カテゴリ:日本車(スズキ)( 26 )
[そろそろ狙い頃]スズキ・スイフトスポーツ(初代)
a0009562_2245456.jpg
先日、スズキ・Keiの記事を投稿して"フ"と思い出したクルマ。先代のスイフトスポーツ。現行型のスイフトスポーツは何かと雑誌等誌面にも登場するし、実際に路上でもチラホラ見かけるヒットモデルであるのに対し、先代のスイフトスポーツは正直、あまり見たことがない気がする。まぁベースとなった先代スイフトの評価が芳しくない(価格面以外)のは事実である中で、それをスポーツモデル化したところで...と冷ややかな反響だった事を記憶している。一応、おさらしいしておくと2003年6月に初代スイフトスポーツは登場している。ジュニア世界ラリー選手権(JWRC)参戦車両のイメージを投影したスポーツモデル。なんと言っても、国内では唯一3ドアボディーを採用している。その他、専用のフロント&リヤバンパー、オーバーフェンダー、サイドスプラッシュガード、ルーフエンドスポイラーを採用。内装も贅沢にもレカロ社との共同開発による専用フロントシート、本革巻ステアリング&シフトノブ、カーボン調塗装を施したインパネセンター&メータークラスター、ギアシフトガーニッシュを採用や青色LED照明式メーターで雰囲気を盛り上げる。エンジンはエリオにも採用されたM15Aエンジンをベースにアルミ鍛造ピストンの採用や樹脂製インテークマニホールドの採用など、専用チューニングを施した。115ps/6400rpm 14.6kg・m/4100rpmを発揮する。パワーウェイトレシオは8kg/ps。スパルタンにもATの設定はなく、クロスレシオギヤ比を採用した5速MT車のみた。足回りは15mm車高を下げた専用チューニングサスペンションを採用。フロントサスペンションの取付部剛性を上げる、大径のパフォーマンスロッドを採用。4輪ディスクブレーキを採用し、185/55R15のタイヤを採用した。そして価格は119万円(税別)という安さ。なにせ、Keiワークス(FF/5MT)でさえ税別で言えば124.1万円(130.4万円税込)なのだ。両席エアバッグもABSも標準。カーオーディオがレス設定されるくらい。今なら、初期型でもまだ4年落ち。2回目の車検まであと1年も残っているクルマだ。03年式の安いモノでは60万円前後から見つかり、75万円前後が相場だろうか。ようやく、軽いノリ(?)で買える価格帯になってきたようだ。確かに野暮ったいスタイリングを含め、万人に好かれるようなクルマではないが、今この年式、この価格でこのクルマが買えるとなれば検討に値するのではないか。
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-04-17 22:04 | 日本車(スズキ)
[NYモーターシヨウ]スズキ・SX4セダン
a0009562_2161542.jpg
a0009562_2162140.jpg
スズキがNYモーターショウでSX4のセダンを発表しました。日本で売るのかどうかは未定。このクルマ不思議なスタイリングですね。パッと見で言えばカッコ悪い、いかにもハッチバックから派生したセダンって言う感じですが、じっくり見ていくとなんか後を引くというか....。後ろ姿なんかもありきたりというか、新鮮味はないのですが気になるなぁ...汗。まぁマイカーとして買おうとは思わないんですがね。資料によれば日本の工場で生産され、エンジンは2.0LのガソリンNA4気筒だとか。いつのまにか↓エリオのセダンもカタログ落ちしてますから案外、SX4セダン日本にも投入されるのか?売れないとは思うが。
a0009562_2162735.jpg
それにしてもエリオのスタイルは独特というか、寸詰まりというか、ブサイクというか....面白いクルマでしたね。日本ではどれくらい売れたのかな。初期型はデジタルメーターでしたよね。
[PR]
by newbeetle-cab | 2007-04-15 02:16 | 日本車(スズキ)
[憶えてますか]カルタス・クレセント ワゴン
a0009562_9351523.jpg
a0009562_9352346.jpg
先日、ふと道端に駐めてあったワゴンに目がいった。それは今日の主役、スズキ・カルタスクレセントワゴン。気がつけば、結構古いクルマになりましたね。カルタスの上級(?)版として「カルタス・クレセント」のセダンとハッチバックが発売されたのは1995年。ワゴンはその翌年に追加されている。正直言って、セダンとハッチバックは妙にコンサバなフロントマスクと奇妙なリヤスタイルのチグハグに耐えられなかった記憶がある。多分、セールスも僅かな台数だったのではないか。ステーションワゴンは当時ヒットしていたレガシィやカルディナなんかの後を追って登場したのだろう。三菱のレグナムなんかは同期のハズ。当時から私はこの「カルタス・クレセントワゴン」が結構好きだった。どことなく、ヨーロピアンな空気を漂わせる端正なスタイルと内容の割に低価格なプライス。まだ免許をとって1~2年の私にとっては新車で手の届きそうなステーションワゴンとして結構現実的に気になるクルマであった。久しぶりにカタログコレクションの中から「カルタス・クレセントワゴン」を探してみたら、前後期あわせて5冊くらい発掘された。(後期はフロントマスクがバタ臭くなって、クレセントというサブネームも無くなった)それだけ気になっていたと言うことの証なのだろう。街中でも当時のスズキ車(軽ではない普通車)としては地味にヒットしたように記憶している。(長続きはしなかったようだが...)売れ筋だった1.5Lの「T」は5MT 123万円/4AT 132.8万円と言う商用バンも真っ青な価格で売り出されたのだから。(ちなみに、両席エアバッグとABSはメーカーOPで+10万円)エンジンはG15A型で4気筒SOHC16V 97ps/6000rpm 12.8kg-m/3200rpm。車重はMT1000kg/AT1030kgと結構軽量だった。ここのところ、スイフトやSX4でヒットを飛ばしているスズキだが、こんな以前にも片鱗は有ったと言うことで。と言うことは、スイフトにステーションワゴンが追加されてもおかしくないということか...。それも興味有るな。頑張れスズキ。
[PR]
by newbeetle-cab | 2006-09-08 23:35 | 日本車(スズキ)
[最近気になるクルマ]スズキ・SX4 走る姿に惚れた
a0009562_2234245.jpg
ここの所、マイブームとでも言うべき状態でスズキのSX4が気になっている。正直言って、デビューしてすぐの頃は確かに"好きなクルマ"ではあったが、ここまで気になっるクルマではなかった。むしろ、ベースとなっているスイフトの方がやっぱり潔くて良いなと思っていたのだ。しかし、原因はハッキリしている。先日、東北5県を旅していたとき福島県裏磐梯付近で我がパサートの前を納車されたばかりで初ドライブとお見受けしたスズキ・SX4が走っていたのだ。グレードは2.0S。写真は1.5XGで多少SUVテイストに飾られているが、2.0Sはエアロパーツをまとうグレードだ。丁度晴れ間ものぞき始めた裏磐梯のワインディングロードを颯爽と駆け抜けていくスズキ・SX4。さわやかなイメージのオーシャンライトブルーのボディ色もマッチしていた。正直、フロントの三角窓はいくらジウジアーロ先生の作品といえども違和感があるが、それを除けばかなり完成度は高い。(最近はその三角窓すら目に馴染んできたかも...笑)走っている姿に惚れる日本車なんて滅多にあるものではない。最近のスズキは良い仕事をしています。VWでもリリースされたばかりのクロスポロが非常に気になっている。きっとSX4との相乗効果だろうか。今まではあまり興味を示してこなかった分野でもあり、お勉強の余地も沢山ありそうです。まずは近いうちにクロスポロも含めて試乗してきたいと思ってます。皆さん、SX4いかがですかね。内装がスイフトと大差無いことと今どき4AT....で多少萎えますが、その分価格も安いし...。驚いたのはこのクルマのAWDシステムは直結(ロックモード)があるんだね。さすがスズキ。古くは日産パルサーセリエS-RVだとか、トヨタ・ヴォルツ、三菱ギャランスポーツだとか色々トライはあったんだよね。まぁどれも失敗に終わってるけど。SX4(とクロスポロ)はヒットするか?
↓こちらはスズキがOEM供給しているフィアット・セディチ。
a0009562_22223722.jpg
[PR]
by newbeetle-cab | 2006-09-05 21:59 | 日本車(スズキ)
[ニューモデル]スズキ・SX4 クロスオーバー
a0009562_13195030.jpg
a0009562_1318464.jpg
a0009562_13185477.jpg
a0009562_1319192.jpg
スズキは乗用車とSUVを融合させた新しいジャンルのコンパクトカー「SX4」を発売する。「SX4」は、コンパクトカー市場に革命を起こすことを目的とした「クロスオーバー レボリューション」をコンセプトに、スズキが得意とする“スポーツコンパクトの走り”と“SUVの機動性”を融合させた、新しいジャンルの「スポーツクロスオーバーハッチバック」として開発。スイフト、エスクードに続く新たな世界戦略車として3月より欧州で発売している。いよいよ、日本にも投入と言うことか。私には先代「スイフト」の流れを汲むのはむしろ今回の「SX4」ではないかと思う。もともと、SUVテイストを売りに登場した軽自動車"Kei"の流れを汲む先代スイフトは車高の高さからくる見晴らしの良さを売りにしていたはず。それはスタイリングからも感じられた。一転して新型スイフトは欧州コンパクトに真っ向からぶつかる正統派に生まれ変わり、周囲を驚かせたことは記憶に新しい。国内では「エリオ」の後継でもある。(SX4の登場でHBが整理され、セダンだけが残された。)スイフトでホームランを放ったスズキの次の一手「SX4」はいかに....。
個人的には「SX4」なかなか気に入っている。もちろん、スイフトの方が好みであることには違いないが、「SX4」は世界的に見ても上手いことライバル不在のポジションを確保しそうだ。たぶん、日本国内では(エスクードもそうだろうが)目立ったセールス実績を残せないかもしれないが、なかなか骨太なクルマと見た。是非試乗してみたい。「SX4」を買うなら1.5Lの「XG」で決まりだろう。2WDの4ATで164.8万円とスズキのクルマとしてみれば安くはないが、 運転席・助手席SRSエアバッグに加え、SRSカーテンエアバッグも装備。このクラスにしては珍しくディスチャージヘッドランプも標準。オートライトシステム、イモビライザー+セキュリティアラームシステムなどくだらない快適装備ではなく、本当に有益な装備をビシッと揃えていることに好感している。他社もこの姿勢は見習うべきだ。ここまで装備されて164.8万円なら安いと言わざるを得ない。実はこのSX4は結構大柄だ。全長4,135mm全幅1,755mm全高1,605mmと全長こそコンパクトなものの、全幅は5ナンバー枠をいとも簡単に突破している。この辺りからも主戦場が日本ではないことが判る。チト大げさなクオーターウィンドウは好みが別れそうだが、明るいコックピットになりそうだ。インテリアはスイフト、エスクードに続く新世代のスズキテイストだが代わり映えがなさ過ぎるか。あまりスイフトの成功体験に縛られてしまってもいけない。日本では「SX4」を指名買いしたくなる"なにかもうひと味"欲しいところではあるが、1.5~2.0Lクラスのハッチバックが停滞している日本においては貴重な存在。案外ゴルフプラスの対抗馬になるのかも。成功を期待する。
[PR]
by newbeetle-cab | 2006-07-09 13:19 | 日本車(スズキ)
[渋い....渋すぎます]スズキ・エスクードに3ドア追加
a0009562_2214891.jpg
スズキはエスクードに新たに3ドアボディの「1.6XC」を追加する。現行型エスクードは当初5ドアのみでラインナップがスタートしていたが、私もエスクード=3ドアというイメージが強かっただけにこれでホッと一安心。しかし、これがまた渋い仕様なんですよ。驚きました。スズキは「アウトドアレジャーを志向するユーザー向け」と鼻っから万人向けとは思っていないようだ。なにせ、ガソリン1.6Lの5速マニュアルしか設定されていないのだからすごい。スパルタンなグレードです。でもなんか興味がありますね。テンロクでエンジン縦置きFRベースの5MTですよ。一歩間違ったらヨダレの出る仕様なんですけどね。「1.6XC」専用デザインの16インチアルミホイールを採用。フォグランプやフルオートエアコンの他、電波式キーレスエントリーや運転席・助手席シートヒーター、電動格納式リモコンドアミラーも標準装備。ボディ色は専用色となる青(パールメタリックカシミールブルー)を含む、銀、白、灰の全4色を設定。気になるプライスは税込176.4万円。リーズナブルですね。オーディオを除けばほぼフル装備ですから文句はありません。トヨタのラッシュが1.5Lの「G」で5MT/4WDが186.90万円しますから、エスクードのお買い得度が光りますね。もちろん、リセールバリューは悪いでしょうね。3ドア+5MTなんて壊滅的な組み合わせです。でも、そんなことはお構いなしにガンガン走り込む人には面白いクルマでしょう。僕も試乗してみたいが、試乗車なんて入る訳無いよなぁ。でもここまで来たらフルオートエアコンなんていらないから150万円くらいでベーシックモデルが出てくれた方が喜ぶ人は多かったりして。降雪地に住む一人として、ゲタ代わりのヨンク。1台あれば冬は楽なんだろうな...ボソッ
[PR]
by newbeetle-cab | 2006-06-12 22:01 | 日本車(スズキ)
[特別仕様車]スイフト1.3XE Style / 1.3XG LimitedII
a0009562_21471838.jpg
a0009562_21472983.jpg
a0009562_21474199.jpg
a0009562_21474718.jpg
スズキは、スイフトの特別仕様車「1.3XE Style 」の仕様を変更するとともに、「1.3XG LimitedII」を設定し発売する。特別仕様車を途中で仕様変更するって珍しいですよね。スイフトを大切にして改良の手を緩めないスズキの良心と受け取るべきでしょう。 、1.3XE Styleは「1.3XE」をベースにベージュ色を基調とした内装や、キーレススタートシステムなどの快適装備を施した特別仕様車。今回の仕様変更ではベージュ色の専用シートに撥水加工を施すとともに、表皮になめらかで手触りのよいスエード調の素材を採用。その他、MD/CDプレーヤーをはじめ、内装各部にシルバー加飾を追加。フルオートエアコンの採用。電動格納式リモコンドアミラーを装備。バックドアに専用エンブレム[Style]を貼付。車体色は特別設定色のベージュ「クールベージュメタリック」をはじめ、赤「シュプリームレッドパール2」、白「パールホワイト」、銀「シルキーシルバーメタリック」、黒「ブルーイッシュブラックパール3」の全5色。価格は4ATのみの設定で、FFが122.8万円、4WDが140.7万円。1.3XG LimitedIIは、「1.3XG」をベースに専用色のブラック&グレーのシートを採用して内装をモノトーンで統一。オーディオスイッチ付本革巻ステアリングホイールを採用。携帯リモコンを身に付けているだけで施錠、エンジンの始動等が出来るキーレススタートシステムを採用。15インチのアルミホイールとマフラーカッターを装備。ハウジングの一部にスモーク塗装を施したマルチリフレクターハロゲンヘッドランプを採用。車体色は特別設定色の紺「キャッツアイブルーメタリック」の他、グレー「アズールグレーメタリック」、黒「ブルーイッシュブラックパール3」、銀「シルキーシルバーメタリック」、白「パールホワイト」の全5色となっている。価格は2WD/5MTが119.1万円、2WD/4ATが128.1万円。4WD/5MTが137万円で 4WD/4ATが145.9万円である。先日のアクセラに続き、私の好きなスイフトからも特別仕様車が出て嬉しい限りだが、スイフトもいつのまにかメジャーブランドの仲間入りを果たしましたね。現行型は街中でも結構見るようになりました。やはり、真面目に作った車が売れなければ報われませんね。少なくとも、出来の悪い(確信犯的に)パッソ/ブーンがバンバン売れてしまうのはおかしいし、メーカーも反省しない。日本人はもう少しクルマをよく見て買うべきだと常々思う。スイフトがスマッシュヒットを飛ばしたお陰で他メーカーにも飛び火してくれればよいが。
[PR]
by newbeetle-cab | 2006-06-08 21:47 | 日本車(スズキ)
[NYモーターシヨウ]スズキ・XL7(グランドエスクード?)
a0009562_23383788.jpg

a0009562_23383097.jpg
a0009562_23384492.jpg
スズキはニューヨークモーターショーで「XL7」を発表した。これまでの「グランドビターラ(日本ではグランドエスクード)」から、GMグループ共通のプラットホームを利用したミッドサイズSUVセグメントにに参入するモデルである。予想価格帯は2万3000~2万9000ドル台とリーズナブルなプライスゾーンだ。血縁的にはシボレーの「エキノックス」と兄弟という事になるのだろうが、スズキはこのモデルをグランドエスクードの後継らしく、3列シートを採用した。そのため、リアフレームの延長など大掛かりな改修工事を実施した。私は地味ながらも先代(初代も..)エスクードって結構好きだったんですよね。現行型はコストパフォーマンスは凄いと思いますが、どうもスタイリングが好きになれないというか、つまらない。その点、XL7は色々制約はあったと思われる中では健闘したのかな。日本でもギリギリ200万円台位で発売したらソコソコ売れるかも。
[PR]
by newbeetle-cab | 2006-04-21 23:38 | 日本車(スズキ)
[待望の追加モデル]スズキ・スイフト スポーツ
a0009562_7341277.jpg
a0009562_7342059.jpg
a0009562_7342669.jpg
スズキは、小型車「スイフト」のスポーツモデル「スイフト スポーツ」を新たに設定し、AT車については9月15日、MT車については10月28日より発売する。「スイフト スポーツ」は、昨年11月に発売しているスイフトをベースにしたモデル。外観の特長として、専用設計の前部、後部バンパーを採用。また、車体側面下部のサイドアンダースポイラー、車両後部にルーフエンドスポイラーを採用した。ヘッドランプ内の一部を濃い灰色に着色した。ドアミラーを小型化することで、空気抵抗や風騒音の低減に配慮した。専用デザインの16インチアルミホイールを採用した。マフラーはデュアルエキゾーストタイプとした。エンジンは高強度の鍛造ピストンの採用や、アルミ製インテークマニホールドの採用など、専用チューニングを施した1.6Lエンジンを搭載。ピストンの裏側にオイルを吹き付けることで、ピストンの表面温度を下げる効果のあるピストンクーリングジェットを採用。水冷式のオイルクーラーを装備し、高出力化に対する油温の上昇を抑えた。加速性能を重視し、専用にチューニングした5速MT車、4速AT車を設定。フッ素樹脂加工したシフトケーブルを採用することで、操作感の良いギヤチェンジを可能にした。(5MT車)クラッチには、直径200mmの大径のクラッチディスクを採用し、出力の向上に対応した。等など、見た目以上に内部には手が入っている。気になる価格は2WD/5MTが156.4万円で2WD/4ATが161.7万円。メーカーセットオプションとして15.7万円高で12月12日より発売予定がある。内容としてはディスチャージヘッドランプ、レカロシート[フロント]、フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ。これは魅力的なパックですね。価格以上の内容はありそうです。ちなみに、先代のスイフトスポーツは全長3620mm×全幅1650mm×全高1525mmで 930kg。1.5L NAで115ps/6400rpm 14.6kg・m/4100rpmを発揮。 価格は125.0万円だった。ベースモデルが79.8万円の先代スイフトだっただけに、若干消化不良の感はあったが、価格を考えたらなんて素晴らしい入門マシンだったのかと改めて見直してしまう。対して現行型は全長3765mm×全幅1690mm×全高1510mmと一回りサイズアップ。重量も1,060kgと+130kg増えている。エンジンは1.6L NAの125PS/6800rpm 15.1kg.m/4,800rpmと10ps/0.5kg-mのパワーアップ。ウエイトレシオは8から8.5へと若干低下しているものの、8kg/ps台に乗っている。もちろん、エンジンスペックだけで語るつもりは無い。ベースの現行型スイフトがあれだけの走りを披露するのだから、スイフトスポーツには私も相当期待をしている一人。機会があれば乗りたい。気になるのは先代のスイフトスポーツもそうだったが、チト玩具臭いエクステリアか。できればノーマルのスイフトと同じ外観の仕様が欲しい。(今のところ、私はスイフトを買うなら1.3Lで5MTのXG 108.7万円でキマリだが。)こういう真剣なスポーツモデルを提供してくれるメーカーが少なくなりつつある昨今。運転が上手くなりたい人や運転を楽しみたい人には今のうちに乗って欲しい1台である事は間違い無い。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-09-07 21:10 | 日本車(スズキ)
[試乗インプレッション]スズキ スイフト 1.5XS 4AT/4WD
a0009562_20145241.jpg
スズキのスイフト....ようやく試乗が叶いました。冬季間はスタッドレスタイヤなので試乗は控えていたが、春以降何回かトライするものの、試乗車が出払っていたりで乗れずジマイ。2004年11月に発売だったから半年以上過ぎた訳だ。セールスも順調と見えて街中でも結構スイフトを見るようになった。(「わ」ナンバーのレンタカーも多いが...)今回市場出来たのは1.5LのXSで4AT/4WDである。希望としては1.3Lだったのだが、贅沢は言えない。価格は154.3万円(税込)のモデルだ。1.3LのXG 4AT/4WDだと135.4万円だから約20万円の違い。エンジンの差異の他に、フォグランプ、MDプレーヤー、アルミホイールなどが追加される。1.5Lは110ps/ 6000rpm・14.6kg・m/4000rpm(10kg/ps)を発揮する。1.3Lは91ps/6000rpm・12.0kg・m/ 4000rpm(12kg/ps)となる。ボディサイズは3695×1690×1535mm。試乗したモデルのボディカラーはガーネットオレンジメタリック。a0009562_20543985.jpg早速乗りこんでみると、インテリアの質感の高さに改めて感心する。(メーターパネルの文字フォントが何故か子供っぽいが....)シートもサイズがタップリとしていて欧州車的な座り心地だ。少なくとも、会社の営業車で使っているトヨタ・イストの悲しくなるような安っぽい(特に素材。)インテリアなど比べる価値も無い。ススギの本気度合いが走り出す前からも伝わってくる。アイドリングは静か。走り出して思わずニヤリとしてしまう。ATのシフトアップも滑らかだし、エンジンも低回転からトルクが出ている。やはり、1100kgという4WDとしては軽量な車重も効いているのだろう。ボディ剛性も高い。マンホールや段差を超えた際のいなしも見事と言うしか無い。最新のVWポロやゴルフに肩を並べたとまでは言えないが、同じ次元で語れるレベルにあるのではないか。価格差を考えれば絶賛に値する。タイヤサイズも185/60R15とこのクラスにしては奢られている。a0009562_2113883.jpg足回りのマナーも文句なし。堅めの部類では有るが、ガチガチにロールを拒絶するタイプではなく、しなやかに吸収するタイプ。このクラス、この価格でこれだけの走り味を実現しているとは想像の域を超えていた。ステアリングもしっとりとした手応えがあり、電動パワステである事はカタログを見るまで判らなかった。そろそろ「電動だから...」と毛嫌いする時代は終わったのかもしれない。(昨年乗った日産ティーダはこの電動パワステの違和感が最大のマイナスポイントだったと記憶している。)あとは1.3Lに乗り換えた時にどの程度走りが変化するのかが残されてはいるが、大満足の試乗となった。(試乗後、思わず商談に入りそうになったのは御愛嬌と言う事で。)私は4WDを必要としない(4WDには贅沢にもシートヒーターが両前席に装備される)ので、1.3LのXG FF/4ATを選択するだろう。(5MTもあって悩ましいのだが.....)価格は僅か...117.6万円(税込)。この価格に対して、この内容ならば何も文句は言うまい。コンパクトカーとして小手先の装備やデザインで媚びない正統派の志。こんなクルマをリリースしてくれたスズキに賞賛を贈りたい。日産ティーダを抜いて「コンパクトカーMyランキング」1位決定です。
[PR]
by newbeetle-cab | 2005-07-09 20:15 | 日本車(スズキ)



クルマとカメラが好きなヤツのプログ。旧(VW Car Life from north country 彩の国支店)
by newbeetle-cab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Link
ご来訪1,950,000人突破!!!有り難う御座いました。
m(_ _)m

◎移転先はこちらです◎
みんカラ

このブログは2008.07.17をもって閉鎖させていただきました。
フォロー中のブログ
今夜もeat it
奥神楽坂日誌
いつまで続くか?ナナ日記。
ガレージ197X
それいけ!めんたいこちゃ...
さつえいだ!チャーリー!
angle from t...
Standard Plus+
札幌日常日記
ロケンロールその他
North Blue☆
検索
カテゴリ
全体
R2
ツイン
NewBeetle
PASSAT
LUPO
VW
輸入車全般
軽自動車
ミニカー/チョロQ等
日本車(マツダ)
日本車(スバル)
日本車(ホンダ)
日本車(ニッサン)
日本車(トヨタ)
日本車(ミツビシ)
日本車(スズキ)
日本車(光岡)
日本車(ダイハツ)
その他クルマ関連
Camera
旅行/たべもの
我が街札幌の事
布袋寅泰
音楽の話題
キリ番の記録
その他戯言
GT4関連
未分類
以前の記事
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
その他のジャンル
記事ランキング