カテゴリ:Camera( 147 )
[機械式カメラ]ミノルタ・SRT101
a0009562_11572140.jpg
a0009562_11572835.jpg
a0009562_11573537.jpg
a0009562_11574316.jpg
先日、写真の通りミノルタのMF一眼レフ「SRT101」とレンズ3本セットを親戚の方から譲っていただいた。大切に保管されてきたカメラのようで、本体・レンズ共に綺麗でカビもない。また、機械式カメラだからシャッター切る分には電池も必要なく、厳密には判らないがシャッター速度も問題ないようだ。ただ、問題は電池。このカメラについて言えば露出計が電池を使う。しかし、使用する電池はもう随分昔に無くなってしまった水銀電池のMR9型。それ故、露出計については生きているのか死んでいるのか判らない状態だった。正攻法で言えば、関東カメラサービスが発売しているような「MR9アダプター」(2~3000円)を購入し、SR43型の電池を使うのだと思うが、今回は海外製「VARTA」のアルカリ電池(同形状)を使用してみた。精密に言えば電圧がMR9の1.35Vに対してアルカリは1.5Vなので誤差が出ると思うが、まぁ許容範囲かなと。いまさらリバーサルフイルムを入れることもないので通販で入手(送料も含め400円程度)。一か八かで入れてみたら露出計も見事復帰。ちなみに、このカメラは1966年4月に発売されたカメラで、発売時の価格は55,300円だったとか。昭和40年頃の大卒初任給が20,000円~25,000円だったようですから、仮に現在の大卒初任給を200,000円と計算すればざっと8~10倍。今の感覚で言えば、このカメラは40~50万円もしたという感覚になるのだろうか。価格もさることながら、自分より10年近く先輩のカメラが涼しい顔して現役で動いていることが凄い。今のデジタルカメラが30年40年先にも現役でいられるはずがない。レンズは標準の58mm「MCロッコールPF 58mm F1.4」と広角35mm「W ロッコールQE 35mm F4」でこれはプリセット絞り。望遠は135mm「MC テレロッコールQD 135mm F3.5」の3本。下の写真2枚はSRT101に「MC テレロッコールQD 135mm F3.5」を装着して試し撮りしたもの。露出もバッチリで充分に現役マシンとして使えそう。ファインダーもそこら辺のデジタル一眼レフより断然明るくて見易い。折角、縁あって私の所へやって来たカメラである。昔のようにガンガンフイルムを消費することは難しいが、モノクロ専用機として活躍の場を作っていきたいと思っている。
まずはネガフイルムをスキャナーで読み込んだものを2枚。どうしても、スキャナーではピントが甘めに見えてしまうが、多分フイルムの微妙な反りがスキャナ上で影響しているのではないだろうか。同時に紙焼きも頼んでいるので、そちらが仕上がり次第比較してみたいと思う。
a0009562_19143585.jpg
6/12 写真追加。紙焼きしたものをスキャナーで読み込んでみた。若干オーバー気味に仕上がってきた。電池の電圧が少し違うので、露出計が適正値を示さないのかも。まぁネガフイルムなら誤差の範疇ですけどね。
[PR]
by newbeetle-cab | 2008-06-05 23:56 | Camera
[F50fdテスト撮影 04]アムラックス・トヨタにて
a0009562_31457.jpg
a0009562_315290.jpg
a0009562_315811.jpg
a0009562_32560.jpg
a0009562_321161.jpg
a0009562_321873.jpg
先日、クラウンの発表イベントの際にアムラックスで撮影した一部をF50fdのサンプルとして公開。日産ギャラリーとかアムラックスなどの屋内型施設でクルマを撮影するのって実は結構難しい。どうしても低照度環境になりがちなので、必然的にISO感度を上げたくなるが、クルマの塗装の艶やメッキパーツなどの光り物はISOを上げてしまうとざらつきが出て質感が出なくなる。また、車体との距離が取れないことが多く、広角レンズが欲しくなる事が多い。アムラックスは比較的ゆったりとしたスペースがあるので気にならなかったけどね。F50fdはリコー機に比べて確かに高感度撮影時のノイズは目立たない事と、手ブレ補正が良く効く。しかし、ホワイトバランスは今一歩かな。案外、思っていたところにピントが合わずイライラしてしまうことも多いが、これは相性というか、慣れの問題かも。言われているほど、白飛びに強い(ダイナミックレンジが広い)印象はない。スーパーCCDハニカムVII「HR」には期待しすぎだったようだ。結局、ISOは400以下に留め、手ブレ補正に期待しつつ息を止めて一気に撮る(笑)。これしかない。
[PR]
by newbeetle-cab | 2008-03-18 03:01 | Camera
[購入決定??]リコー・R8
a0009562_22383026.jpg
シグマ・DP1と同時に、楽しみにしていたリコー・R8にも触ってきた。つなぎとはいえ、冒険して買ってみたフジのF50fdがなんとなく気に入らないので、リコー・R8への期待は募るばかり...。R3から始まった新世代リコーデジカメはR8で3世代目になる。(第一世代:R3.R4.R5。第二世代:R6.R7 でも、メカ的にはR8も第2世代かな...)デザインも一新され、永年使ってきた「Caplio」のブランドネームも廃止。リコーのデジカメと言えば、マクロや広角~望遠の7.1倍ズームなど飛び道具が注目される一方で、華奢なイメージというか、安っぽいというイメージもあったと思うが、R8は随分解消されていた。特にRシリーズはレンズ周りの駆動音が「ジコジコジコ...」と言うギアノイズの様な低級音がある意味特徴で、これを嫌っていた人も多かったが、R8を試した限り随分と小さくなった(無くなったわけではない。)ライバルに先駆けて採用された高精細な2.7型46万画素HVGA液晶もGood。液晶モニターは大きくて、高精細になって困ることはない(電池の駆動時間は気になるか..)シグマ・DP1では気になった処理速度の遅さも無く、サクサク動作するし、やはり私にとってはベストなコンパクトデジカメなんでしょうね。さて、いつ頃買うかな...
[PR]
by newbeetle-cab | 2008-03-13 23:35 | Camera
[ファーストコンタクト]シグマ・DP1
a0009562_12353389.jpg
先日、ようやくヨドバシカメラの店頭で期待していたシグマのDP1に触れることが出来た。簡単におさらいすると、3月3日に発売されたDP1は同社のデジタル一眼レフカメラ「SD14」と同じ、1,4M画素のFoveon X3センサーを採用したコンパクトデジタルカメラ。(35mm換算で)28mm/F4の単焦点レンズを搭載する。ライバルになるであろう、リコーのGR DIGITAL II(1/1.75型CCD・1001万画素)、1/1.75型原色CCDやキヤノンのG9(1/1.7型CCD・1240万画素 )とはイメージセンサーサイズで言えば、圧倒的な差がある。 価格は当初の予想よりも安く、9万円前後で買えるようだ。液晶モニターは2.5型約23万ドットで記録メディアはSDHC/SDカード。本音を言えば、液晶モニターはリコーのR8でさえ2.7型で46万画素を採用しているのだから、3型くらいは採用して欲しかった。早速、実機を試してみたが、やはりと言うか画質云々の前に質感が悪い。シグマのカメラはどれもそうだが、基本的に良く出来ていて独創的な部分もあり、結構好きなのだがお約束のように質感が悪い。カメラという機械は不思議なモノで、性能もさることながら、質感というのも撮影のモチベーションに大きな影響を与える。一眼レフで言えば、明るくて見やすいファインダーや適度な重さ、キレの良いシャッター音などがそれにあたる。DP1は電源を入れたときから動きが散漫でスッキリしない。また、スイッチやダイヤル類の触感が統一されていない(堅いのと柔らかいのが混在してる)など本当に惜しい。特に、売り物になっているMF時のロータリーダイヤルがユルユルでしっくり来なかった。どうも、イメージセンサーの話題ばかりが先行しすぎて、肝心のカメラとしての基本的な素質に難があるようだ。画質についてはカメラ系webサイトを拝見している限り、結構良さそうなので今後の熟成に期待したいところだ。今、私なら小型一眼レフオリンパスのE-410( レンズキット付)が5万円台で買えるから、これにパンケーキレンズ「ズイコーデジタル 25mm F2.8」を装着してみたいかな。
[PR]
by newbeetle-cab | 2008-03-12 23:34 | Camera
[F50fdテスト撮影 03]高感度撮影を試す。
a0009562_23284984.jpg
F50fdテストもいよいよ大詰め。やはり最近のフジと言えば、高感度撮影に期待をしてしまうわけです。普段はお酒は口にしない私であるが、たまたま友人に誘われて雰囲気の良いバーに行ったので、早速テスト撮影開始。この写真はISO800で1/5秒(+1段補正)。ブログサイズにリサイズしてしまうとあまり差が出なくなってしまうが、期待した以上の写りだった。リコー機ならピント合わせにも苦労しそうな照度下での撮影だったから、看板に偽り無しと言うことか。あまり意味のないことではあるが、PCモニターで等倍してみるとノイズ消しのためか、多少ベットリした描写になるのが特徴で、リコー機の様にクッキリとノイズが乗った画像にはならない。そろそろ、F50fdテスト撮影の結論になるが、室内撮影等の高感度撮影を必要とする被写体がメインの方にとっては強力な相棒になるだろうが、惜しいのは室内撮影では28mmが欲しくなる。F50fdのレンズについては及第点レベルか。光学3倍ズームと欲張らなかった割に、あまりピリッとした描写が出ない。これはイメージングエンジンの性格なのかも知れないが。逆に、最近のデジカメに共通するクッキリコッテリ系の描写ではなく、銀塩フイルムを連想させるかのような甘めの描写を求めるならF50fdは適役だ。発色も記憶色と言うよりは忠実色系なのかな。私が普段愛用している、ペンタックスやリコー機の方が記憶色傾向が強いのかも知れない。また、F50fdはメーカーの設定したデフォルト値からあまりユーザー側で変更できる糊代が少ないカメラで、選択したシーンモード等によって露出補正や各種設定などに色々と制約を受ける。初心者に失敗写真を撮らせないための配慮かもしれないが、折角の1/1.6型 スーパーハニカムCCDを色々と楽しめないのが惜しい。やはり、私にはリコー機がしっくり来るようだ。F50fdはリコーR7をパスして新型・リコーR8の価格がこなれるまでのつなぎ機種として購入したわけだが、予定通りR8へバトンタッチとなりそうだ。
[PR]
by newbeetle-cab | 2008-03-01 23:27 | Camera
[F50fdテスト撮影 02]いつもの街角で。
a0009562_21343112.jpg
a0009562_21343826.jpg
a0009562_21344266.jpg
前回の日産ギャラリー内でのテスト撮影に続き、屋外で撮影してみた。雪の描写というのもコンパクトデジカメにはなかなか難題で、ショボいカメラだと簡単に白飛びしてしまう。その意味では、F50fdはしぶとく階調が残っている。リコー機の方が白飛びは早いかもしれない。Rシリーズに慣れてしまうと、ズームレンズの望遠側でサクッと切り取ってしまう撮影方法が馴染んでしまっているのか、いつもより歩き回って構図を決めなければいけない。昔は安い一眼レフに一番安かった50mmレンズ一本だけで撮り歩いていたのに....。堕落してますね。ただ正直言って、私が期待していたほど高感度ノイズが少ないわけでもなく、マクロや広角・望遠といったレンズ性能がリコーのRシリーズに劣ることを考えると、やや期待はずれというのが正直なところ。やはり、ハニカムCCDも600万画素くらいの時代がピークだったのかな。今でも、F30/F31あたりを気に入って使われる方が多いというのも判る気がします。
[PR]
by newbeetle-cab | 2008-02-26 23:59 | Camera
[F50fdテスト撮影 01]いつもの日産ギャラリーで。
a0009562_21511127.jpg
a0009562_21512289.jpg
a0009562_21513214.jpg
a0009562_21513999.jpg
今回導入したFinepix F50fd のテスト撮影をいつもの日産ギャラリーで実施。久しぶりにリコー・ペンタックス以外のカメラなんで、昨晩は説明書を結構熟読した。でも、結局は絞り優先(A)で撮るか、オートで撮るかで固定されそう...。今回は細かいことは考えず、オート。やはり、予想していたとおり、35mmフィルム換算で35mm~105mmの光学3倍ズームはリコーの28-200mm(光学7.1倍)に比べると弱い。特に、日産ギャラリーのような室内撮影では広角側が多用される。写真(下)のフーガのフロントマスクも、28mmであればフロントから7:3の構図でギリギリ入りそうな気がするが、F50fdの35mmでは無理。まぁそこは頭を切り替えて撮ったつもりだが、まだぎこちない感じ。ただ、ピントあわせはリコーR6より速い。また、手ぶれ補正もリコーよりは利きが良い気がする。さすが、フイルムメーカーのカメラだけあって、発色がなんとなく、フイルムを髣髴とさせるような気がするのは私だけだろうか。シャープネスも若干弱めでペキペキでコッテリ発色の写真を見慣れている私としては懐かしい感じがする。(そもそもシャープネスの強弱を設定変更できないのかな...?)まだF50fdを全然使いこなせていないが、確かにリコー機よりは高感度撮影時のノイズは少ないかな...。もう少し使い込んでみよう。
[PR]
by newbeetle-cab | 2008-02-26 21:54 | Camera
[新カメラ投入]フジフイルム・FinePix F50fd
a0009562_211227.jpg
a0009562_211859.jpg
a0009562_2111413.jpg
久し振りにフジのデジカメを導入した。リコーR6からの代替。まぁまもなく発売されるリコーR8の価格がこなれてくるであろう、夏のボーナス時期までの限定利用が前提ではあるが。ヤフオクでR6を手放した価格とほとんど変わらない価格で新品のF50fdがゲット出来た。こちらも3月中旬には新型のFinePix F100fdが発売されるため、最後の売り切り特価というわけだ。以前、2000年頃の商品になるが、「FinePix40i」という機種を使っていたことがある。メディアがまだスマートメディアの時代である。その後、フジはSDカードではなく、オリンパスと一緒に何を血迷ったのかxDピクチャーカードという独自のメモリーカードを採用した。出た瞬間から数年後には消える規格だなぁ...と誰もが判っていたのに。私はそれ以来、フジのデジカメを無視してきた。しかし、ようやく観念したのかxDピクチャーカードとSDカードに両対応する「デュアルスロット」をF50fdの前身に相当するF40fdから搭載している。F50fdは「フジノン光学式3倍ズームレンズ」(35mm換算:35mm~105mm相当)開放F値 F2.8~F5.1を搭載し、フジ独自開発の「スーパーCCDハニカムVII HR」を搭載。1/1.6型の1200万画素である。また、独自の画像処理エンジン「リアルフォトエンジンII」と組み合わせることで、ノイズを低減。ISO感度を最高6400を実現。さらに、ようやくフジも「手ブレ補正機能(CCDシフト式)」を新たに搭載。従来より定評のある高感度との相乗効果を発揮する。リコーのデジカメはすば抜けたマクロ性能や広角から望遠までをカバーする28-200mmレンズの採用など飛び道具を沢山持ったカメラであるが、案外室内撮影(高感度撮影)や人物撮影といったジャンルは苦手。特に内蔵フラッシュを使った撮影はダメですね。フジのカメラはリコーの苦手とするこれらのジャンルに結構強いとの前評判を聞いているので、買ってみた。顔検出機能「顔キレイナビ」もどの程度有効なのか試してみたいと思う。逆にマクロは弱いですね。広角側で約7cm~80cm。望遠側では約30cm~80cmの範囲でしかマクロモードは使えない。もともと望遠側が105mmしかない上に、30cm しか寄れないのであればミニカーやチョロQの様な小さな被写体はほぼ無理ですね。まぁパーフェクトなカメラなんて有るわけが無く、それぞれ長所短所がある。そこがカメラの面白さでもあるわけで。まずは説明書読んでみるか...
[PR]
by newbeetle-cab | 2008-02-23 21:01 | Camera
[新世代モデル登場]リコー・R8
a0009562_22382353.jpg
a0009562_22383026.jpg
リコーは、コンパクトデジタルカメラ「R8」を発売する。ボディカラーはブラック/シルバーの2色。希望小売価格はオープンだが、ヨドバシカメラでは49,800円(15%還元)で予約が開始している。発売日は3月7日。「R8」は、1000万画素の新CCD(1/2.3型CCD)と画像処理エンジン「スムースイメージングエンジンIII」を搭載する。また、2.7型46万画素の大型HVGA液晶や「Caplio GX100」(2007年4月発売)や「GR DIGITAL II」(2007年11月発売)に搭載しているアスペクト比1:1の正方形フォーマットでの撮影機能を採用するなど、写真撮影を楽しめる機能を強化している。「毎日使いたくなる道具」をコンセプトとしてデザインを一新。GR系に近いイメージとなった。デザインだけではなく、持ちやすそうなグリップや、モードダイヤルボタンなどを搭載している。また、2点吊り対応のストラップ通しを装備することによって携帯性を向上。リコー独自の「ダブルリトラクティングレンズシステム」により7.1倍広角・高倍率ズームレンズを踏襲。本体最薄部で22.6mm厚のボディを実現。CCDシフト方式ブレ補正機能も装備する。興味深い機能として、「最小絞り固定機能」を搭載している。最小絞り固定をONにすることにより、絞りを絞った状態で撮影。被写界深度の深い撮影が可能。簡易的なAE撮影と言うことか。また、従来機ではマクロ撮影時のみ使用できたAFターゲット移動機能が進化。撮影時にカメラを動かすことなく、AFとAEの両方、またはどちらかのターゲットを移動可能になった。更に、最近流行の「被写体の顔を自動的に認識するフェイスモード」によって、顔に合わせてピントや露出、ホワイトバランスを最適化する。もう何も言うことはありません。これは必ず買いですね。どうしても、GR/GX系は価格だったり、望遠側が弱いレンズだったりで買うのに躊躇していたが、とうとうR系でも正方形フォーマット対応!が一番嬉しいかな。デザインも個人的にはバンザイ大歓迎です。現在「R6」を使っているが、最終処分セール展開中のR7を買ってから価格のこなれてきたR8を買うか、一目散にR8に飛びつくか....悩み中です。
[PR]
by newbeetle-cab | 2008-02-20 22:38 | Camera
[35mm版のHOLGA]HOLGA135 フラッシュ付
a0009562_21254441.jpg
以前、ブローニフイルムを使うHOLGA120を何台か使っていたが、いつの間にか35mmフイルムを使うHOLGA135という新製品が出ていたので購入。...購入したのは11月の下旬だったが、開封しないまま机の上で眠ってました。札幌に住んでいたときは「札幌」という街自体が都市であり、観光地である。撮影スポットには困らないため、おのずと写真の撮影枚数も増えるのだが、首都圏ではそうはいかない。まぁ人混み・雑踏・ビル群(そして鉄道?)なんかを撮影テーマにしている人にはネタに困らないのかも知れないが。私は残念ながらこっちでは専らクルマ撮影専門と化している。本当は風景写真も撮りたいんですけどね。さて、このトイカメラ(と言い切ってしまったが)のHOLGA135。外付フラッシュもついて5000円以下という価格も魅力だが、やはりカリカリ・コッテリのデジタル全盛時代においては「味」と感じてしまうようなピントの甘さや周辺部の流れなどがこのカメラの魅力。35mmになってもその味は健在なのか、チャンスを見つけて撮ってみよう。本当はもう一つ写真系玩具を買ってあるのだが、そのネタはまた今度。
[PR]
by newbeetle-cab | 2008-01-21 21:23 | Camera



クルマとカメラが好きなヤツのプログ。旧(VW Car Life from north country 彩の国支店)
by newbeetle-cab
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Link
ご来訪1,950,000人突破!!!有り難う御座いました。
m(_ _)m

◎移転先はこちらです◎
みんカラ

このブログは2008.07.17をもって閉鎖させていただきました。
フォロー中のブログ
今夜もeat it
奥神楽坂日誌
いつまで続くか?ナナ日記。
ガレージ197X
それいけ!めんたいこちゃ...
さつえいだ!チャーリー!
angle from t...
Standard Plus+
札幌日常日記
ロケンロールその他
North Blue☆
検索
カテゴリ
全体
R2
ツイン
NewBeetle
PASSAT
LUPO
VW
輸入車全般
軽自動車
ミニカー/チョロQ等
日本車(マツダ)
日本車(スバル)
日本車(ホンダ)
日本車(ニッサン)
日本車(トヨタ)
日本車(ミツビシ)
日本車(スズキ)
日本車(光岡)
日本車(ダイハツ)
その他クルマ関連
Camera
旅行/たべもの
我が街札幌の事
布袋寅泰
音楽の話題
キリ番の記録
その他戯言
GT4関連
未分類
以前の記事
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
記事ランキング