まれた環境のお子様には何もアドバイスを差し上げる事は出来ない。好きな車を買ってもらうべし。しかし、限られたアルバイト代+仕送りでやりくりしているような学生や新社会人になって実は学生時代のアルバイトの方が手取りが多かった...なんて青ざめているような新入社員の生活レベルならば、私にも覚えがある。なにせ新入社員の時(学生時代は安い中古を乗り継いでいたが)、自分の手取りが幾らなのか(手取りで15万円は無かった筈。)も良く判らないまま、「社会人になった以上は新車で280馬力のクルマが買いたい」と言う勢いだけでインプレッサWRX-STi(クーペのtypeR)を新車で買ってしまい(総額350万超)毎月の食費よりも明らかに高い(笑)ローンに加え、超高額な自動車保険と底なしのガソリン代に四苦八苦したのだから。正直、金利だって何%(スバルのディーラーローンだったはず。)だったんだろう...。まぁ明らかに悪い見本ですね。多少は周囲に自慢位は出来たと思うが、今思えばこの時期(だからこそ)にしておくべき事がもっと沢山あったのかもしれないと胸が痛む。
私は今の若者はクルマ選びに関して言えば恵まれていると思う。なぜなら、軽自動車やコンパクトカーと言った比較的低価格なクルマでも素晴らしいクルマは沢山あるし、選択肢も多い。(更に若者が軽自動車に乗っていたとしても違和感が無い。彼女が軽自動車でも気にせず乗ってくれるみたいだし。うらやましい...)私が現役だった頃にあったコンパクトカーといえば、EP82型と言われたスターレット。これはヒドイクルマだった...。K11型マーチが出たばかりだったが、オトコが乗れる雰囲気ではなかったな。しかし、今ならば「スイフト」「デミオ」「ノート」「キューブ」「エッセ」...選び放題である。携帯電話などお金がかかるモノが沢山ある今の若者にとって、クルマ(本体及び維持費)に割けるコストは多くない(ハズ)。中途半端に見栄を張ったクルマ位なら後で幾らでも乗れるが、若い時にしかできない事も沢山ある。やはり、私は「スズキ・スイフト」を推薦したい。もちろん、シンプルな1.3XG(2WD/4ATで117.6万円)である。(さすがに5MTをオススメは致しません。乗って欲しいけど。)走ってヨシ。大人4人が普通に乗れて、結構荷物も積める。燃費も良くて維持費も安い....。最高の相棒だ。(下手にゴテゴテとオプションをつけてはいけない。サラッとね。)最近新型Bbが売れているようだが、私個人的な願いをいえば、マイ・ファースト・カーで運転を嫌いになるようなクルマにあまり乗って欲しくない。彼女を家まで送り届けたその帰り道で独りつい眠くなってしまうような退屈なクルマを「普通」だと思ってしまうことはあまりにも惜しい。その後のクルマ選びにも悪影響が出そうだ。皆さんなら何を推薦しますか。雑誌ではパンダ、カングー、フェアレディZ、Gクラス、マーチ12SR、911カレラ、ロードスターと全く持って言いたい放題のようだが。
[PR]
by newbeetle-cab | 2006-03-28 23:44 | その他クルマ関連
[COTY2005]ロードスターとスイフト!!!
a0009562_140735.jpg
a0009562_1401493.jpg
毎年この時期になるとカーオブザイヤーが発表されるが、どうも市場の動向と受賞するクルマのズレが大きくなっていたように思う。以前のようにカーオブザイヤーを受賞したから良いクルマなんだと一般消費者が理解してくれるほど世の中も単純ではなくなったのかもしれない。また何故、各メーカー1台ずつのノミネートなのかなど色々と疑問に思うことも多く、必ずしも一本筋の通った賞でもなさそうな気がしている。そんな中で、今年の「第26回2005-2006日本カー・オブ・ザ・イヤー」はマツダ・ロードスターに。また、日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RJC)の主催する「2006年次RJCカー・オブ・ザ・イヤー」はスズキ・スイフトに決定した。今年は両賞ともに私は納得。きっと、評論家先生の接待が得意のホンダ・シビックかレクサスGS/ISが貰うのかと思っていたのでビックリでした。評論家先生達もいい加減反省したのかもしれない。なにせ、賞そのものの価値が下がってしまえば、「選考委員」である自分の立場も危うくなる訳だから。若干、遅すぎるようにも思うのだが....。私は今でも3年前の第23回 日本カー・オブ・ザ・イヤーのアコードや昨年(第25回)のレジェンドなんてサッパリ売れてもいないのだからおかしいし、クルマの出来映えに反比例してホンダの受賞が多すぎると思う。アコードなんて2002年10月に発売開始で11月にはカーオブザイヤーに選出されてたんですから呆れてモノも言えん。(人気が出るかどうかも判断しないまま受賞している訳だ)それに引き換え、マツダなんて「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したのは、1982年の「カペラ」以来23年ぶり.....。ススギに至っては受賞経験ナシですよ。(RJCカー・オブ・ザ・イヤーはワゴンRで受賞経験あり。)いっその事、一般消費者の投票にしてみるとか改革していかないとイラナイ賞になりそうです。
しかし、ロードスターとスイフトには私も文句なしに「カーオブザイヤー」を差し上げたい。彼らの真面目なクルマ作りに対する姿勢や情熱を評価してあげなければ、日本のクルマは本当にダメになりますよ。オメデトウ御座います。
ちなみに、「RJCパーソン・オブ・ザ・イヤー」はマツダの代表取締役社長 井巻久一氏が受賞した。久し振りのマツダ生え抜き社長であり、彼の飾らない発言には私も大いに共感を抱いている。きっと、社員にとっても頼もしいリーダーなのではないか。日本の大企業には極めて少ないタイプとお見受けした。オメデトウ御座います。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-11-16 18:24 | その他クルマ関連
[毎度恒例]driver誌 国産車オールアルバム号
a0009562_23532387.jpgまたこの雑誌が発行される季節になった。年に2回、ドライバー誌の名物とも言うべき企画「国産車オールアルバム」(オマケで輸入車も紹介されるが..)。私の中では一番最強なバイヤーズガイドではないかと思っている。昔に比べて年々パワーが落ちているような気もするが、これが500円で買えるのだからすべこべ言わず読むべし。けっこうトンチンカンな記事だったり、逆に妙に説得力ありで唸ってしまったり...。なにせボリュームは満点です。真剣に読み始めると夜は更けますよ...。トイレで読んだりしたらいつまでも出てこない...。普段はドライバー誌は立ち読み専用で買う事はないが、年2回この企画のだけ買っているのだ。そういえば、永年愛読書として買い続けて来た「CARandDRIVER」誌も最近何故か買わなくなった。最近は創刊号から買い続けている「AUTOCAR」誌と「CarCenser EDGE」誌が最近の愛読書である。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-11-10 23:03 | その他クルマ関連
[マイブーム??]車中泊ってどうなのさ....
a0009562_11473492.jpg
a0009562_0392044.jpg
a0009562_0392747.jpg
ここのところ、私は「車中泊」をテーマに色々とカタログを見比べてみたりしてお勉強中である。今まで車中泊の経験といえば、学生時代に積丹へキャンプに行ったものの夜中に強風の為テントが崩壊。仕方なく、当時乗っていた日産・スカイライン(R32)で一夜を明かした事や、日産・キャラバンで仲間と東京→大阪を夜通し走った(交代でリヤシートで寝た。)事くらいなもの。どちらも「仕方なく」実施しただけの事である。しかし、北海道は広い。例えば、宗谷岬だの襟裳岬、納沙布岬...と「端っこ」の方へ行こうとすると札幌から日帰りは辛い。しかし、地方都市のホテルを基地にして出掛けていくほど(道産子ですから観光客では無いので、当然コストも気になりますね。)の場所でも無い..(汗)また、富良野や美瑛を初めとして撮影スポットに夜のうちに着き、朝焼けを狙うなんて言うのも現状では難しい(昔は夜中走る方が得意だったのだが..)。そうなるともし「車中泊」が快適に出来れば行動範囲は大いに広がるなと...。最近は「道の駅」等も増え、駐車スペースにも困らなく(当然アイドリングストップはマナーだと思うが。)なっている。事実、そう言うクルマも多数目撃していて決してマイナーな事を言っている訳ではないと思っている。しかし、我が愛車(過去乗ってきたクルマも含め...)はそういった用途には力一杯不向き。しかし、エスティマだのエルグランドだの最近人気の「3列シートミニバン」がハマリ役かと言うとそうでも無さそうだ。私も含め、素人考えだと「フルフラットシート」と言う言葉にだまされるが、現実問題としてデコボコがあったり、湾曲していたり、終いにはシフトレバーやシートベルトの突起物なんかもあったりと意外と快適なベットにはならない。(逆に快適なフラットベットになるようなシートでは走りにくいだろう。昔ホンダのS-MXって言うクルマがありましたね。)むしろ、シートを折り畳んで収納する事でフラットなカーゴスペースが実現できるタイプのクルマのほうが適役だと思う。例えば、豊富なラインナップを誇るトヨタ車の中で探してみると、写真の「ヴォクシー(5名乗り2列シート車 トランス-Xに限るが。)」なら1.5m*2m近いフラットスペースが出来る。大人2人でも問題あるまい(荷室高もあるし)。また、面白い事に「プロボックス・バン」でも1.4m*1.8m位のスペース(高さは0.9m)が確保できる(5ナンバー登録のモデルになるとシートがダブルフォールディングになり荷室長が減る)。さすがスクウェアフォルム....。1.3DX 5MTなら106.5万円から買える。最近「軽ミニバンバン~」と盛んにCMを入れているスズキの「エブリィワゴン」でも驚いた事に1.3m*1.8mは取れる。これらの車種なら普通にカーゴスペースに布団を敷いて寝れるだろう。もちろん、換気の問題や虫(窓を開けては寝られないが、閉めたら夏は蒸し暑いだろう...しかしエンジンを掛けたまま寝る事は出来ないし。)、最近ではセキュリティも考慮すべきだ。まぁ仮にセカンドカーとしてこう言うクルマを買う事を考えたら維持費だけでもホテルやペンションに泊まった方が安上がりで間違い無い訳だが、その機動性は魅力。(金曜の夜から走り出すことも可能だ。現状では土曜の朝から出て行く事が多い。)なかなか、駐車場の確保などハードルも多く、チト利用の頻度から考えても現実的ではないが、最近こんな分野(私の中では非常に新しい分野であり、情報も少なく新鮮なジャンル)に興味を持っている。日産のエクストレイルやスバル・フォレスターなんかも結構使えそうな気がする。もちろん、レガシィやアテンザのワゴンなんかも行けるかも。(以前レガシィのランカスターなんかに換気扇があった様な...)経験者の情報なんかも教えてください~♪
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-10-13 23:59 | その他クルマ関連
[100万円のクルマ選び]日本車編 新車の巻...(第3回)
a0009562_0552358.jpg

a0009562_0551774.jpg

a0009562_0551351.jpg
チト間が開いてしまいましたが、100万円のクルマ選び第3回目です。今回は「新車の巻」と言う事で考えてみたい。前提として車両本体価格のみ。諸費用は含みませんのであしからず。また、新車と言う事で値引きも考慮に入れます。(値引に関しては個々人の折衝スキルや地域差が出るので一概には言えないのだが。 )まぁ堅く考えず、気楽にいきましょう。ちなみに私の好みを反映しまくりの企画ですが、やはりスズキ・スイフトは外せません。1.3XG DOHC/2WD/5MTで108.6万円。4ATでも117.6万円ですから値引で充分100万円に収まるでしょう。先日「スイフトスポーツ」が発表されてそちらに目が行きがちでが、私は試乗した記憶からも標準モデルでも充分なポテンシャルを持ったクルマだと思います。ステアリングのフィールやボディ剛性はVWポロに劣りますが、価格差を考えれば何も文句はありません。(経年変化については不明だが。)スズキが欧州で本気で売ろうと開発したクルマだけに、この価格は超バーゲンプライスとしか言いようが無い。全体的にヤル気満々調で女性ユーザーにはチト汗臭く見えやしないかと心配しなくも無いが。(NewMiniに似ていると言う意見があるが、私は実車を見てそう言う感想は無いナァ...)装備面で言えばHIDヘッドランプの設定が無い事が不満なくらいであとはすべて揃うと言っても良い。全長3695mm全幅1690mm全高1510mmで 1,000kg。91PS/6000rpm・12.0kg.m/4,000rpmを発揮する。次に、スバルのインプレッサ・スポーツワゴンの1.5iを紹介したい。ワゴンボディながら、2WDの5MTが126万円(AWDでなければスバルでは無いと言う意見も非常にもっともではあるが、144.9万円まで価格が上がるので今回は「選考外」としたが、これも非常にお買い得ではある。)上手く交渉すれば100万円で買えそうな予感。インプレッサといえばSTiを初めとするWRXが目立つ為、1.5Lの標準グレードは地味。きっと販売店ですら真剣に売ってないかもしれないが、これがまた超お買い得モデルだ。必要な装備はすべて揃う上に、1.5Lと言えどもエンジンはボクサー(水平対向)である。WRXシリーズのハイパワーを前提に開発されたシャシーを1.5Lで使う(一部の補強など全く同じとは言わないが。)わけだから結構贅沢な話だ。全長4455mm全幅1695mm全高1465mmで1200kg。EJ15型水平対向4気筒(SOHC 16バルブ)エンジンは100ps/5200rpm・14.5kg-m/4000rpmを発揮する。新しいスプレッドウインググリルを採用したフロントマスクが妙に浮いている気がする(全体のバランスが悪いよね。)が、このクルマの価格も恐ろしくバーゲンプライスである。 最後に、チト裏技的だがマツダ・アクセラの5ドアハッチバック(スポーツ)1.5Fも候補としてあげておきたい。(雑誌なんかではトップグレードの23Sばかりが取り上げられるが、実際にはこの15Fが売れ筋です。)5MTが148.5万円とさすがの値引攻勢が得意のマツダとは言え、100万円で買えるとは思わないが、120万円を切る事は出来る(噂では...)だろう。アクセラは欧州では真面目にゴルフやアストラのライバルとして絶好調に売れている。さしずめ、ゴルフ1.6E(6AT/240.4万円)やルノーメガーヌ1.6(5MT/220.5万円)なんかとモロにバッティングするクルマだと言うことだ。それが定価でも148万。値引後で言えば120万円前後で買えるとなれば....超スペシャルバーゲンと認定せざるを得ない。(リセールバリューなど色々と他にも構成要素はあるが。)全長4405mm全幅1745mm全高1465mmと立派なワールドサイズ。1210kgでエンジンは 1500DOHCZY-VE型114ps/6000rpm・14.3kg-m/4500rpmを発揮する。新車は中古に比べ諸費用も高く実質的にフェアな比較では無い事を予めお断りしておくが、低価格で良質のクルマを買える事こそが日本車を日本で乗る事の醍醐味であり、メリットでは無いだろうか。次点としてはマツダのデミオ(ボディ色モカマイカでCozyパック必須。でもMTが選べなくなる..。)や日産・ノート(15S 2WD/エクストロニックCVT 126万円)を挙げておくが、この3台のお買い得度は半端では無い。所有する事で得られるステータスとは全く無縁のクルマであるが、走りに関してはどれも乗って見て驚くほど光るモノを持っているクルマだと思う。「よ~く考えよう~お金は大事だよ~」(笑)ってね。次回(第4回)は日本車の中古車編です。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-09-11 00:56 | その他クルマ関連
[ヒストリックカーフェスタ]スカイラインGT-R/サバンナRX-3
a0009562_1446741.jpg
a0009562_1446156.jpg
この週末に札幌駅の南口で「ヒストリックカーフェスティバル2005」と言うイベントが開催されていた。お盆期間中なので街中は混むだろうと言う事で、早い時間にサッと眺めさせてもらった。最近、私のブログで旧車の記事が多いような気がするが、タイミングの問題です。(笑)でも、旧車はフォトジェニックですね。ファインダー越しに眺めているとそのシルエットの力強さに圧倒されそうになります。現代のクルマに比べ、圧倒的にコンパクトですが、その存在感は大きい。古いから有り難がるような趣味は私には無いが、多数存在したクルマの中で生き残ってきたその生命力のなせる業なのだろう。最近のホンダ車に30年後も走り続けているような生命力逞しい車種があるだろうか。10年後でさえ怪しいものだ。クルマも工業芸術品だと思えばその価値は時間が経ってから判るものなのかもしれない。
a0009562_14462492.jpg
a0009562_14463162.jpg
a0009562_14463889.jpg
ここで取り上げたサバンナもスカイラインも「漢」のクルマですね。最近では考えられないくらいスパルタンなオーラがムンムンです。これに比べたら私の愛車ルポGTIなんて中性的です。(現代では結構オトコっぽいクルマだと思うんですけどね。)でもサバンナ....カッコイイな。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-08-14 14:46 | その他クルマ関連



クルマとカメラが好きなヤツのプログ。旧(VW Car Life from north country 彩の国支店)
by newbeetle-cab
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Link
ご来訪1,950,000人突破!!!有り難う御座いました。
m(_ _)m

◎移転先はこちらです◎
みんカラ

このブログは2008.07.17をもって閉鎖させていただきました。
お気に入りブログ
今夜もeat it
奥神楽坂日誌
いつまで続くか?ナナ日記。
ガレージ197X
それいけ!めんたいこちゃ...
さつえいだ!チャーリー!
angle from t...
Standard Plus+
札幌日常日記
ロケンロールその他
North Blue☆
検索
カテゴリ
全体
R2
ツイン
NewBeetle
PASSAT
LUPO
VW
輸入車全般
軽自動車
ミニカー/チョロQ等
日本車(マツダ)
日本車(スバル)
日本車(ホンダ)
日本車(ニッサン)
日本車(トヨタ)
日本車(ミツビシ)
日本車(スズキ)
日本車(光岡)
日本車(ダイハツ)
その他クルマ関連
Camera
旅行/たべもの
我が街札幌の事
布袋寅泰
音楽の話題
キリ番の記録
その他戯言
GT4関連
未分類
以前の記事
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
人気ジャンル
記事ランキング